「プロになるまでの全て!」Yさん編04

 

 

 

 

自分はとても単純で調子に乗りやすいのです。

プレッシャーに弱く失敗すると心がへし折れますが、
上手く行くとすぐに調子に乗るというのを
交互に繰り返し始めるのです。

というのも、調子に乗っている自分は必ずと言っていい程
変な所でミスをするのです!!︎

例えばスタジオの場所を時間前に確認して、
別の場所で時間を潰し、
いざスタジオに入る時間になって行こうとすると
場所を確認したのになぜか道に迷ったり

オーディションを受けに行って帰る時、
気に入られたので先方から
もう一度別のオーディションを受けて欲しいという連絡が事務所経由で来るも、
着信に気付かず連絡が遅れたり

いい結果の後に本当にあり得ないミスをしました。

これはちょっと気を付ければ防げた事です。
本当にくだらない。

しかしプロとして仕事をする以上
絶対にやってはいけないとても基本的な事です。

めちゃくちゃ怒られました。
当然ですね。
また当時の自分を殴りたくなってきました。
タイムマシンが欲しい。
今なら腰の入った良いパンチが打てそうです。

あの時、ほんの少し一般常識を身につければ
仕事は多分増えていったでしょう。
このあと起こる大惨事も当然なかった。
どうしていいか分からず五年間もふらふらする事もなかった
という愚痴が溢れてきます。

「プロ」として「仕事」をする以上、
社会人としての一般常識は当然必要です。

確かに昔は破天荒な役者がたくさんいて、
常識からかけ離れた行動を取ることも多かった。
しかしそれは、
それでもその人が必要になる程の腕があったからです。
あとそういう時代だった、というのもあるかもしれません。

自分はセンスがあったと思います。

でもプロの世界は
「センスがある人が集まっている」世界です。
プロになっている人はみんなセンスがあるのです。

だからその世界では、
自分のセンスはそれ程大したものではなかった。
センスはあって当たり前なのです。
当時はこんな当たり前の事が全く分からなかった。

 

 

自分はこうしてとても短い間に失敗と成功を繰り返しました。

自分でもこの変なサイクルにはまっている自覚はありました。
そして気を付けようとしていました。

しかしそれでも直せなかった。

事務所からの電話にすぐ出られるよう気を張って気を付けようとする。

しかし、待ち望んでいるのに一ヶ月くらい仕事の電話がないと
「仕事来ないな」
と、ふと気持ちが切れるのです。

その瞬間に電話が来る。

冗談でも何でもなく本当に気持ちが切れた瞬間に電話が来るのです。
それが何度もありました。

自分でも
「なぜこのタイミングで!?︎」
とパニックになる程のパターンになっていました。
苦しかった。

常識が身に付かず、事務所に迷惑をかけ続けました。
そろそろ当時の自分を◯ろしたくなってきました。

しかし!!︎
自分でも不思議ですが
こんな状態でもいざというチャンスの時、
良い結果が出てしまう。

大きいTVCMのオーディションに受かったり、
事務所が外画・アニメに進出するために
ディレクターワークショップを開けば
自分が真っ先に仕事をもらったり。

おかしなサイクルにハマりつつも家での練習は欠かさずやっていました。
こんな仕事がしたい!!︎と借りてきた映画を見ながら
セリフを真似したりする事自体が楽しかった。

だからまだどこか心の中に、
「自分はできるんだ!!︎」
という根拠のない自信が残っていたのでしょう。
この自信自体は必要なものだったのだと後々わかります。

しかし肝心な事が抜けていた。

失敗から学び、それを改善する
という事です。
それができれば、
その先に大きな成功が見えていたのです。

ですから自分は、
やはり失敗するべくして失敗するのです。

 

 

「プロになるまでの全て!」Yさん編 記事一覧