「プロになるまでの全て!」Tさん編03

 

 

 

 

専門学校卒業後・・・

学生という身分を無くした私は
夢に向かって何かしら行動していないと落ち着きませんでした。

とにかく居場所が欲しくて
この時代の大手声優事務所である
賢プロ、青二、81プロデュース・・・等々も考えました。

しかし専門学校で痛い目を見た自分は
養成所からストレートに所属できるとは思えませんでした。

しかも費用が高いし養成期間が長い。

仮に三年通ったとして所属にならなかったらどうなるのか、
また別の養成所に通うのか、、
それは避けたい。

逆に所属した場合、声優の仕事だけに縛られたくない。
あくまで希望しているのは「声優アイドル」という立ち位置。

裏方ではなく、表に出たい。
そんな風に考えていました。

締め切りが迫り、
最終的に費用第一優先で見つけたのが「松濤アクターズギムナジウム」です。

正直なところ、カリキュラムに、歌とダンスがあるので、
「これまでの経験を活かして、頭角を現せるのではないか」
と打算的な考えもありました。

また資料に
「声優の根本は役者だ」
みたいな事が書いてあったので、
事務所に入った後も多方面で仕事ができるかも・・という期待もあり、
オーディションを受けました。

審査の結果、
基礎科、本科と2年通うべき所が1年免除です。

といってもカモには変わりないけど(笑)

その時は無知なので、仕方ない・・・

授業は敵対心を剥き出しにして参加していたのを覚えています。
私なりに、目をかけてもらおうと必死でした。

ある日のこと。
選択レッスンでマイク前授業が有りました。
初めてのマイク、スタジオ、興奮しました。

しかし、いざやってみると、

できない。

マイク前の制限があり過ぎて、どうしていいかわからないのです。
声だけで、どうやるの?
身体は、どうするの?

私にはもう違和感しかありません。
マイク前の芝居の楽しさが全然わからん!

たった一回のレッスンで興味を失いました(笑)

本当に声優になりたいの?
怖いけど、正直に自分に聞くしかありませんでした。

 

 

本当は何がしたい?
「NHKの歌のお姉さんになりたいけど・・もう無理だよね?」
音大出てないし、ごめん。容姿に自信がない。
「じゃあ、子供が好きだから子供番組を持ちたい」
それなら何とかなるかも。

おい・・
なぜ、そう思うのか不思議でたまらない(笑)

さて、どうしたものか。

やっぱり、声優じゃないのかも?
声だけで表現するなんて、よくわからないもん。
身体を動かす方が好き。
舞台の方が、好きかもしれないな。

おーい!声優もある意味動くんだよ~ん!って教えたい(笑)

結局、声優がマイク前で何をしているのかを理解しないまま、
つまり「声優」を誤解したまま、養成期間を過ごしました。

3月にある、養成所お決まりの卒業公演で
オーディションに合格し、主役に抜擢されました。

作品は声優養成所なのになぜか「11匹のねこ」というミュージカル・・。

全部で2日間、計4公演あり、
養成所で1番注目されている女の子と、
そうでもない私がダブルキャストで主役です。

六行会ホールで主役!

専門学校の時にできなかった主役が今できる!

舞い上がりました。

稽古期間は1か月。
演出家は現役声優で、いつも機嫌が悪そう・・・(に見えるタイプ。)

莫大な量の台詞、歌、振付。
今考えてみてもミュージカルの学校出身だから喰らいついていけたと思うほど。

結局、相方が途中で降板し、私が2日間フルで出演する事になりました。

本番当日、

舞台上の私はとてもイキイキしていました。

何とも言えない達成感。

鳴り止まない拍手。

全てが、夢のようでした。

この時、母が仲の良い友人を連れて観に来てくれました。
私は照れてしまって、面と向かって感想を聞けませんでしたが、
母の笑ってる姿を見て少しだけホッとした私がいました。

養成所はこれで、卒業。

マイク前の技術は何一つ身に付けていないけど、
歌とダンスを評価され、運良く事務所の「預かり」となりました。

わかると思いますが、これからが試練の連続でした(笑)

 

 

「プロになるまでの全て!」Tさん編 記事一覧