予想外?企業スチールのお仕事

仕事帰りにメールをチェックすると、
先日決まったスチールのお仕事の詳細が届いていて、中を確認したらビックリ!!

今回はなんと「ハンドモデル」のお仕事でした!!

メールを見た僕は思わず「えぇ!?」と声が漏らしてしまいました。

自分の手はお世辞にも綺麗とは言えません。
正直「一体何故自分が???」という不思議な気持ちでした。

しかし思い返してみると、追加資料の手の写真を撮る時に、ふと今ボディボイスで学んでいる
「●からの腕の繋ぎ」と「■」を意識して写真を撮ったのでした。

ボディボイスで地道に練り上げてきた「●の入った手」が、
結果として相手に良い印象として伝わり、
それが仕事に繋がったということがわかりビックリしました!!

ボディボイスってホントに凄い!!!!

頂いた高級ハンドクリームで徹底してお肌のケアをし、前日も睡眠をたっぷり取り(笑)
コンディションばっちりで門前仲町のスタジオへと向かいました!

中に入ると、壁一面真っ白な空間に、レフ版と椅子と今回使う小道具が置かれていました。

今回は、ある物を掴んだ手の写真なのですが、数枚撮っては、指をどの角度にするか、
どの位置で物を持つか、どこまでカメラに甲を向けるか等、
カメラマンと制作の人と話し合いながら撮影を重ねていきました。

僕は楽にそこにいながらも全神経を使って、カメラマンと制作の人と呼吸を合わせることで
「相手が何を意図しているか?」
を読み取ることにひたすら集中しました。

カメラマンと返しをみている時、手の向きや、指の位置、ライトの位置が少し変わるだけで、
こんなにも手の表情が豊かに変わる事に驚くと同時に
「自分が普段演じている時、指先まで自分のクリエイトが宿っているか?」
という鋭い刃が自分に向けられているような気がしました・・・。

楽しくありつつも
「もっともっと自分の表現の質をあげていかねば!」
と深く思いながら撮影をしていきました。

1時間程であっという間に撮影は終わりましたが、
役者として、とても勉強になった撮影でした!!!

スタッフ全員に挨拶をしてスタジオを出ると、外は春の予感を感じる暖かさ。

独特の現場の緊張をほぐす為、
青空を仰ぎ見ながら道を歩いていると、小さな神社が見えてきました。

それを見た時
「この土地の神様に、良い仕事ができた事と、ここに来たご縁に感謝を込めてご挨拶をしよう」
と思いました。
暖かな日差しを背に浴びながら、両手を合わせて拝むと、穏やかな心持ちになり、
なんだか魂が洗われた気がしました・・・。

帰りの電車の中、心地よい充実感に包まれながら
「こんな豊かな毎日になるよう、もっともっと精進し、また仕事しよう・・・。」
そう、しみじみと想うのでした。

再現ドラマ主演!起因に立って良い結果を出す事ができた!

地上波のTV番組内の再現ドラマで主演をやらせて頂きました。

今回、一つの作品にがっつりと関わらせて頂く中で、気づいた感覚がありました。

芝居のこと、衣装のこと、小道具のこと・・・その空間に入れるもの全てに対して
完全に自分が起因となってそこに関わっているということ、
それによって、周囲と良いコミュニケーションがとれるということ。

以前の私は、どこか遠慮がちで腰が引けていたところがあり
結果受け身になってしまっていた、責任が取れていなかったことに気づきました。

ディレクターの指示に対してして受け身になるのではなく
どうしたらより良くなるかということに関して意見を交えながら
一緒に創りあげていく、という感覚です。

とは言え、限られた時間の中での撮影です。

じっくりと議論する、とかそういうことではなくて、
回転力を上げて、サクサクとコミュニケーションを交わしながら
そこにいる人達(ディレクターや各部門のスタッフさん、共演者)
との方向がカチッと決まって、サッと撮る、みたいな感じです。

皆が一つになって温まった空気の中、
APHで学んでいる、台詞のあるポイントを入れながら
(これはまだまだ全然出来ないのですが)
まずはキチッ、キチッ、と芝居を置いてきました。

1~2箇所、芝居を分かり易く修正した以外は、ほぼ1テイクでOKを頂き、
それを重ねる中で信頼関係が出来ていくのを感じました。

お互いに信頼しているからこその、笑いの絶えない、楽しい現場でした。
感謝しています。

撮影終了後にディレクターの方から
「また是非お願いします」と言っていただけたのも
素直に嬉しかったです。

とは言え、自分にはまだまだ行きたい場所があります。

私でなければならない場所へ行けるように
一つ一つの現場を大切に、積み重ねていきたいと思います。

飲料CMのお仕事!立ち位置が変わると責任が変わる!

今回は某飲料のCMのお仕事でした。

通常、CMのオーディションでは画コンテがあることが多いのですが
コンテが無く設定のみを与えられて自由演技となると、
ともすると「素」のアドリブのような状態になってしまい、
芝居の熱になりきれない、ということがこれまでの反省でありました。

今回、オーディション会場でコンテが無いとわかった瞬間、
「まずい!これではいつものアドリブパターンになってしまう!!」と思いましたが、
APHで学んだある二つのポイントをやると決めて
オーディションに臨みました。

つまり、「その空間にどういるか」ということなのですが、・・・
その内容は秘密です(笑)。

そして、色々なことがピタっと行き、有難くお仕事を頂くことができました。
明確な戦略で臨んで答えを出すことができると、次に繋がりますよね!

撮影前日のリハーサル時のこと、
背後から「お久しぶりです!覚えていますか?」と声をかけられました。
振り返ると、そこにいらしたのは3年前のCMの現場でお世話になったE監督。

そうなんです!今回の現場でもそのE監督だったのです!
オーディションには監督はいらっしゃっていなかったので
この瞬間までそうだとは知りませんでした。

以前の現場で監督に覚えて頂いていたこと、
そして再び現場に呼んで頂けたことは
役者として大変ありがたいことです!

しかしながら、
撮影本番では、監督の意図を掴みきれずなかなか波長が合わなかったり
画角の中での自分の居方がなかなか掴めないという苦労がありました。
そして、何とかしようとすればするほど固くなってしまったり・・・
と、反省点が沢山。

そして、何故今回こうなってしまったんだろう・・・と考えた時
「自分の立ち位置が変わってきている」ことに気づきました。

これまで作品の雰囲気を創るための空間的な役回りや
ポイントではあるけれど全体から見るとほんの一部分といった役回りだったところから、
今回、作品の中心に寄ってきていたのです。

15秒、30秒というCM作品の中で、最初から最後まで画の中に居っぱなしで、
商品に触ったり、食したり、商品を持っている寄りのカットがあったり・・・

つまり「責任」の大きさが変わってきているのだと気付きました。

自分のやるべきこと、求められていることが明確になり
とても学ぶことの多い現場でした。

現場に呼んで頂いている以上、求められる以上のものを残したい!

いつでもそれが出来る役者でいられるように、
もっともっと実力をつけていきたいと思います。

海外ドラマレギュラーのシーズン4の収録を終えて…

海外ドラマレギュラーのシーズン4の収録が終わりました。

全13話、あっという間でした。

打ち上げも楽しく終わり、自分にしては珍しく少人数での二次会に参加しました。

そこで、先輩から
「今シーズンは積極的にチャレンジしていた、あれは良かった」
といってもらうことができました。

嬉しかった。

シーズンも4まで来ると、もうレギュラー陣は
セリフの尺や言い間違いくらいしか言われなくなります。

しかし、変化がなくなり固まってしまう恐れもあります。
自分は、もっと役の幅が広がらないかと細かいところから試していました。

当然、全て上手くいくわけもなく
「キャラが崩壊してるぞ」
とディレクターに言われた事もありました。

なにせ自分の役は、
無口でクールなイケメン
だからです。

感情が出すぎると、
「クールに」
と言われます。

これが難しかった。
では、どんな言い方なら、どこまでならキャラが崩れず感情が出せるか?
いろいろ試して、それをディレクターに抑えてもらっていました。

シーズンが終わるまで、不安でした。
こうやって試している事がマイナスになっていないか?
共演者のジャマになっていないか?

収録中はそういう話はほとんどできません。

今回、打ち上げの二次会に行った事で
少人数で話ができた事は本当に有り難かった。
自分のやっていた事は、少なくともマイナスではなかった。

この作品、シーズン5が決まり
年末にまた収録があります。

次はもっと豊かなキャラクターになるよう、
チャレンジしていきたいと思います。

現場で感じた「緊張感」の大切さ

ギリギリは面白い。

今日はボイスオーバーです。

内容は、世界のトップクラスのシェフを紹介するドキュメンタリー。
その人達の話は役者としてもとても面白いものです。

それに声を当てるのですが、
今回は主役の三兄弟シェフを演じる方々の芝居が面白かった。

メインの三男を演じる方は、ずっとギリギリなんです。
芝居の持っていき方、テンションをギリギリのところまで待っていき、
いつ破綻するか!?と見ているこちらがドキドキしました。

次男を演じる方は不器用な方で、
自分の芝居を全力で必死にやっているため余裕がない。
今回はこれが面白い方に作用していました。

そして長男を演じる方は、弟達をまとめるように安定感の中に
緊張感もある芝居をされていて弟達の支えになっていました。

面白かった。

三人が喋り出すと、ギリギリでバランスが取れているようで
いつ崩れるかわからない緊張感がある。

APHの講義で習った○○○現象が、現場で起こっていました。

特にメインの三男の方は、声を震わせ情熱的に演じていて
精神的にも体力的にも限界ギリギリまで使っているように見えました。

後で聞いたら、基本は舞台の方で
声優としての仕事は余りされていない方で慣れていなくて
死 ぬ ほ ど 緊張していたそうです。

芝居じゃなかった。
でもそれが、全てプラスに作用して面白かった。

自分は声優という、声の方向から芝居を始めました。
そのため吹き替えなどに慣れているため、ここまで緊張する事は稀です。

APHでは、いかに良い緊張感を創り出せるか?
という話をよくして頂いていました。

今回の自分の役は、食品業者と友達でした。
それぞれ一言ずつ。

…難しい…このセリフの中でどうするか?
リズムを崩さず、盛り上げる事はできたと思いますが、うーん。

今回の現場を見て、自分はまだ余計な緊張、余計な余裕を持っている
と感じることができました。

技術に集中して、狙った芝居に集中して、良い緊張感を
もっともっと高めていきたいと思いました。

物語の雰囲気を作ることを意識しています!!

去年から、立ち方のバランスを現場で気にしています。

それ以外にも、現場の空気、というか流れというか、
そういうもののバランスも気にするようになりました。

自分はまだ、その他大勢の役が多く、
やられ役(相手に負かされる役割の人物)も沢山あります。

こういった役を以前の自分は軽く見ていました。
しかしある現場で、
アナウンサー役を大ベテランがやっていたのを見て衝撃を受けました。

ニュースや実況、無線など、本筋とあまり関係ないところは
たいてい若手がやる事がほとんどです。

この時もそうだと思っていたのですが、
わざわざ大ベテランにそういった役が振られていました。

なぜ?と思いましたが、実際にやっているのを見て納得しました。

若手がやるとニュースの内容が軽く感じられ、印象に残りません。

しかし大ベテランがやると、とても重要なニュースに聞こえ、
物語の雰囲気が変わるのです。

特にこの時の作品は、
政治や戦争が題材だったのでこの「雰囲気」がとても需要だったのです。

完成したものを見た時、大事件が起こったように感じ
戦争が始まる予感を強く感じさせられました。

やられ役のその他大勢にも、この雰囲気を作る事ができる、
という事を知る事が出来ました。

今の自分は、アクションものでやられ役をやる時は
シーンを盛り上げるように激しく強くやられます。
うまくいくと、やられ役でシーンのリズムを立て直すこともできるのです。

今日の現場、前半はなにかリズムが悪かった。

主役の二人がやや調子が悪いように感じました。
それに影響されてか、脇役の若手もイマイチでした。

ここで、やられ役の見せ場が来ました。
主人公に次々と撃ち殺されます。
悪い流れを断ち切るように、激しく強くリズムに乗ってやられました。

手応えありです。

シーンを良いリズムで終われたと感じました。

小さな役でも必要だからそこにいるのだと
改めて感じた現場でした。

現場でうまくいく時・失敗する時の違いに気付きました!

バランスが…安定しない!!

昨年からずっとやっている現場での「立ち方」
これが安定しない。

昨年末に一度、凄く楽で安定した瞬間がありました。
今年に入って、それをもう一度再現しようとして力みが増えて
改めて「楽」という事の重要さを再認識したところです。

そして

「楽」を入れ調整してきた結果
だんだんと良くなってきました。

しかし問題が。

安定しない!!

なにが安定しないというと、
テストで『ここだ!!』という感覚でうまくいったのに
本番で『なんか違う』となったりと、
当たったり外したりを繰り返しているのです。

うまくいくと、声を出す時に口元で発音する衝撃が背中側に当たり
跳ね返るような感覚があります。

失敗すると、力んで押し出しています…

これが安定しない。
なぜなのか?

今日の現場が終わってから気付いたことがありました。

うまくいく時は『こう!』という感じ。

失敗する時は『こうしてこう!』という感じ。

些細な違いですが、失敗した時は工程が多いのです。
特に本番の時。

テストではある種、気楽にやっている部分があります。
しかし本番になると緊張感が増し、より細かい所を
気にするようになるようです。

そのため、テストでシンプルにやっていた事を
本番では工程を増やし複雑にしてしまっているのではないかと思います。

シンプルに

これができないのです。
悔しい。

次回は、もっとシンプルに。

感情をどう表現するか?もう一段上の表現を目指して

最近、自分は表現の幅を大きくしようとしてきました。

特にコメディ要素があると、
元の映像から膨らませ大きくするようにしてきました。

それもある程度うまくいっていましたが、
もう一段階上を目指すためにはこれだけではダメだとも感じていました。

業界で生き残ってきたベテランの芝居は、
大きく見えるけど映像と合っている。

自分との違いは何だろう?

今までは感情も表現も外へ外へ出す方向を模索してきました。
もともと内向きの独り言のようなところから
自分の芝居が始まっていたからです。

最近は「やりすぎ」と言われるくらいには外に出るようになりました。
なので一旦、外ばかりでなく
内に留める芝居をやろうと考えました。

自分の感覚として変わったのは、以前こういう芝居をしていた時よりも
手応えが増えた気がした事です。

表に出せる感情や表現が多くなったので、
内に留めるものも増えたのかな?と思います。

こうやって内向き、というか抑えた芝居をしていると
一言一言の言葉を発する時、とてもエネルギーが必要になります。

ただトーンを抑えただけでは、暗く弱くなるだけで内に何も溜まりません。

大きく強い感情、表現をグッと内に秘め、
一言一言に丁寧に優しく乗せていく。

難しい!!

難しいよ!!

方向は「こう」なんですが、気をぬくと滑っていってしまうし
溜めすぎるともったいぶってタイミングが遅れる。

まあ繊細な技術を求められます。

映像のリズムに乗り、相手役のリズムに乗り、
自分のリズムに乗り、丁寧に言葉を発する。

楽しかった。
が、足りん!!

はっきり感じました。
○○ですね。

稽古が必要です。

うまくいかなかったのは、○○を忘れたからでした…!

やっぱり力みだった…

去年末に一回だけあった全身の力のバランスが取れたような感覚。
今年になってまだ感じられていません。

いろいろ試して見ましたがどうもうまくいかない、悪くないけど何か違う!!

そこで、今日はもっと基本から確認して行きました。

まずは楽に立って…と思ったところでハッとしました。
楽に!!

バランスを取ることばかり考えて必死になり、またいろいろ力んでました。
力を抜いて立ったところ…去年の時と近い感じになりました。

我ながらビックリしました。
一番基本の「楽」が抜けていました。

ここからどう力まずにバランスを取るのか?
去年はそうやっていった結果、一回だけあったあの感覚になったのです。

しかし…すぐ忘れる。
情けない。
基本中の基本なのに。

楽を入れると、声が出しやすくなり、芝居の幅も広がる。
あーこの感じだ。
でも、下半身の安定感が足りてない。

一回できただけで、やはり「できている」わけじゃない。
この「できた」と「できている」の違いが大きい。

うーん悔しい。
しかし、まず楽に。
これを忘れていたことに気付けたのは大きなポイントでした。

次回から、まず楽に!!

現場でのチャレンジ。「立ち方」に取り組んでいます!!

あれ!? 前と感覚が違う!?

おかしい。

去年は、後半ずっと立ち方を現場で試してきました。
○○から上半身までの流れ。

いろいろ調整しつつ、年末に一度、
○○をうまく使う事ができた時がありました。

安定感が増して、
今まで体の各部分でバラバラに力を調整していたような感覚が
一つにまとまった気がしました。

そして今年。

あれ? なんか違う?
またなんか不安定な感じが…

あれは、一回できた、だけだったようです…

悔しい!!

あの時の感覚は自分で言うのも何ですが良かった。

○○を使う事で全身がつながる。
○○から何か力が伸びて行くような感じでした。

普段はほとんどが、膝あたりでバランスとってる感じが多いんです。

今年はあの感じで行くはずだったんですが、
甘かった。

しかし、方向性は間違っていないはず。

今年もやっぱり
「立ち方」からだと強く感じました。

あの感覚をいつも使えるように
現場でチャレンジしていきたいと思います。