外画吹替レギュラーのお仕事!姿勢のズレが気になる

今日も外画レギュラーです。

今日も課題は姿勢です、が
少しだけ変化がありました。

その日によってしっくりくる姿勢、立ち方が違ってくるように少し前に感じました。
そこから毎回その日の調子を細かくチェックするようになっています。

今回、前日の夜の稽古で姿勢が凄く身体に馴染んだ感覚がありました。

いつも自分は身体の形を気にしていて、
しっくりくる形にハマるように
そこからずれないように神経を使っていました。

しかしこの時は、
自分の芝居の感覚で姿勢ができたように感じました。
その時の意識、感覚から結果的にそういう立ち方になってそれがしっくり来たと。
これは良かったのではないかと思います。

いつ姿勢をやっていてもいつズレるかわからないとても不安定な感覚がついて周り、
どうしても維持するために力みが入りそれを抜こうとするの繰り返しでした。

しかし自分のその時の意識から姿勢ができると、
何というか意識で姿勢の輪郭を支えているような感じでした。
固くなく伸び縮みするゴムで姿勢を覆っているというのが一番近いでしょうか。

芝居の流れで動いてもゴムのように伸縮するので無理に
固めなくても良い位置に帰ってくる気がします。
これで明日は行こうと思いました。

だいたい前日良い感覚であっても
翌日同じ事ができずに苦戦するんですが今日は違いました。
意外にも意識のゴムで覆われた感覚がありました。
良いスタートでした。

が、中盤から何かがずれた。

意識のゴムがなくなりまた姿勢維持のために力み出しました。
ここで無理をしても力みが増えるばかりだったので、
とりあえずゴムの感覚は忘れてまた新しくしっくりくる姿勢を探りました。

なんとか割と良い所まで持っていけましたが、
あの感覚を無理せず最後まで使えるようにしたい所です。

某WEBCMナレーションのお仕事に行ってきました!要望との差を埋める

本日、某WEBCMナレーションのお仕事に行って参りました!

原稿を頂いた際は、ポップな印象を受けたので明るく読むのだろうなと思い、
今APHで稽古している高音を活かそうと思いました。

ただ、気になったのが、
とても弾けた内容なのに語尾に「!」が使われていないことです・・。

もしかしたら、意図的に「!」を使わず、弾けすぎないものを求めているのか?

そんなことを考えて、本番を迎えました。

案の定、現場では、「落ち着いた感じでお願いします」という指示を頂きました。

そこで、今教わっている高音に倍音をプラスするような感じで、
仕上げていくことにしました。

でも正直、映像は今流行りのアニメが流れるし、
そこに合わせるナレーション内容も弾けているので、
どうしても、抑揚をつけて膨らませたくなってしまいました。

自分のやりたいことと、求められていることの間の溝が大きく、
すり合わせるのが大変です。

映像との差異が出てないだろうか・・等、やりながらとても不安を感じていましたが、
ズームで参加されていたクライアントさんから
「ありがとうございます。OK!です」と言われ、一先ず安心しました。

後から考えると、今回の内容はターゲットが女性なので
あまり弾けすぎないようにしたかったのかなぁと思います。

自分が原稿を読んだ時に感じる印象と求められるものの間には、
常に差があると思うので、できる限り要望に応えられるプロでありたいと思いました!

オンエアされたら改めてチェックしてみます。

外画吹替レギュラーのお仕事!身体を固めないようにする

今日も外画レギュラーです。

前回、立ち方で膝・足首の力の抜き具合が少し変わってきました。

以前よりもっと力を抜いてしゃがみ込みそうになった所から、
ようやく地面にしっかり立っている感覚が出てきました。
そこから体勢を立て直しバランスを取ります。

そこでも力んで固めないよう気を付けます。
この状態、とても便りなく感じてまだ慣れません。
しかしこの方が、胸から下の力みが抜けるような気がするのです。
そう、気がするんです。

セリフを言う時もとにかく身体を固めない。
力みを可能な限り取りたいのです。
そうすれば自分の音の深みが増して、
無駄な疲れもなくなる、はず。

そして納期が厳しくなってきたのか、
吹き替える映像が先週から編集段階の物になってきました。
強力は一応完成版でしたが、
この映像は今朝届いたそうです。
映像チェック・翻訳・吹き替えを同時にやっている状況でした。

セリフの尺どころか内容ごと変わっていて、
現場で全く新しいセリフを新しい尺に合わせなくてはいけませんでした。
さすがにビックリします。

配信が主流になってから収録のスピードがどんどん速くなり納期も厳しくなっています。
これも新しい時代の流れなのだと強く感じました。

これに柔軟に対応するためにも、
立ち方をもっと深めていきたいと思います。

韓国ドラマ番組予告ナレーションのお仕事!

某TV番組のナレーション収録に行って参りました。

今回は、韓国ドラマの放送開始に伴った、特番ナレーションです。

およそ1時間枠で、そのドラマを紹介していくのですが、
見どころを語ったり、キャストインタビューを紹介したり、
かなりボリュームある内容です。

これまで、DVDで紹介するような番組予告ナレーションはさせて頂いていたのですが、
番組ナレーションは初めてです。

ずっとやりたかったお仕事だったので、今回決まった時はとても嬉しく思いました。

台本を頂いた時、
「◎月◎日から放送開始!」や「お見逃しなく!」など、TVでよく聞く文言ばかり出てくるので、
「よくある言い方」をマネして、稽古をしていました。

収録日当日、現場でDから言われたのは、「淡々と」お願いします・・でした。

ポップに弾ける感じでやりたいと思いつつ、
現場では要求に答えるのが仕事なので、テストで淡々と語っていきました。

そのまま、本番収録していきましたが、
途中でクライアントさんから「やっぱり最初の部分は、もっと盛り上げてほしい」
と要求があり、方向転換していきました。

すごくやりやすくなったはずなのに、
やりながら「盛り上げ方のバリエーションが少ないこと」に気づきました。

さらに、ゆっくりたっぷり聞かせればいい文言が早口になってしまったりして、
余裕がない自分がいました。

しかし、もうやるしかないので今できる精一杯で、
形容詞を膨らませて元気にポップに仕上げていきました。

最後はOKも頂き、完成はしたものの、
私としては「もっとできたな・・」と悔しい気持ちが残りました。

「こう言いたい!」「こうしたら面白い!」だったりを膨らませて、
もっと楽しんで取り組みたかった・・。

現場後の個人レッスンで、私のバリエーションの少なさは、
★★がわかっていないことが原因の一つであることがわかりました。

「ニュアンス、タッチ」はこだわるべきポイントですが、
まず、番宣の基本姿勢を捉えることが私に必要でした。

これからメジャーでどんどん仕事をするために、代表から教えて頂いた部分を意識して、
次の機会までに稽古して準備していきたいと思います!

長尺のボイスオーバーとナレーション!淡々とすることの大切さ

リピートでお仕事をいただいているクライアントから、
今回はボイスオーバーとナレーションの案件をいただきました。

内容は、各国がどのようなコロナ対策を行っているかについて。
全部で20本という、かなりの大型案件です。そのうち、私の担当は6本になりました。

この本数だけでもボリュームがあるものなのですが、1本につき40分近い尺があります。
メインキャラになると、30分以上1人で喋る動画なので、とてもタフなお仕事でした。

さらに、キャラによってはとても早口だったり、日本では馴染みの薄い、
長いカタカナの単語が盛り沢山だったり。
しかも、クライアントの都合で2週間で全てを録り終える必要があるため、
スケジュールもものすごくタイト。
動画1本1本の下読みや稽古に、いつも通りには時間を割くことができない中で、
収録日当日を迎えました。

当日は、クライアント立ち合いの中で、1ブロックごとにテスト→本番という流れ。
尺の都合や内容を分かりやすくするため、収録しながら、台詞もその場でどんどん変更になります。
変更後の台詞とタイムがどう合うかリハーサルは出来ないため、
変更前の自分の語りを思い出しながら、出たとこ勝負で画にはめていきました。
「確かここでブレスが入るはずだから、ここで区切れば画の尺に合うはず!」と、
脳みそフル回転です…!!

大半はピタッとおさめられましたが、たとえ詰まったところや噛んだところがあっても、
絶対に引きずらない。
即座に気持ちを切り替えて、そこにいて目の前の台詞に集中しました。
さらにボイスオーバーの時は、教えていただいたキャラクターを意識しつつ、
とにかく淡々と進めていきました。

数は多くありませんが、これまでさせていただいたお仕事の中で、
TOP3ぐらいの難易度のお仕事だったと思います。
それでも、難しい局面になった時に、普段からAPHで学んでいることがあるからこそ
こうしよう!と瞬時に判断できたんだろうと感じました。
本当に有難いことです!

今回のお仕事を通じて、淡々と私は私のやるべきことをやることの大切さを学びました!
もっと本番に強く、そしてクオリティの高いものを現場に置いてこれるように精進したいと思います。

外画吹替のお仕事!最近は当日で台本修正が多くなりました

今日も外画レギュラーです。

毎年恒例、吹き替える大元の映像が日本側に届くのが遅れ始めました。
スケジュールが厳しくなってきそうです。

幸い台本は早めに上がってくれているので、
まだまだ時間に余裕があります。
翻訳者さんがかなり頑張って下さってるようで有難い限りです。

しかし収録前日に直された映像が届いたので、
当日かなりの台本修正が入り、セリフのタイミングや長さも変わりました。
家で準備してきて現場で急にタイミングが変わってるとやはりビックリします。

ネット配信が主流になってからこういう状態がとても多くなってきました。
現場での柔軟な変化、対応力の高さも要求される時代だと強く感じます。

今日の立ち方は特に膝の力の、ある抜き方が気になりました。

普段の自分は足首が固いのか地面を蹴っているような感覚があります。
ポンポンと地面を蹴るのが気持ち良くてやっているうちに癖になったのではないかと思います。

今日は自分としてはかなり膝を緩めて、
深く腰を落としたように感じました。
しかしそこまで下げると地面に降りた体重が跳ね返ってきて、
しっかりと地面に立っている感じがしました。
今日の感じと比べると前回までは少し浮いているような感じだったのかもしれません。

しかし慣れない。

腰回りの感覚は不安定な気がしてどうにも頼りない。
でも音は、ポジションが楽に下に降りていて
非常に楽に出せている感覚があります。

良かった、と思います。
たぶん。
またオンエアを確認してみたいと思います。

初のヒロイン役!やりがい満載のお仕事

今回は吹替のお仕事に行ってきました!
何と言っても、今回は私にとって初めてのヒロイン役。
ものすごく大役です…!!

内容は80分強の恋愛映画。私が大好きなジャンルです!!
密かにずっとヒロイン役をしたいと思っていたので、決まった時は本当に嬉しかったですし、
有難いという気持ちでいっぱいでした。

ただ、ずっとやりたいという気持ちは持っていたとしても、私にとっては未知の領域。
どういうポイントに気を付ければ良いかを、
個人レッスンでみっちりと教えていただき、現場に臨みました。

当日は、主役の男の子と私の2人だけだったのですが、
広いスタジオで複数人で収録できるのが、本当に久しぶりです!
8時間以上にわたる収録を、本当に楽しく燃えて出来ました。

その場で台詞が多々変わったり、ニュアンス違いを複数求められたりと
かなり対応力が求められる現場でしたが、
そこはAPHで鍛えていただいている対応力で乗り切ってきました!

ナレーションやボイスオーバー違い、ずっとマイク前に立ってのお芝居だったので
終わった後の充実感と疲労感が、ものすごかったです。
もっと喋っていたい!お芝居したい!と心から思えた現場でした。

ただ、身体のいろんなところにギュッと力んで喋っていたことを、後から気づいたので
喋る時の姿勢はもちろんのこと、台本の持ち方なども正しく出来るようになりたいです。

今回のヒロイン役をさせていただいたことを通じて、自分の課題もたくさん見つかり
こんな風にやってみたいと思えた、本当にやりがいのあるお仕事だったと思います。
もっともっと稽古しスキルを上げていって、たくさん現場に呼んでいただきたいです!

海外アニメ吹替のお仕事!楽しいモンスター役

今日は久しぶりに海外アニメの吹き替えです。

今日は持ち役は一言。
兼役として主人公の脳内に現れるイメージ上のモンスターを演じました。

これがめちゃくちゃ楽しかった。

このモンスター、主人公が記憶した知識が形になったもので
なんかブヨブヨした芋虫に手足が生えたような外見です。
それが妙に愛嬌のあるデザインで見た目的に凄く好きになりました。

そしてセリフは主人公が記憶した一つの知識を
ずっと言葉として繰り返すだけです。
ほとんど犬の鳴き声みたいにワンワンと同じ文字だけを喋るのです。

今日の立ち方はマイクに向かって真っ直ぐです。
今回のキャラクターにはこれが一番しっくり来ました。
そして掠れ声で延々と同じセリフを喋りました。
主人公が記憶した一番古い知識が形になっていて
かなりシワシワのお爺ちゃんのようなモンスターだったので掠れ声はピッタリハマりました。

同じセリフで違う感情を表すのはやっていてとても楽しかった。
セリフが同じなので改めて内面の感情の重要さも感じました。

こういう特殊なキャラクターはアニメの醍醐味です。
もっといろいろなキャラクターを演じられるように、
一つ一つ大切にやっていこうと思います。

外画吹替レギュラーのお仕事!尺に合わせて変化したこと

今日もまた外画レギュラーです。

今日は自分の役が劇中でもう一役演じています。
今の自分にできる音の幅や芝居でなるべくハッキリと変化をつけようとやってみました。

今日の姿勢はスタンスはやや狭く、
少しだけ前重心が一番しっくり来ました。

そしてもう一役の方は感情の起伏がほぼなく、
丁寧で淡々とした口調でした。
姿勢はほぼ真っ直ぐに立って脚もあまり膝を緩めない感じが、
音も芝居もしっくり来ました。

中盤はこのもう一役の方がずっと喋っていたのですが、
途中で身体が固まってくる感じがしました。
今日のほぼ真っ直ぐな立ち方は芝居する感覚としては良かったのですが、
音を出すには少し硬いようでした。

少し足幅を調整してみました。
なんとも微妙です。
淡々と丁寧に喋っているとあまり動かないように真っ直ぐ立っている方が気分が乗るのです。
しかしだんだん身体が固まって硬くなってくる。

この調整があまり上手くいきませんでした。
ただ役の変化は出たのではないかと思います。
これはオンエアが気になる所です。

今シーズンの翻訳はセリフの尺に対して言葉数が合わない事が多くあります。
APHでセリフに繊細に変化をつける事を教わっていたので、
感情やリズムを変えてなんとか対応しています。

この尺と言葉数が合わない事で、
普段はあまりやらないリズムでセリフを言う部分が新鮮に感じました。
長くシリーズをやってきて自分のセリフの変化が少なくなってしまっていたように思います。

尺が合わないセリフを工夫する事が、
自分のセリフのパターンを変えるきっかけになったのは良かった。
これを普段から意識的に入れていくようにしたい所です。

某有名キャラクターの声のお仕事に行ってきました!

食品関連のCMのお仕事に行ってきました!

今回は声のお仕事です!

普段、私は、CM・ドラマ・映画など映像の
お仕事をさせていただいているのですが、
今回、初めて声のお仕事に行ってまいりました!

全体がアニメで構成されているCMで
キャラクターに声を吹き込みました。

声の現場に行くのも、今回が初めてでした。
実際のところ、かなり緊張しました。

私の台詞は一言だけでしたが、
事前に念入りに稽古をしておきました。

現場に入って、監督から台詞と演出について指示をいただき、
収録が始まりました。

まず、1回目のテイクです。

監督からは、方向性はそれでよいです、とのことでした。

その後、数テイクで細かい修正の指示をいただき、
対応していきました。

慣れないことばかりでしたが、
収録自体は順調に進み、無事終えることができました。

最後に、自分の声が吹き込まれたアニメの映像を観ましたが、
良い感じで声と映像が合っていて、ホッとしました!

私は、普段映像の仕事しかしておらず、
自分が声の仕事をすることは、正直想定していませんでした。

しかし、今回無事に声の仕事ができたのも
APHで長年、ボイスと演技の稽古を続けてきたからだと思いました!

今回、声の仕事を経験させていただき
仕事の流れを把握することができました。

今後も、ぜひ声の仕事に取り組んでいきたいです!