成功を積むこと。実感を積むこと。

某バラエティ番組の再現ドラマのお仕事に行ってきました。


この番組のお仕事は4回目、
今回呼んで下さった制作チームも
昨年の11月以来2回目のお仕事でした。

レギュラーとまでは行かないものの、
リピートで呼んで頂けるのは本当に有難く、また嬉しいものです。

前回のお仕事できちんと成果を残すことが出来たらからこそ、
再度呼んで頂けたのですから。


スタッフの何人かは前回と同じ顔ぶれでしたが、
ディレクターは今回初めてご一緒させて頂く方でした。

自分の撮影の番になって現場に入っていくと、
ちょっとした「壁」「硬さ」の様なものを感じました。

以前だったらそこで

「嫌われたらどうしよう」
「出来ない奴だと思われたらどうしよう」

とこちらも固くなってしまい、根拠のない自己否定や、
それを打ち消すように無理に明るく振る舞うというような事が起こっていました。

が今回はそこで自分の考えをパーンと切り替え、
「一緒に良いものを創る同士」として
スッと“そこに居る”ことを決めました。

そして、自分から起因でコミュニケーションをとっていきました。

舞台と違って映像だと「寄り」の画が出てきますが、
カメラからどう見えているのか、どこまで映っているのか、
見せたいものが見え、見せたくないものが見えないように出来ているのか・・・

つまり「見せたい画になっているのか」がより緻密になってきます。

その為の「段取り」も必要です。

過去の現場で、私はその「段取り」に気を取られ過ぎて固くなってしまう、
という失敗がありました。

やはり受け身だったのです。

その時の反省を活かし、今回は指示される前に自分から進んで

「これで画面に入っていますか」
「この角度で見えていますか」
「これだと不自然ではないですか」
「こっちの方が良いですかね…」

などとコミュニケーションを取っていき、
一旦段取りが決まったらあとは「気にしない!」
で楽に思い切り芝居に集中しました。

それで多少NGを出したところでそれは問題ではないのですよね。

「良いものを創る」の一点に絞れば良かったのです。

そうやって起因でコミュニケーションを取っているうちに
ディレクターも柔らかくなってきて、
私の発言に笑いが起こるようになってきました。

現場の空気も柔らかく温かくなっていきました。

自分から開いていくことなのだな、と改めて思わされました。

あるシーンで相手役に
私が「はい」とバナナを差し出す芝居があったのですが、
そこで私はAPHで学んでいるある技術を使いました。

すると・・・今までとは全く違う感覚で
空間の中にスッとバナナが入っていったのです。

そして相手役ともスッと繋がる感覚がありました。

これまでとは別の次元でした。

ほんの短い時間ではありましたが、それは起こりました。

技術そのものはこれから鍛えていかなければならない、
本当にまだまだ未熟なものなのですが、
それでも「こんな風に空間が変わるのだ」という事を
実感することが出来ました。

これを積んでいくことなのだなと。

今回の撮影は、これまでの失敗からの反省を活かして
一つの成功体験が出来たこと、
そして技術を使ってそれが上手くいくという実感を
積むことが出来ました。

まだまだ小さい現場ではありますが、
重ねていって成長していきたいと思います。

淡々とした気持ちと本質

某企業のTVCMスタンドインに行ってきました。

今回は、スタッフが30~40人近くいる大きな現場で、
初日はアングルチェック、二日目が本番という流れでした。

メインキャストには、
俳優のTさん、芸人のOさん、Yさんの3人が出演し、
今回は、Oさんのスタンドインとして撮影に参加してきました。

一日で46カットを撮影するという事、
メインのTさんが、次の仕事のため時間制限があるという事で、
本番は分刻みのスケジュールとなりました。

本番の日もほぼ出ずっぱりで、
次のカットに移る度に、カメラと照明を作る為にパッと位置に入り、
監督のディレクションにパッと答え、芝居をする。

それをご本人達が見て、芝居のニュアンスを確認し、撮影する。
そのサイクルが朝9時から24時過ぎまで、淡々と続いていきました。

スタンドインの役割は、
監督の意図を明確に理解し、それを、芝居を通して出演者に伝えること。

いわば「監督と演者の橋渡し的な位置」と言えるのかもしれません。

裏方的な位置ではありますが、撮影が円滑に進む為の大切な役割なんだ。
という事を、さらに深く理解する事ができました!

正直言うと、今までは、
「次こそは自分があの場所に!」
「何でこんな人の黒子を…自分が出たいのに!」
と、自分が出演できない悔しさや、
理想と現実が目の前でぶつかりあうような感覚があったのですが、

今回の撮影で、この仕事の本質を、感覚的に掴んだ事で、
この仕事に誇りを持てるようになり、欲が消え、
素直に楽しむ事、現場にいれる事への感謝が、
綺麗事じゃなくできるようになりました!

勿論、今の状況に満足しているわけではありません。
しかし、今やっている事を否定的に捉えても、何も始まりません。

今の自分の立ち位置、一つ一つの仕事の意味を、深く理解する事で、
汚い波長や欲が消え、深く、静かに楽しい「淡々とした気持ち」が
生まれてきているのを感じます。

この「純度」を高めていく事こそが、
自分が芸事の世界に入る為の、とても重要な一つの感覚だと信じ、
しっかりと育てていきたいと思いました!

また、そうした感覚で臨んでいたら、
ちょっとした嬉しいことが起こりました(笑)

香盤表にはなかったのですが、急遽受け芝居として、
Tさんと芝居で絡む事ができたのです!

カメラの向こうでの受け芝居だったので、
勿論映ってはいないのですが、

大好きな映画に主演されているTさんと、
短い時間でしたが、同じ空間でお芝居ができて、
とても嬉しかったです!

カットが終わり「ありがとうございました!」と挨拶すると、
「あぁ!」と、Tさんは笑顔で答えて下さいました。

次は自分もカメラの前に立ち、Tさんとお芝居ができるよう、
しっかり精進していきたいと思います。

撮影後はヘトヘトでしたが、
役者としてすごく勉強になる現場でした。

この貴重な経験と気づいた感覚を忘れずに、
自分の道を淡々と淡々と進んでいきたいと思います。

起因である事

とあるCMのお仕事に行ってきました。

CMに限らす、作品には何かしらのメッセージがあり、
そのメッセージと自分自身の考えとが
必ずしもピタッと一致するとは限りません。

今回のCMに関しても、
私がそれについてどう考えるか定まり切らないところがあり、
どんな立ち位置で臨めば良いのだろう・・・と少し悩みました。

でもそこで「わかったふり」をしたり、
「良い子」ぶっても仕方がない。

オーディション時にはその「どうなの?どうなんだろう???」
という想いをそのままぶつけてきました。

その時大切にしたのはAPHで学んだ●●でした。

そしてそれが良い形で伝わったのでしょう、
その「どうなの?」という立ち位置の役として、お仕事を頂きました。

撮影前日に分かったことですが、
今回は30秒のTV CM、WEB CM、新聞広告の3媒体ありました。

スタジオ内を移動しながらそれぞれの媒体用の撮影を進めていくのですが、
媒体が3つあるということは、つまり3作品あるという事。

ディレクターも3人いるのです。

勿論、一つのテーマに沿って、
あらかじめ企画している画を撮っていくのではありますが、
それでもディレクターによって撮りたいニュアンスや方向性に
多少の違いはありますし、 ディレクションの方法も様々です。

それを瞬時に汲み取ってその場でピタッと出来ないといけません。

正直言うと、上手くいったものと、
失敗したな・・・と思うものとありました。

TV用の撮影では、私はセリフがない分、その佇まい、
空気感を大切にしたいと思いました。

また求められているニュアンスが“微妙”なラインで、
表面で創ってはアウトだなと思いました。

APHで学んでいる“ある状態”を意識しつつ、内面を回転させていきました。

共演者の方がちょっと表情を出し過ぎてしまうところがあって
何度かリテイクしましたが、全体的にはサクッとOKを頂きました。

新聞用スチールのディレクターとは
コミュニケーションが上手くいった感覚があり、
撮っていくうちにお互いがノリノリになっていきました。

周りのスタッフさん達に
「○○さんは笑顔が良いんですよね~」などと言いながら、
本来(画コンテでは)必要のない「思い切り笑顔」のニュアンスのものを
何枚も何枚も撮って下さいました。

逆に、WEB用の撮影の際には、
ディレクターとのコミュニケーションが確立する前に
段取り的な制約に注意が行き過ぎてしまいました。

段取りに留意しながらも、思い切り行かないといけなかったのに・・・
受け身になってしまいました。

勿論、最終的にはOKを頂きましたが、自分的にはこれは失敗でした。

今回の撮影では、私が役者として歩んできた中で、
「舞台」に比べるとまだまだ「映像」という世界に
受け身になっていることに気づきました。

経験が浅いからこそ、意識的に起因でいかないとダメですよね!

舞台の時は「起因で行こう!」なんて考えなくたって、
勝手にその世界で活き活きと呼吸しているのですから。

今回の反省を次に繋げたいと思います。

VPナレーションのお仕事で、わかってきた感覚

最近は、ご指名でVPナレーションのお仕事を
継続してやる事ができています。 (※)

すべて、お堅いVPナレーションです。

原稿は最低でも、10ページ有り、直前まで修正が入り、
前日の夜に頂く場合もあります(笑)

最初のころは、チェックが間に合わなくて原稿にブレスさえも入れられず、
読み間違えることも多々ありました。

しかし、お仕事を積み重ねていると自分の弱いところが見えてきて、
どこを意識して注意したらいいのかが明確になってきました。

VPは、淡々と同じスピードで読み、意図を相手に伝えます。

この同じスピードというのが意外に難しく、
同じ母音が続くと走りがちになったり、
文章が長いと呼吸したくて走りがちです。

ただ、最近ですね・・・

APHの技術を適用し続けて、安定してきた感覚があるのです。

鍛えてきた◎◎を意識し、姿勢をマイク前で良い感じに整えるのです。

これは、現場で長時間やってきたからこそ、わかってきた感覚です。

ブースに入ったらカチャっとスイッチが入り、
マイクに対してどの角度で入ったらいいのか身体が覚えてきました。

あとは、原稿とどれだけコミュニケーションを取れるか(笑)

結構、造語が多いので発音とかで迷うと上手くいかないですね。

なので、今は録音する前に、わからない単語は聞きます。

前回、別の現場でそれで失敗してるので・・・・

もうわかんないものは聞くですよ(笑)

今は目の前にある事を積み重ねていき、
現場に出ながら実力をつけていこうと思います。

※企業VPとは、企業が見込み顧客などに情報を発信するための
ビデオパッケージのことです。

WEBCMで初主演!充実した撮影でした!!

某企業の、WEBCMの撮影に行ってきました!

今回は「○○編」と、いくつかある作品の一つに、
WEBCMでは初の、主演として参加してきました!

現場は、都内の小さなハウススタジオ。

セットチェンジになると、
15人近くのスタッフ達が、一斉に部屋の中を動き回る。

そんな慌ただしい中での撮影でした。

しかし、みんな良い緊張感を持ちながら撮影を楽しんでおり、
とても居心地のいい現場でした!

監督との相性もいいのか、ピタッ!ピタッ!ピタッ!!と芝居も決まり、
周りもビックリするほど、順調に撮影は進んでいきました。

家を散らかす友人に、

「ココ俺んちだから~!」

と笑いながらツッコミを入れるカットの後、

急に肩をバンッ!と叩かれました!

ビクッとして振り返ると、

「僕たちのイメージ通り!バッチリだったよ!!」

とクライアントが、満面の笑みで声をかけて下さっていたのでした。

撮影後、監督に挨拶をした時も、

「良いお芝居をありがとうございました!またよろしくお願いしますね~。」

と声をかけて頂けました。

有難い事に、撮影後によく、監督やクライアントから、暖かい声をかけて頂くのですが、
これもひとえに、APHで培ってきた、技術とメンタルのお陰だと思っています!!

そして、声をかけて頂く度に、

「諦めずに、ここまで頑張ってきて本当によかった!」

と、しみじみ思います。

しかし今の自分は「やっと始まった」ばかり!

彼らの言葉に心から感謝した上で、

更に上を目指し、淡々と淡々と、
自分の実力を深めていきたいと思います!!

某コーヒーメーカー TVCMのお仕事!

今回は「某コーヒーメーカー TVCM」の撮影に
行ってきました!!

都内のハウススタジオに、
10名近いスタッフ+キャスト5名で、
撮影は行われました。

今回の役は父親役で、
小学生の娘から渡されたコーヒーを、
「ありがとう」と言って受け取るカットのみでした。

出演シーンは短かかったものの、
非常に収穫の多い現場となりました。

持ち込み衣装だったので、その段階からの的確な準備、
子役と話しながら、相手が芝居をやりやすい雰囲気作り、
監督のディレクションに、パパパッと過不足なく応える芝居、
を置いてきました。

撮影後、ディレクターと監督に挨拶したところ、

「今回は短い役でごめんねー!」

「次はセリフの多い役で呼ぶからね!
 なんなら当日原稿でお願いしちゃおうかな~(笑)」

等と冗談を言いながら、笑顔で応じてくれました。

また、ディレクターが自分のセリフを気に入ってくれたようで、

「ナレーションとか、声の方とかもやられているんですか?」

と話しかけてくれ、少しですがお話しする事が出来ました!

「またよろしくお願いしますね!」

言ってくれて、とても嬉しかったです!!

「小さい役でも、その立ち位置で、
 相手が喜ぶものを渡すことができれば、必ず次に繋がる!」

改めて、そう感じることのできた現場でした。

3月に入っても、一つ一つのお仕事を大切にしていきながら、
今後もコツコツと、積み上げていきたいと思います!

某人気刑事ドラマの撮影に行ってきました!!

今回は、某人気刑事ドラマの撮影に行ってきました!!

トップクラスの現場という事もあり、
撮影前日から、ドキドキが止まりませんでした…!

今回はちょい役ですが、メジャーのドラマともなると、
セリフ有りの役に食い込むのは至難の業。

なのでまずは「今の立ち位置からでもいいから、
定期的に呼んでもらえるようになろう!」ということで、
代表からアドバイスを頂き、明確なテーマを持って、撮影に臨みました!

今回は、犯人の夢の中に出てくる、闇の警官役で、外ロケだったので、
現場にメインキャストの方々は、いらっしゃいませんでした。

そういうシーンの場合、助監督が撮影を仕切ったりするのですが、
今回はトップの監督Hさんがいらっしゃいました!

「これが●●シリーズを作っている監督、スタッフさん達か…!!」

と思うと、さらに緊張感は高まりました!

監督はどんな雰囲気の方か、スタッフ達の動きの早さ、現場の空気感…。

初めての撮影現場では、笑顔でリラックスしてる様に見せながら、
とにかく神経を研ぎ澄まし、徹底して観察を行います。

今回はテンポの早い現場だったので、
とにかく現場のリズムを乱さないよう、スッスッスッと動きました。

また、作品の邪魔にならないよう、
しかし、内からのエネルギーはしっかりと置いてくる、
という事を意識して、お芝居もしました。

最初のカットは凄く緊張しましたが、
徐々に現場の空気に慣れてきて、ほどよい緊張感で動けました。

最後に、4人がかりで犯人を捕まえるカットがあったのですが、
監督とやり取りをしながらシーンを作っていく感じが、とても楽しかったです!

凄く緊張したけど、やっぱりドラマの現場って良いなぁ…!!
と、しみじみ思いました。

いつか、憧れのMさんとお芝居で絡めるよう、
これからも、しっかり精進していきたいと思います!!

ゲームのCMのお仕事にいってきました!

本日は、ゲームのCMの撮影です。

自分は、ゲームをする男性の役で
ゲーム機でひたすらゲームをしました。

撮影当日、現場に入り、
着替え・ヘアメイクを済ませてから、
本番です。

まず、監督から指示がありました。

ゲームをやっている時、
ゲームを楽しむ感じや
ゲームに負けてくやしい気持ちなど
様々な感情を表現してほしい、
とのことでした。

最近、ゲームは全くやっておらず、
まず、ゲーム機をうまく操作できるのか
という不安がありました。

事前にゲーム機にふれる時間がほとんどない
状態で撮影に入ったのですが、
ゲームの操作は、すぐに慣れることができました。

撮影は、
「部屋で男性がくつろぎながらゲームをしている」
という設定で行われました。

ソファの上に寝転がり、
ひたすらゲームをしました。

はじめのテイクでは、
やりすぎでしまい、
表情に感情が強く出てしまいました。

そこで、監督から、
表情にあまり出さず、 自然にやってほしい、
という指示がありました。

そして、その後のテイクで、
自然にやるようにし、OKをいただき、
自分の担当分の撮影は終了となりました。

今日の現場では、
自然さを求められていました。

現場によっては、
コミカルさを求められる場合もあり、
その時は思いっきりやるのですが、
今回は違いました。

自然にゲームをやりつつ、
でも、感情もしっかりと表現しないといけない。

慣れない部分もありましたが、
最終的にOKをいただきました。

どんな現場でも
しっかりと結果を出せるようになりたいと思いました。

引き続き、どんどん現場に出て
仕事を積み重ね
ヒットを狙っていきたいです!

現場で感じた「ブレないこと」の大切さ

今回は、ある飲食チェーンの企業VP(社内で使う映像作品)の撮影に行ってきました!

挑戦的な事をすることが好きなクライアントらしく、
「退屈になりがちな研修ビデオを、思い切りコミカルに作りたい」
と、監督が撮影前に説明してくれました。

良い例と悪い例を対比で撮っていくスタイルで、
良い例&ナビゲーターを女性のSさん、
悪い例を僕が担当しました。

早朝に都内のお店に集合し、衣装を着て、いざ撮影開始!!

まずは僕の方から、撮影が始まりました。

思いっきり遊べる内容だったので、悪ふざけになる事だけは避けつつ、
APHで学んだある技術を使ってみました!

すると、監督始め、その場にいる全員が、どっとウケました!!

「●●君!デキるね~!!」
と、監督も一気にテンションが上がりノリノリ!

「笑い過ぎて涙出てきた~。いい感じですねぇ!」
とクライアントも喜んでくれました!

…まさかこんなにウケるとは(笑)
正直自分でもビックリでした!

APHで積み上げてきた事が認められたようで、本当に嬉しかったです!

内心スベったらどうしようと思ってたので、
「良かった~。今日の撮影は楽しくできるぞ!」」
と、胸を撫で下ろしました。

しかし、安心したのも束の間。
この後、とんでもない事が待ち受けていたのです…!

今度は良い例&ナビゲーター役のSさんの番になり、
冒頭シーンの撮影が始まりました。

カメラが回り、彼女が喋り始めると、
三言程でセリフが飛び、NGがかかりました。


これは・・・マ・ズ・イ・・・。

即座にそう感じました。

緊張の為セリフが飛び、動揺した彼女はその後、
10回以上もNGを連発しました。

彼女の顔はみるみる青ざめていき、
さっきまでハイテンションだった監督の表情も、みるみる曇り始めました。

どうにもならないと感じた監督はついに、
「もうカット割っていくしかないね!」
と最終手段に出ました。

それに対しSさんはなんと、
「いや、もう一回だけやらせてください!お願いします!!」
と食い下がり、現場の空気は凍りつきました…。

「いやいや、カット割ればいいから。それでいきましょう。」
と監督はスタッフ達に言い、それから監督はSさんと一切目も合わせませんでした。

さっきまで天国だった現場は、あっという間に地獄と化しました…。

その後、カットを割ってもNGが続いた為、
結局、映像は他のものを流し、声だけを収録する形になりました。

撮影中に気持ちがブレた人の一部始終を目の当たりにし、
現場の恐ろしさを間近で味わいました。

幸い僕は、APHで鍛えた「軸」のお陰で、
彼女の影響を受けることなく、淡々と仕事をする事ができました。

その後の撮影は、はっきりと明暗が別れました。

僕のシーンは、アイデアを出し合いながら、みんなでワイワイ撮影していくのに対し、
彼女のシーンは、どこか事務的に進んでいきました。

撮影後、監督に挨拶をすると、
「今回はありがとうございました!またお願いしたいと思います!」
と嬉しい言葉を頂きました。

彼女は、魂が抜けたような顔で、
「ありがとうございました…。」
と言い、そっと帰っていきました。


現場では「気持ちのブレ」が本当に命取りとなります。

なので、現場で何が起きても、淡々とやり抜けるよう、
APHでしっかりと「ブレない軸」を創っていきたいと、改めて思いました!!

笑顔の裏側にある、父親の葛藤

今回は、大手ハウスメーカーの、WEBムービーの撮影に行ってきました!

僕の役は、2歳の娘を持つ父親役です。

3家族の日常と各世代を通して、メーカーの最新技術を紹介していく、
という内容でした。

早朝からロケバスに乗り、とある住宅展示場へと向かいました。

渋谷から2時間程で到着すると、敷地内にはお洒落な一戸建ての数々が…。

控え室に入ると、家族として過ごすキャストの皆さんとご対面です。

自分の家族は、祖父、祖母、父(自分)、母、娘の3世帯でした。

みんな良い方で、すぐ仲良くなったのですが、
撮影前から試練が訪れました!


そう、子役ちゃんです!!(笑)

泣き出した時に備え、子役はダブルキャスト(1つの役に2人つく事)でした。

最初は2人とも静かだったのですが、
時間が経つにつれ、警戒が薄れてきました…!

待ち時間の間、祖父と2人で「エンドレス高い高い」をするハメになり、
笑顔で対応してましたが、撮影前から身体はぐったりでした(笑)

子役、恐るべし!

てかお母さん!止めてくれー!!(泣)

撮影に入ると、今度は奥さん役の方が
「自分が目立つ事」を優先するタイプ(笑)で、かなり大変でした。

勿論、みんな口には出しませんが、ドン引いていました…。


現場には色んな方がいます。

しかし、どんな相手でも
「カチンコが鳴ったら、シーンを成立させる」のが役者の仕事です。

完全に夫とコミュニケーションを切り、赤ちゃんとだけ絡む奥さん(笑)

内心「もっと絡む芝居してくれ~!」と泣きたい気持ちになりながら、
「奥さんと子供がはしゃいでいるのを暖かく見守る旦那」という形にして、
どうにか良い家族に見えるよう、笑顔と雰囲気で、
必死で空間を埋める芝居をしました。


お芝居って、人間修行そのものだな…。

つくづく、そう思いました。

芝居は「その人がどう考え、生きているのかが、滲み出る」と僕は考えています。

芝居と普段の人柄を観察してると、結構そうだったりするので、
つくづくお芝居って怖いなぁと思います。

でも逆に言えば、正しい知識と行動で、しっかり生き様を磨いていけば、
きっと素敵な表現ができるようになる!

と僕は思うので、
まずは毎日真剣に生きることから、始めてみたいと思います!!(笑)


まだ現場に出始めたばかりなので、
一つ一つのお仕事に全力で取り組んでいきながら、
次のレベルを目指していきたいと思います!!