「プロになるまでの全て!」Tさん編04

 

 

 

 

養成期間を終えてすぐにケッケコーポレーションの預かりとなりました。

週に一度だけ音響監督のレッスンがあり、
一年後の査定に合格すれば、準所属といった具合でした。

よし、思い描いた通りになっている。

しかし大きな問題が一つありました。

それは私のやりたいことが、「声優」じゃなくなっていたのです。
相変わらず、「声優」が何かを理解できていませんでした。

音響監督のレッスンも、全然わかりません。
声だけでお芝居するってどうやるの?教えて下さい。という気持ちでした。
これまで習ってきたダンス、歌、芝居が全く役に立ちません(笑)

監督に気に入られたら、仕事を振ってもらえる立場にいるのに、
それどころじゃない。
そもそもできないし、楽しくない。
苦痛で仕方がありませんでした。

趣味で続けているダンスレッスンの方が楽しい!
今、目の前にチャンスが来ているのに、私はダンスに逃げていました。

夏にダンスフェスティバルというダンス公演のオーディションがありました。
本番は12月前半。
大好きなS先生がメインで振付をするダンス公演です。

やりたい!

もはやマイク前よりも舞台に魅力を感じる私は
そのオーディションを受けて、見事に合格し、
事務所に相談なしで稽古に参加していました。

その1ヶ月後、事務所の代表に
「お前、年末に有る事務所主催の舞台に出るか?」と聞かれました。
純粋にやりたいと思いました。
また事務所の預かりとして断るべきでないと判断し、
その場で「はい、やります」と即答していました。

バカーーーーーーーーーーー!

「私はダンスの公演が有りますので無理です」
って正直にいうチャンスだぞ!
トラブルを起こす前にお願いだから、正直に言って下さい!
お願いだからーーーーーーー!

こんな声は到底聴こえるはずもなく・・・

結果的に私は12月に舞台が二つ決まりました。
二つの稽古に参加し、両方の舞台を成功させれば問題ないや!
くらいにしか考えていませんでした。

私はとても非常識な人間で
ダンスのS先生にも事務所の代表にも
12月に舞台が二本決まっているという事を伝えていませんでした。

伝えたらきっと、自分の軽率な行動を叱るだろう・・
絶対に怒られたくない・・
私は自分の事しか考えず、隠し続けながらずっと稽古に参加していました。

秋になり、稽古が被るようになりました。
二つのスケジュール調整がまあ、難しい。

事務所主催の舞台では新人として、
先輩よりも早く来て掃除をして準備するのが当たり前です。
しかし、私は遅刻や早退が多い。
なぜならもう一つ舞台を抱えているから・・・。
でも、それは私しか知らない事実。
もう自滅寸前、いや自滅してました。

 

 

いよいよダンス公演の方も、本格的になってきました。
だんだんと稽古場をハシゴできる余裕が無くなってきました。
私はもう限界でした。

この日も途中でダンス稽古を抜けました。
罪悪感が募ります。
今更、二つの舞台を抱えてるなんて言えない。
「どっちか片方にしたい」
そんな考えがよぎりました。

あの夜の出来事は今でも忘れません。

ダンスのS先生に電話で降板すると伝えました。

先生は静かに怒っていました。
私を引き止めようと説得してくれたのですが、
結局、自分の我儘を貫き通してしまいました。

先生は諦めたように
「みんなの事はどうでもいいの?」と最後に尋ね
「申し訳有りません」と伝えると
「わかった。もう勝手にしなさい」と言って電話が切れました。

自分の将来を優先してダンス公演を断り、事務所主催の舞台を選んだのです。

ほんと有り得ない。
こんなんで成功するはずないやろー!!

2ヶ月後、事務所の査定が有りました。

見事に落ちました。
当然の結果です。
二兎を追う者は一兎をも得ず。
バチが当たったのです。
ざまあみろ。

何もかも失いました。

これからの事を考えようとすると、
ダンスのS先生やメンバーに対して、申し訳ない気持ちでいっぱいになり、
「自分はもう表に出ない方がいいんだ。」
「役者なんてやる資格すらない。」
などと自己否定を始める始末。
そう思う事で償っているような気持ちになっていました。
なんて都合の良い生き物なんでしょう。

5月。
S先生主催のダンス公演があると知り、その公演に出向いて直接謝罪をしました。
先生は明るく、
「もう気にしないのよ!」
と私の肩をポンポンと叩くとその場を離れました。

感謝、感謝、感謝してもしきれませんでした。
甘いけど、救われました。

前を向こう。
そう決めました。

とてもじゃないけど、
「人生勉強だった」の一言では片付けられない・・・

今、自分の欠陥部分が露呈されて、
自分のせいで居場所は、なくなってしまった。

でもここから変わりたい。
人間関係を大事にしよう。

まだまだ諦めない。

さて、これからどうしようか・・・。

(10年以上経った今でもS先生とは年賀状のやり取りをしています。
S先生、本当にありがとうございます。)

 

 

「プロになるまでの全て!」Tさん編 記事一覧