地上波ドラマ、レギュラーのお仕事!

地上波のドラマの撮影に行ってきました。

ある漫画原作のドラマで、今回はその<シーズン2>。
前回の<シーズン1>から引き続きお声をかけていただきました。

私が頂いている役は、
<シーズン1>の時は十数話ある中の1話分の出演で「単発」的だったのですが、
今回は3話ほどの登場場面があり、作品の中でも「準メインキャスト」という位置づけ。
また、<シーズン2>の制作をするという事は、
その作品を楽しんで下さっているファンの方々が少なからずいらっしゃるという事。
自ずとその役や作品への責任が変わってきているのを感じながらの撮影でした。

撮影は数日に渡る地方ロケでした。

連続ドラマではよくあることですが、複数の監督が放送回ごとに担当して撮っていきます。
今回、私の出演回はそれぞれ別々の監督での撮影でした。
そして一日の中でも、放送回をまたいで色々なシーンを撮っていくので、
次々と監督が変わっていきます。
一つの同じ作品とはいえ、当然ながら監督によって多少の方向性の違いや
ディレクションのクセみたいなものが出てきます。
一発にピタッと上手く合えば良いのですが、必ずしもそうなるとは限りません。
今回も、ある一人の監督の時に、お互い頑張っているのだけど何だかかすれ違う、
みたいな感じでなかなかスムーズに進まないという事もありました。

その夜、ちょうどAPHのセッションがありました。
今APHは基本的にオンラインでのセッションを行っているため、
私も現場後に宿泊先のホテルからオンラインで参加することができました。
そこで、その日にあった撮影の様子を報告したところ、そこで監督に何が起こっているのか、
その時私はどうすべきなのか、という事を代表よりお話をいただきました。
それは「確かにそうだよな・・・!!!」という内容で、
そこには私が現場で遠慮してしまっているという
(一見謙虚だけど、実は「受け身」になってしまっている)クセがある事がわかりました。
それでは「責任をとっている」とは言えませんよね。

翌日は、前作でもお世話になってある程度気心の知れた別の監督での撮影でしたが、
コミュニケーションをとりながら起因でしっかりと芝居を置いていき、
無事スムーズに撮り終えることができました。

今APHで稽古をしている中で私がこの秋課題にしているポイントがあるのですが、
今回はそれをガッツリと意識して入れてきました。
当初は、今回の役の中でそのポイントをどうやって入れられるだろうかと思っていましたが、
実際にやってみると、そこから生まれる余白の部分に
今回作りたかった役の空気感みたいなものが宿ることを実感しました。
そして役が新鮮になるのを感じました。
前作と同じ役ではあるけれど、同じことをやってしまっては飽きられるし成長がありません。
この秋の挑戦を持ち込むことができて、本当に良かったです。

撮影終了後は、監督や制作陣に「引き続きよろしくお願いします。」
「次シーズンもよろしくお願いします。」と言っていただきました。
ありがたい事です。
作品が長く愛され、続いていくことを祈りつつ、
そのために、長く続けば続くほど、新鮮さを追求していく必要があるのを感じています。
私の大切なレギュラー作品となりそうです。

今回改めて思ったのですが、現
場の合間にもAPHに参加することができて、本当に良かったです。
現場では色々なことが起こりますが、APHに帰ってくることで軌道修正したり、
本質を確認したりすることが出来る・・・こんなにありがたいことはないなと思いました。

役者として、ますます鍛錬していきたいと思います。

ボイスオーバーのお仕事!一般人を吹替すると…

今日はボイスオーバーです。

かなり苦戦しました。

今までもボイスオーバーはやってきました。
普通の吹き替えに比べてセリフの尺も緩めで、
ディレクターさんによっては芝居も自由度が高い印象でした。

今回は全く違う方向でした。

ボイスオーバーは、芝居をしている役者に声を当てる吹き替えと違って
「一般人」
に声を当てます。

何かの専門家だったり通行人だったり、
その番組に関係する人にインタビューしたり作業の様子を撮影している所に当てるのです。

なので喋っている時に妙に間が空いたり、
言い直したり、話が変わったりと芝居のセリフでは基本的にないことがたくさん起こるのです。

正確に喋っている内容を日本語にするのではなく、
なので翻訳で大まかな内容をまとめたものを日本語で当てることがあるのです。

そうすると

喋ってる口元の動きと台本のセリフが合わないことがあるのです。

今回の現場では、間や口の動きは気にせず
とにかく日本語として矛盾や誤解のない区切り方で喋ることが要求されました。

結果的にこれには対応できました。
しかし、喋りが止まったりする「間」に引っ張られてぎこちなくなってしまいました。
クセになっていたのです。

セッションで体の使い方やセリフのクセは実感してきていましたが、
吹き替えの当て方のクセがあるのは全く意識していませんでした。

さらに、セリフのクセ自体も指摘されました。
「~と・が・に」
と言った助詞という所で、息を抜いて伸ばすクセです。

このクセ、吹き替えをする役者はかなり多くの人がやっています。
自然とそうなったり尺合わせでやったりけっこうあるんです。

これもクセになっていて言われるまでほとんど意識していませんでした。
海外ドラマの吹き替えでコレを指摘される事は基本ありません。
会話やシーンの雰囲気、芝居が合っていれば問題はないのです。

しかし今回は専門家が説明をする内容だったので、
ドラマよりナレーション寄りの内容だったのでしっかりと日本語として
説明をする事を求められたのです。

技術です。

今回指摘されたのは割とすぐに変えられる所だったので最終的に対応はできましが、
直すのに時間がかかってしまった。
大きな反省点でした。

改めて技術の大切さを感じさせられた現場でした。

一日3本の現場!ナレーションのお仕事!

秋ですね。

今日は、一日で3本ナレーションのお仕事をして参りました。

たまたま、重なってしまったとはいえ、3本というのは、初めてです。

まず一本目は、品川にある某電機メーカーに関連するナレーションです。

新しいオフィスの形を提案する動画で各セクションごとに紹介していくのですが、
それはVPというよりも、まるでTVの情報番組に近いものを求められました。

硬すぎず、でも、砕けすぎず、親しみをもって案内していくスタイルだったので、
ちょうど今やっている〇母音を意識して、明るく持っていくようにしました。

ディレクターもテストの段階から、「あ、その感じでお願いします」とのことで、
自分のリズムで入ることができました。

全体的に雰囲気良く仕上がったので、手ごたえもありました。

ただ途中、「〇〇とは、」を「〇〇とは?」のニュアンスでほしいと言われた時に、

「一発で決めよう」
みたいな余計な力が入ってしまって、逆に決まらないという・・・・。

こういう急な修正に、
面白がって何パターンか提案していくべきだったと、反省しています。

修正は入って当然なのに、それをなぜか受け身になって怖がってしまっていた私は、
間違った考えを持っていたのだと、代表と話しながら改めて思いました。

APH魂で、どういう状況にも面白がって対応していきたいと思います。

また、今、稽古でも口中を意識していますが、
私は後ろの方で、母音を丸めるクセがあります。

今回は、そのクセを上手く活かせる原稿だったので良かったのですが、
このクセをもっとコントロールして、いらない時は外せるようにするという課題も
見つかっています。

毎回現場で、技術を置けるようになってきたのと同時に、
自分の足りない部分も、浮彫になります。

好循環で回していけるように、直面して、どんどん実力をつけていこうと思います。

外画吹替のお仕事!芝居を変えるか、そのままか。

今日も外画です。

今日は医者の役。
瀕死の患者に淡々と処置をしていくシーンです。

今日は自分が選ばなかった選択肢を共演者の方々やった事で、
それが客観的にどう見えるかを知る事ができました。

医療ドラマでは緊急手術などで緊迫したシーンで、
焦りや動揺という感情を抑えつつ必死に冷静さを保つ芝居がよくあります。

ドラマチックに描く時は
感情を抑えている芝居をハッキリ見せていますが、
今回は本当に淡々と、事務的に見えるようなシーンでした。

手術を見守る患者の家族は、
泣き叫び、感情を罰発させていましたが、
医者はとにかく声量も動きも会話のトーンもずっと落ち着いたままでした。

医療ドラマ的にやるなら、
患者を抑えつつも揺らぐ部分を見せるのもアリなのですが、
どう見ても淡々とやるのが良いと考えました。

でも

ドラマチックにやってみたい。

医療ドラマ、好きなんですよ。
患者を全力で助けようとする医者の姿は本当にカッコいい。
ぜひやりたい。

でも今回の作品は違う。
現場では淡々と事務的に冷静にやりました。

しかし看護師役の方が自分がやらなかったドラマチックな芝居をやっていました。
気持ちはよくわかる。
自分もやりたかった。

でもディレクターからは
「もっと淡々と、冷静に普段の会話くらいのトーンでお願いします」
と言われました。

現場で自分でやっているとどうズレているのか、
客観的にわからない事がよくあります。

今回は他人がやっていたおかげでとてもよくわからりました。
合わない。
元の役者が表情も声量もトーンも変えず演じているのに吹き替えが煽ると
大きなズレを感じました。

やっぱり違った。
ハッキリわかる。
でもそうやりたい気持ちもわかる。

看護師役の方はほとんど新人でなかなか修正ができず苦戦していました。
なんとか修正できてOKが出て本当に良かった。
なんだか自分の事のようにドキドキしました。

吹き替えをやっていると、
「ココはこうだろう」
という元の映像と違う芝居が適切だと感じる事があります。
これは
・元の映像に合わせてその通りに日本語で演じる
・日本語ならではの芝居で元より面白い、良い芝居に変える
の二つの選択肢があると思います。

実際、元と全くの別物にして成功した例もあります。
でもコレ当然難しい。
だいたい元の通りに直されます。

仕事や出番が少ないとどこかでアピールしたくて変えたくなる気持ちが出てきます。
それを客観的に見られたのはもの凄く勉強になりました。

やるからにはクオリティが必要。
それを痛感した現場でした。

VPナレーションのお仕事!技術を置いていく

先日、赤坂のスタジオでテレワーク関連のVPナレーションを
2種類収録して参りました。

見た感じ、テンポの速いBGMに合わせて映像が
ポンポン切り替わるスタイリッシュな映像です。

ディレクターからは、最初「アナウンサーのような感じで、
落ち着いた感じで読んでください」と指示がありました。

テストで指示通りに落ち着いた感じで丁寧に語ったところ、
「次は、もう少しテンポを上げて、明るめで、元気よく前のめりな感じでお願いします」
と指示を受けました。

クライアントさんの意向で、後者で決まったのですが、
まさに、今稽古している●●が使えました。

口中を意識して、音の響きを明るく持ってくるのですが、
なかなか維持するのが大変です。

というのも自分の横隔膜辺りをこう、張り続けるので、
キープがきつく、いつの間にか楽なところに下がってしまうんですね。

映像に合わせてブロックごとに録音するのですが、
毎回音の出だしが、自分の中でなかなか定まらず、
前後がちゃんと繋がるかが心配でしたが、
通しで聞くと、違和感も特に感じることなく、
むしろメリハリがあり聞きやすくなっていたので、ほっとしました。

ただ、このキープの稽古は鍛錬が必要だと感じました。

と同時に、音のポジションをバリエーション豊かに作って
正確に響かせていく稽古が重要だと感じました。

なぜならここを掘り下げていけばディレクターに対して、
感覚だけでなく技術で修正していけます。

今回の現場は、実力が追い付かないながらも
技術で対応しようと向かって行けたと思います。

ブースから出た後も、とても雰囲気が良い感じが伝わりホッとしました。

セッションや個人レッスンで教わった部分を稽古し、
それを現場に持ち込み、一個技術を置いて来る。

それを意識して現場に臨むとことで明らかに、リピート率がアップしました。

お陰様で、早速、こちらの続編も決まり来月、ご指名で呼ばれています。

とても有難いです。

さらに技術を磨き上げていき、現場と稽古の良い循環が続くよう、
稽古して参ります。

外画吹替レギュラーのお仕事!自分の役同士で会話する

兼ね役で一言喋って退場したキャラが急に復活して
ペラペラ喋り出したと思ったら、
ラスボスの横で副官みたいな事を始めました。

このキャラとは別に本役がいたのですが、
そいつもメインキャラにくっついて喋ってました。

脇役をやっているとよくある
自分の役が各勢力に存在して下手すると会話する
という状況です。

冷や汗が出ます。

実は今までこういう状況になった事がありませんでした。
兼ねてる役がすぐにいなくなったりして、
基本的に一役しかいない状況ばかりだったのです。

本役と兼ね役が交互に出てきてけっこういっぱいいっぱいです。
自分のキャラクターは今の所バリエーションがありません。
違う役を演じても基本は一色しかありません。

しかし

急に目立ってきた兼ね役がちょっと偉そうな性格で、
今セッションでやっていた「高音で喋る嫌味な人」がなんとか使えました。

前回、急に喋り出した時は過酷な環境でサバイバルしてるシーンで
偉そうな感じはそこまでではなかったのですが、
敵組織の部隊長のような立ち位置だったらしく
指示を出したり敵に嫌味を言ったりと
ちょうどセッションでやってる事を使える部分が出てきました。

良かった。
本当に良かった。

本役は穏やかなおじさんを低めの音を使って演じていたので、
兼ね役を高音で嫌味に演じる事でなんとか演じ分ける事ができました。

本役の方で
「あれ?そんな低めの声だっけ?」
と言われてしまいましたが。

正直、以前よりもうちょっと音を低めにしました…
どちらの役も見た目的に年齢もだいたい近くてヒゲ面で体格良いおじさんなんです。
これを同時にやるのは難しかった。

しかしなんとかOKが出ました。
必死に演じ分けようとしてるのはバレバレだったと思います。

本当に日曜セッションで違うキャラを作り始めていて良かった。
海外ドラマでは何役も兼ねて自分の役同士で会話してるのを見た事ありますが、
改めて凄さを実感した現場でした。

新しいキャラ作り。吹替レギュラーのお仕事!

さて今日も外画です。

番組レギュラーで入っている現場で、
兼ね役で振られていて一言セリフを喋ったキャラクターが
急に一話丸ごとメインキャラと二人で会話し始めました。

脇役を複数やっているとたまにある事で、
場合によっては自分がやってる役同士で会話し出したりします。
自分はこの経験はありませんが、
共演者が見事に演じ分けていて驚いた事がありました。

今日のキャラクターは研究所の職員で一言喋ってすぐに事故に巻き込まれ、
その場限りの役だと思っていました。

初登場の時はほとんど画面に写ってない上に何の説明もなく、
どういう人物かは見た目以外の情報がありませんでした。

今回、急に喋り出して
その研究所のトップにとても信頼されている
そこそこの地位にある人だった事がわかりました。
初登場の時はそんなふうには全く見えなかった…
いっしょに事故に巻き込まれたメインキャラと、
敵対する立場を超えて力を持って合わせて
窮地を乗り切るという内容でした。

敵対した状況から協力する内に少しずつ理解し合う。
これなら日曜セッションでやっている
高音で喋る嫌味なキャラが使えると思いました。

特に初めのお互いの主張がぶつかり言い合いになるシーン。
テストでやってみた所、そのまま本番でOKが出ました。

初登場の時は性格などが全くわからなかったので、
実質ここで初めて人となりがわかるシーンです。
嫌味な所は相手の主張を冷たく否定するセリフに上手く合っていたと感じました。

しかしこの役もともと研究熱心で誠実な人だったようで、
話が進み協力し合うようになり、
お互いに友好的に話しをするようになると、
とても穏やかで優しなベルようになるのです。

ここで初めの自分の芝居と違和感が出るのか、
テストでディレクターから修正が入るようになりました。

自分ではつながっていると思っていたのですが、
どうも性格が変わってしまって別人のようになっていたようです。

その度に修正して演じたのですが、
このバランスをとるのにかなり苦戦しました。

その苦戦は自分の筋肉にも表れました。
やたら力む。
セリフの合間でリセットしようと力を抜くのですが、
どんどん硬くなり緩められなくなっていきました。

なんとか最後までやりましたが、
とても上手くいったとは言えない感覚でした。
悔しい。

自分が作っている新しいキャラクターがまだ部分的で雑な事を痛感した現場でした。

外画吹替のお仕事!求められるキャラクターと広げたい幅

この前、初めて行った制作会社からまた一本仕事をもらえました。

新しい所での仕事がつながるのは嬉しいです。
今回も良い仕事をしてさらにつなげたい所です。

ディレクターさんは前の事務所からお世話になっている方です。
だいたい被害者など立場が弱く困っている役を振られて自分の役のイメージが、
固まって幅が狭くなっているように感じます。

今、日曜セッションで何とか作ろうとしています。
なので何とか違う面も見せたい。

今回も生活に困りお金を盗んでしまった父親という
今までと同じイメージの役でした。
警察が家に来て尋問されて答えるシーンで、
日曜セッションで出てきた高音の嫌味なところを入れてみました。

セッションで強く感じましたが、
台本と違うキャラクターを入れるのは難しいです。
稽古では役の性格が変わってしまっても、
切り取られたシーン内でならなんとかできます。

しかし現場では役の性格を変えていまってはただのNGです。
それが変わらない範囲で何とか少しでも入れられれば、と考えました。

必死に警官に言い訳をするシーンで、
少しだけ入れてみました。

ダメでした。

「ここでは素直に罪をみとめて誠実に答えて下さい」
と言われました。
ディレクターの言う通り、
このシーンで自分の役は止むに止まれずお金を盗んでしまったけど
罪を全面的に認めて返そうとしていました。

何とか違う面を出そうと強引に入れてしまい上手くいきませんでした。
これはやはり無理があったようです。
再度のテストで修正しました。

修正した方向で本番OKが出ました。
今回はこれがベストだったと思います。
しかし難しい。

ベテランの声優は、
どんなに誠実な役をやっててもどこか胡散臭かったり
嫌味な役をやっててもなぜが憎めなかったり
役としてちゃんと合った芝居をしていても、
何か違う雰囲気を出している事があります。

そういう人はその滲み出ている部分を
そのまま使ったハマり役を持っている事がすごく多い。
当たり障りのないセリフを喋っただけで
イメージが表れているというのは本当に凄い。

次は少しでも新しいキャラクターを入れられるようにしたい所です。

会社案内、研修ナレーションのお仕事で大事にしたいこと!

「企業案内」「Eラーニング」のナレーションを筆頭に、
立て続けにお仕事を頂いています。

とても有難いことに、今年の春から、仕事数が増えました。

その要因の一つとして、コロナの影響で、映像撮影が難しい分、
モーションコミックだったり、スライドだったりに切り替えて
動画制作を行うところが増えていることが考えられます。

それこそ、ナレーションはブースに一人ですし、
密を避けられるという点で需要が切れることはなさそうです。

あとは、APHで「技術」を教わっていること、これが一番大きい要因です。

固いナレーションに関しては、個人レッスンで教わっているあるポイント、
「真面目で誠実に聞こえる=●●●●」を意識して、
ある技術を使うようにしています。

会社案内、企業研修等、淡々と説明するだけの固い文章だからこそ、
●●●●っていう事が、大事だと思います。

見ている方達が苦痛になるようでは、いけませんしね。

代表からは、「教えている技術はほんの一部分で、
まだ全体の2%くらいしか伝えてないぞ」と言われていますが、
その2%の技術が、とても奥深いのです。

この学んでいる「技術」を丁寧に現場に置いてくることによって、
仕事が確実に増えています。

だから、稽古が楽しいのです(笑)

だって稽古すればするほど、仕事が増えるので(笑)

この世の中に、正しい稽古方法はあります。

それは、対面かズームかなんて関係ない、本質に触れる稽古です。

こうして誰も教えてくれない技術を学べる環境に身を置けるのは、
とても有難いなと思います。

と言っても、私が、このように書くと、回し者のように感じると思うので(笑)

そうではないことを仕事をしながら、ここで証明していきますね(笑)

今、誰にでもチャンスが訪れる時代だからこそ、生き残れる術を身に着けたいと思います。

吹替レギュラーのお仕事!音にならない…

先日の現場で感じた鳩尾周りの力み。

力んだまま固めて喋り疲弊してしまい、
キープできなくなりブレスが漏れる。

これに気付いてから
外画レギュラーの最終回でも同じ事が起こっていた事に気付きました。

その日はシーズン最終回。
ストーリーでは仲間との別れが描かれて良いシーンがたくさんありました。

自分の役も恋人との別れがありしっかり準備した上で現場に臨みました。
楽しみでした。

序盤から中盤までアクションやコメディシーンが続き
自分でもノリノリでやれている感覚がありました。

しかし最後の最後、
恋人との別れのシーン。
低温で囁くように言葉を交わすのですが

音にならない。

全部、息声になってしまう。

あれ?
家では出ていたし、さっきまでのシーンでは出ていた。
なんでここで出ないのか!?

どうやっても音になりませんでした。

こうなったのは鳩尾周りを固めてポジションをキープして、
それを抜けないので疲弊してしまったからだと思います。

家では気分的に楽なので意識しなくても力が抜けるし、
固まっても意識すれば抜く事ができました。
しかし現場の緊張でそれに気付けないし、
意識しても力みを抜けなくなっていた。

この時はそれがわからなかったので結局息声でやるしかありませんでした。

前回の現場で気付いて思い返して、
ようやく自分がどうなっていたのかわかりました。
大きく出すことはまだできるのですが、
小さく出すとコントロールが難しくなり、
疲弊してなければできる事が全くできなくなっていました。

この時は単に体力的な疲弊かと思っていましたが、
実際は部分的に力んだままになっていて動かせなかったのです。

この時気付ければ…悔しいです。

改めて無駄な力みを意識して抜ける事の大切さを感じました。