一人収録のメリットデメリット?ドキュメンタリー吹替のお仕事!

緊急事態宣言が出てから吹き替えの収録が基本的に全て延期になりました。

そしてようやく少しずつ再開し始めています。

しかし完全に一人ずつ収録する事になったのでスケジュールを再調整してまた延期。
厳しい状況です。

今日の収録も一人ずつ。
しかもシーズン1第1話。
他の人の芝居が全くわかりません。
全くの未知の領域です。

スタジオには入り時間の直前に入り極力他の人と接触しないようにします。
自分がスタジオに入るとスタッフさん以外には誰もいない。
収録ブースは完全に自分一人でした。

収録が始まりました。

テストでは前に録った人の分を流してくるたので本当に助かりました。
それに合わせて芝居をします。

ドキュメンタリーのボイスオーバーで、
内容もわかりやすく芝居で迷う事はありませんでした。
自粛直前の一人ずつの収録もそうでしたが、
共演者と会話をすると言うより、
ディレクターと会話をしているような気分になりました。

共演者と一緒に収録すると自分が出ていないシーンも見ながら流れに沿って芝居をします。
しかし一人で収録すると、
自分の出ていないシーンは全て飛ばしてしまうのです。
そのため物語が急に飛んだような、
唐突な感覚がありました。

顔出しの場合はどのシーンから撮影するかはその時々で違うので、
これは当たり前の感覚なのではないかと思います。

しかし基本的に声優は映像を頭から流してそれに芝居を当てていくので
シーンを飛ばす事はまずありません。
抜き録りやリテイクくらいです。
舞台も同じだと思います。

このシーンをワープする感覚が慣れない。
新しい感覚でした。

個人的な課題である姿勢を試すには一人での収録はむしろやり易いと感じます。
ある意味自分の事に集中できる。

相手を無視するのではなく、
自分の返し方に意識をもっていく感じでしょうか。
そしてディレクターとそれについて確認する。
このディレクターとのやり取りが多人数で収録する時より濃くなったのです。

この点はとてもやり易かった。
今まではOKなら特に何も言われない事はザラです。
一人一人全てにやっていたら時間がかかるからです。
しかし一人だと「今の感じで」「良いですね」と
今まで滅多に言われない事を言ってもらえました。
今回は特に収録がかなり巻いていたので余計でした。

状況的にミキサールームに顔を出して話をするのはちょっとできないので、
ディレクターと収録中にたくさんコミュニケーションを取れるのは良かった。

ここは苦手な部分だったのでこれからも濃くしていこうと思います。

吹替収録再開!ずっと一人で録ると…

ようやく収録が再開されました‼︎

長かった。

稽古の時間はたっぷりありましたが、
やはり現場で演じるのは良いです‼︎

コロナの影響でさらに収録が変化しました。
とうとう一人ずつの収録です。
完全に一人。
その一人のセリフを全て録り終わってから次の人です。
収録が延期されたので二話分を一人で一気に録ります。

芝居は相手との会話が命ですが…
これはしょうがないですね。
吹き替えは映像が完全な状態であるので、
距離感がずれる事はないと思います。

一人で喋るのは大変ではあります。
しかし自分の課題に集中するのはある意味やりやすい環境でした。

課題はやはり姿勢です。
ずっとやってます。

最近ようやく無駄な力を抜きながら安定感が出てきました。
以前は力んで完全に固めていた部分がほぐれてきています。
その分余力が残るようになってきていました。

今日も無駄な力を抜こうと必死でした。
基本的には体の真ん中で立てるのが一番だと思うのですが、
今の自分は左右どちらかに寄った状態でないとまだ安定しません。

今日はまず左から。
順調なスタートです。
家を出る前にしっかりと身体を暖めてきました。
音の出は良かった。

自分の役はこの作品の中では一番多く台詞があるのですが、
家での稽古と現場の疲れ方はかなり違います。

家では苦もなく一話分の台詞ができるのに、
現場では徐々に疲弊していきます。

緊張感は当然違うのですが一番の原因は、
やはり「力み」です。

家では力を抜いて楽に立っている感覚の方が強いのに、
現場ではそこに明らかに力みがあるのが分かります。

固い。

これが腰や脚を痛めたり疲弊する原因です。
厄介なクセです。
台詞の合間で姿勢を入れ直し、
固まり始めた部分を緩めます。

一本目は良い状態で終われました。
良い手応えです。
二本分の収録で三時間抑えられていましが、
一本目が終わった段階で1時間が経過していました。
収録の初めにマシントラブルで十分ほど待っていたので約50分。
良いペースです。

二本目

ん?
少し身体が重いか?
休憩はありましたが一人で録ってるのでずっと自分が喋っています。
現場の緊張感もプラスされて疲弊し始めたようです。

一度大きく呼吸すると背中・鳩尾周りが硬くなっていました。
そこが緩み血が巡るのがわかりました。
固まってるのに気付かなかった。

二本目は昂る感情を抑えて喋る台詞が多く、
自然と身体に力が入ります。
肩の力みはだいぶなくなってきていましたが、
腕がだんだん降りてくる。
それが胴回りを押しつぶすような感覚がありました。

もう一度姿勢を入れ直します。

二本目中盤

音の踏ん張りが甘くなってきました。
台詞が滑る。
気付くと下半身が固まりかけてしました。
左から右に変えます。
真ん中で立てるようになりたい。

右に変えた事で持ち直す事ができました。
後もう少し。
ここからは長台詞多く山場です。

ちょっとずつ台詞が走り出したのか、
尺が短くなる事が多くなりました。
また鳩尾周りが固まっている。
大きく呼吸を入れてほぐします。

固くなってる‼︎

少し音のポジションが上がっているのがわかりました。
鳩尾周りが固まってポジションが落ちない。
もう一度呼吸を入れました。

なんとか落とす事ができました。
主役をやってずっと喋ってる人の凄さをまた改めて感じます。

二本目も終盤に入り細かいコントロールが効きづらくなってきました。
普通に喋ったり張ったりするのは良いのですが、
柔らかく繊細台詞のコントロールが甘くなってきました。
普段いかに力みに頼っているか痛感しました。

最後の台詞を言い終えて確認が終わりディレクターから
「お疲れ様でした‼︎」
という言葉を聞き達成感が込み上げました。

収録は二時間半

予定より30分早く終わりました。
もう30分早く終わらせたかった。
二本目で少し時間がかかってしまいました。
今回の一人ずつでの収録はスタッフさん達が缶詰状態です。
可能な限り巻きたかった。

やはり長時間、連続で喋ってもぶれない土台が必要です。
自分の足りないところを痛感した現場でした。

企業VPナレーションのお仕事!信頼を勝ち取ること

今日は新しい制作会社さんとのお仕事でした。

そこは、企業用の動画作成を専門にされている会社で、
自社ビル内にスタジオを数個完備しています。

初めてのスタジオで、制作会社のディレクター、クライアント、そして私が挨拶をし、
軽く打ち合わせをして、ブースに入ります。

今回は、某コールセンター向けのVPナレーションです。

テストで、自分が思うようにやってみたところ、
「もう少しゆっくりめで」と指示を受けたので、
スピード感をたっぷりにして、再度取り組みました。

すると「それでお願いします」とのことだったので、この感じを丁寧に、
自分の良い響きの部分を意識して、後は自由にやるようにしました。

文章も、堅苦しくなく、とても身近に感じる文言だったので、
想いを込めながらも語尾に気を付けて、淡々と読むことができました。

その場でミキサーさんが、ページごとに録ったナレーションを
動画にはめ込んでいく作業を同時にやっていきます。

そして完成させた動画を最後に全員で見て、
問題ないかをクライアントさんに見てもらいます。

2時間枠で抑えていたのですが、1時間で録り終え、
後はミキサーさんの方で調整といった具合で、かなりスムーズでした。

ブースから出た後の空気も、かなり良かった方だと思います。

はじめは、つまらなさそうにしていたクライアントさんも
私がブースから出ると立ち上がって、「ありがとうございました」と仰って下さったので、
あ~大丈夫だったんだなと感じることができました。

また帰り際に制作会社のディレクターからも深くお辞儀をされました。

クライアントから見れば、制作会社が紹介してくるナレーターです。
今後もこの制作会社に仕事を任せて良いのかどうか、
ナレーターの印象によって左右してしまうと思います。

ディレクターの深いお辞儀は、きっと安心いただけたのだと感じました。

しかし、私自身、個人レッスンを受けた後で気づいたのですが、
自分の呼吸を下から持ってくるクセがあり、

またそれを得意としていたので、今回もその、
下から持ってきていた部分が多かったかもしれないなと反省しています。

まだまだ技術が足りていない部分が多いので、そこは日々稽古するしかないですね。

外画吹替レギュラーのお仕事!感染対策の影響は…

今日も外画レギュラーです。

最近のウイルスの影響で収録の仕方が変わりました。
大変でした。

ウイルス対策のために、
少人数ずつに分けて収録する
シーン毎に区切って換気する時間を取る
出番が終わった人から帰る
という形に変わりました。

今までも他の仕事のために何人か収録の時にいなかったりした事はありましたが、
出演者の半分以上がいない現場は初めてでした。

いざ収録が始まるとこれが大変でした。

出演者の大半がいないので自分以外のセリフが
あったりなかったりするので、
不規則に段の抜けた階段のようでした。

作品自体がセリフのスピードが速く量も多いので、
会話相手とお互いにリズムを作っていきます。
しかしそれが不規則に抜けているのでリズムが掴めない。

一度、自分のセリフがどのタイミングなのか全く分からなくなりました。
冷や汗をかきました。
他にも何人か同じ状態になっていましたが、
こんなことは初めてでした。

そして人数が少ないと単純に熱量が減る。

人がたくさんいると色んな会話や熱が生まれるのだと改めて実感しました。
しかし芝居として熱量を落とすわけにはいきません。
一人で喋っていても会話している熱量を出すために、
普段より精神力も体力も消耗しました。

現場の空気もやはり普段と違いました。
みんな平気そうにはしていますがやはりウイルスの影響でピリピリしていたようです。

自分の役は賑やかしなのでテンションの高いセリフが多いのですが、
現場の雰囲気や一人で喋る事で異常に疲れました。

何度も課題である姿勢が崩れそうになりましたが、
何とか最後までやり抜く事ができました。
会話相手がいる事の有り難さも改めて実感しました。

収録が終わると思わず大きく息を吐き出しホッとしました。
いろいろと大変な状況ですが、
それに耐えられるタフさを身に付けたいと思います。

求められる芝居をする。外画コメディ吹替のお仕事!

今日は外画コメディのゲストキャラです。

ふだん自分は賑やかしの役が多いのですが、
今回の役所は変人に囲まれた常識人です。

この作品のディレクターはシリアスな作品を多く担当されていて、
コメディはほとんどやっていません。
芝居は原音に忠実に繊細なニュアンスを要求されたのをよく覚えています。

今回の自分の役は常識人。
今回も余計な事をせず原音に忠実な芝居を求められると思い用意していきました。

結果的には上手くいったと思います。

テストの後にディレクターから
「年齢感だけもう少し若く、後の芝居はそのままいってください」
と言われました。

年齢は子供のいる中年というのを意識しすぎたようです。
セリフのニュアンスは予想通りでした。

今回、ディレクターの要求には答えられたのではないかと思います。
自分の役は、作品のメインキャラである変な人達の昔の友人。
メインキャラの変な所を引き立たせるため、
本当に普通の常識的な人物でした。
自分の用意して行った芝居も原音の芝居にしっかりと合わせて、
大袈裟にしたり抑えたりも一切しませんでした。

テストが終わるたびにディレクターから
「それで良いです」「そのままでお願いします」と言われました。
良かったと思います。

良かったんですが

自分個人としては非常に物足りないと感じました。
個人的にコメディなどの場合、自分は大きく芝居をするのが好きです。
この作品ももっとやりたい事はありました。

以前ならやっていたと思います。
それで何度もリテイクを重ねた事もありました。
作品やディレクターによってはそれもアリだったのですが、
今回はきっちりと必要なだけやる方を選びました。

今まではとにかく大きく膨らませる事を考える事が多かったのですが、
脇役として必要な事を必要なだけやれるようにもしていきたいです。

PR動画ナレーションのお仕事!好きのエネルギー

今年に入ってから、仕事がどんどん決まります。
これは、代表との個人レッスンのおかげです。

あるポイントに触れてから勢いが止まりません。
本当に感謝です。

今回も、ボイスサンプルでお仕事が決まりました。

学習塾のPR動画ナレーションです。

映像もほぼ仕上がっていて、子供たちが沢山映っています。
子供好きな私はそれだけで、テンションが上がります(笑)

動画内容は子供たちが、今どんな風に学ぶべきなのかを、親に宣伝するわけなのですが
結構、作りこんでいて、サクサク動画も切り替わります。

ナレーションのテンポも割と速く、説明も多いので、丁寧に中身を伝えていけるように、
動画を引っ張っていってるような感覚で収録に挑みました。

APHで学ぶ技術を適用し、自分の呼吸を丁寧にコントロールして、角度を付けて喋ります。

いつもと比べればそこまで量も多くないので、気分の良いポイントを維持して、
取り組むことができました。

やってて、楽しかったですね。

見ている方たちにそれが伝わったらいいなぁと思うお仕事でした。

こういうふうに仕上がっている動画を見ながら、ナレーションができるのは有難いですし、
特に子供たちが絡んでいるナレーションは、
私の場合、心底エネルギーが湧いてくるなと・・・。

自分の「好き」を見直す良い機会でした。

アドリブしたらいつもとは違う空気に?吹替レギュラーのお仕事!

今日のヒーロー物レギュラーはお祭り回です‼︎

同世界観の作品がクロスオーバーして巨悪と戦うストーリー。
熱い展開ですが、自分のキャラクターは賑やかし要員なので本筋には関わらない。
残念です。

最近のコロナウィルスの影響で少人数で時間をずらしての収録です。
シーンによっては会話の相手がいなくなったり、
出番がない人は全員ブースから退出するなど慎重に収録しています。
早く収まって欲しいところです。

ずっと課題にしている立ち方ですが、
できないなりに多少の手応えが生まれてきています。
特に声を支えるポイントが前よりはっきり意識できるようになりました。

意識できるようになる、というのは
外した時もはっきり自覚があるという事です。
外すのは良くないですが、それに気付けるのは進歩です。
そう思いたい。

とても楽しく収録が進んで行きますが、
やはり話題に上がるのがコロナの話。
声優という仕事は性質上、基本的に密閉されたスタジオに大人数が集まって行われます。
スタッフも役者も気を付けていますが、
どうしても限界があるのです。

みんな不安はあると思いますが、
それを見せる事なく明るく収録をしました。
賑やかし要員の自分としては一つ笑いを取って和ませたいところ。
原音はないですが大きなリアクションと表情がある所にアドリブを入れました。

「それホントにいるのかね」

ディレクターから言われたこの言葉、
二つの可能性があります。

①ホントに要らない
②弄ってくれてる

結局別録りですが通りました。
普段のレギュラー収録なら基本的に②なのですが、
クロスオーバーで初めて会う共演者の方々は自分の役の立ち位置を知りません。

自分と同じ作品のレギュラーの人達も弄ってくれて皆んな笑ってくれていましたが…
内心邪魔だと思われていないかヒヤヒヤしました。
上手く笑いを取れる人を改めて尊敬しました。

自分の出番はワンシーン。
いつもならスタジオ内で他の人の芝居を見るのですが、
今日は終わった人から全員帰ってもらうという録り方でした。
非常に残念です。

技術的にもそうですが、空気を盛り上げられるようになりたい所です。

VPでキャラクターナレーション!

今回、ご指名を頂き農業関係のVPで、キャラクターナレーションが決まりました。

今、お堅いナレーションでもキャラクターを使って
アニメ仕立てにしているVPが結構増えているようです。

今回の仕事に至った経緯として、
2年くらい前に同じようなキャラクターナレーションを頂いたのですが、
それとは別のキャラクターもやってほしいとのことでした。

オーダーは、「以前のあの感じでお願いします」と・・・。

前回のデータを確認させて頂いたのですが、
ロボットのキャラクターで、結構話し方はキャラに寄せていました。

完成しているデータを見ながら、「動画はこんな感じに仕上がったのか~」と
初めて自分が当てた動画資料の完成版を見たので、とても新鮮でした。

「これ私の声なのか~」とかなり客観的にデータを見ました。

そして、今回のキャラクターは、天使です。

イメージはわかるけれど、前回のキャラクターとは絵のタッチが違います。

なので、「以前のあの感じで・・」というオーダーに、
どう応えたらいいかなと思ったのですが、
ヒントになったのは、ボディボイスでした。

2年前の自分は、今よりもさらに技術が追い付いていないわけですが、
前回のキャラの声を聴く限り、私なりに、
どの骨にどう響かせているというボディボイスをやっていることがわかったので、
そこを手掛かりにしました。

ディレクターとやりとりをしながら仕上げていく際、
テストで以前のようにキャラクターに寄せていくと、
「子供向けというわけではないので、もっと普通に・・」というオーダーだったので、
ガチガチにアニメのように作りこみすぎずに、
自然に聞こえるラインで、キャラクターに取り組みました。

結果、問題なく、OKを頂き、ホッとしました。

VPの中で、キャラクターを使う際の演じるポイントについても後から代表から話を伺い、
納得しました。

そして収録後、このVPナレーションがまだまだシリーズで続くという報告を受けまして、
とても有難いなと思いました。

キャラクターナレーションはやりたいことの一つなので、APHで学ぶ技術を使いながら、
楽しんで取り組みたいと思っています。

吹替レギュラーのお仕事!立ち方を意識して

今日も外画レギュラーです。

今週は前二話の出番が少なかった反動か、
説明セリフが頭から後半までずっと続いて出ずっぱりです。

自分の出番が多いというのはとても嬉しいです。
しかし最近はプレッシャーも強く感じます。
主役をやる人達の凄さを少し実感できます。

課題はもちろん立ち方です。

以前はセリフが多いと後半バテてしまい、
声を支える部分に上手く使えず喉声になったりしました。
そうなると身体のあちこちを筋肉で固めて支えていました。

今やろうとしている立ち方で喋ると、
下半身でしっかり支える感じが増えてかなり安定させる事ができました。

演じていると自然といろんな動きをしてしまうので
常に安定感があるわけではありません。
テンションの高いシーンは特に前傾姿勢になって肩首に力が入ります。

前は力んでいる事にも気付けず終わった後に痛みでわかる状態でした。
しかし最近はやっている時に気付きます。
…わかってもなかなか直せないのがもどかしいですが。

今の問題は芝居中に動いた時に支えが外れてしまうのを避けるため、
姿勢を固めてしまう所です。
安定は確かにするのですが凄く窮屈で、
芝居自体も狭く小さくなる気がするのです。

姿勢の大事な所だけ維持して後は自由に動ける。
これがたぶん一番良いのだと思います。

で、これが全くできない。

動くとズレる。
動かないと小さくなる。
間が取れない‼︎

今回は椅子に座る暇がないくらいでしたが、
肉体的な疲れはほぼ感じませんでした。
しかし姿勢の維持とセリフ量のプレッシャーで、
精神的にはかなり疲れました。

今回のようなずっと喋りっぱなしだと
以前は終わって家に帰ったらすぐに寝てしまうくらいです。

まだ上手くいっていない立ち方ですが、
身体の疲れがほぼなくなっただけでも大きな変化です。
以前より多少力みが抜けてきているせいか、
疲れ方が全然違う。
これなら一日二本の仕事でも行ける、気がする。

正直、ここまで差が出るとは思っていませんでした。
改めて無駄な力を使っていた事を実感しました。

手応えがありました。

が、帰りに腰に痛みが…
疲れは確かに減りましたが腰に負担が集まっていたようです。
やはりまだまだ無駄な力みがあるようです。
やってる時はわからなかった。

上半身と下半身を上手く繋げられるようになりたい所です。

何度でも…姿勢は大事!外画ヒーロー物レギュラーのお仕事!

今日は外画ヒーロー物レギュラーです。

個人レッスンで教わった立ち方。
最近の現場での主な課題です。

これをやっているとつくづく感じます。
すぐに力んで身体を固めて安定させようとするクセを。

このクセ、普段の生活から出ていました。
歩いている時も肩から腰、足先と
部分的に固めていました。
その方が早く前に進める感じがするのです。

しかし特に下半身は力みが入る。
腰の調子がもの凄く悪い時に、
歩くだけで下半身に痛みが走り辛かった事を思い出しました。

その時も下半身に力を入れて固めていました。

このクセが新しい立ち方をやっていても直ぐに出てくる。
どうしても下半身を固めて動かさないようにしてしまう。

ずっと余計な力みを抜く事を意識していました。
そして必要な時にだけ力を入れる。
これが難しい。

必要な時とは当然喋る時ですが、
気付くと喋ってなくても下半身が力んでる。
本当に根深い。

極たまに上手くいって一瞬に力が集まり声に体重が乗って出る時がある。
この精度をもっと高めたい。

本当に姿勢は大事だと改めて感じた現場でした。