「プロになるまでの全て!」Tさん編02

 

 

 

 

フツフツと湧きあがる反骨精神が原動力となり、
学校帰りに劇団ひまわりに通い続け、ダンスと演技を習いました。

ちゃんと成功してまずは親に認めてもらおう!

と思ったものの
正直、周りは皆可愛い子ばかりで自信が持てませんでした。
でも
「私は実力派で行くから大丈夫」
と思い込むようにし、
不安な気持ちを押しのけて勢いで誤魔化していました。

進路で悩んだ時に、
役者は他の職業と違って、
役者として成功する方法がどこにも書いてないので、
色々読み漁るしか有りませんでした。

資料の一つに、ライオンキングのパンフレットが有りました。

キャストの出身を見ると
舞台芸術学院出身の方が多い事がわかり、
早速、資料を取り寄せて調べてみると結構な有名人を輩出していました。

実力をつけるために声優養成所はやめよう。
舞台人も声優も女優も結局は役者だ。
だったら、役者としての実力を付ける必要があるな。

そうだ!

舞台芸術学院専門学校に通って
歌とダンスとタップと芝居と全部やってやろう!
あわよくば、四季に入ってやろう!
その後、声優の世界に入れば、学歴完璧やんか!
声優がミュージカルもできますっていったら
それだけで武器になりそうだし!
そしたら結構周りと差がつくんじゃ無いかな?

今考えると、
本当に顔から火が出るほど恥ずかしいですが、高3の私は真剣でした(笑)

自分がどう見られるのかという計算をして
役者としての経歴を作ろうとしていたのです。

何とか親を説得し続け、
専門学校入学まで辿り着きました。

母は私を大学に入学させることを諦めました。
その時母は、
「もう勝手にしなさい。あんたのことなんかもう知らないから。」
と私に言いました。私は、
「よかった、これで夢に向かって進める!」
という感情と
「お母さんごめんね」
という感情が入り混じって、自分の部屋で泣きました。

役者になるなんて、母は心配だったと思います。

当時の私は、そんな事つゆ知らず、言われた言葉通りに勝手にしていました。
母に「それみたことか」と言われないように、
親の前では極力弱音は吐かないようにし、
「母は私の事を応援してないんだ、理解してくれないんだ」
と決めつけて、親を敵対視しました。

とても傲慢な娘でした。

 

 

夢を膨らませて入学した専門学校でしたが、
完全に場違いでした。
幼少からバレエやタップやジャズダンスや歌を習っていて、
(その時は)ミュージカルを本気でやりたい!って思っている人が50名いました。

9割の人が四季を目指していました(笑)
皆、何かしらで秀でていましたが、
私には何も有りませんでした。

クラス全員の特徴と言えば、
「我が強い」
「自己アピール度が高い」
「自分が一番」

私は完全に周りに圧倒され、受け身でした。

学校主催の発表会で主役がやりたくても
「私なんか無理だ」という想いが先に来るし、
授業でも印象が薄いので、先生になかなか名前を覚えてもらえませんでした。

ダンスの授業では個々が踊る空間を確保しなければいけなかったのですが、
私は「できない人」だったので毎回後ろの端を選びました。

私は能力がないのだと思い込み、
周りにもそう思われてると思い込み、
悪循環が起こりました。

「自分が自分が」と前に出てくる人達を前にして
私は「こういう人達がプロの世界でやっていく人なんだろうか」
と疑問を持ちつつ、
こういう風にアピールしないとミュージカル界では生き残れないのかもしれない
と思い、私には向いてない世界だと落ち込みました。

周りの才能豊かな人を見て、
劇団四季、東宝、ディズニーダンサーは無理だ。
クラスの可愛い子と比較して、華がないから女優さんは無理だ。
何を血迷って、女優さんになりたいとか思ってしまったんだろうか。
そんな風に考えるようになり、
あんなに膨らんだ夢が、簡単に圧し折られました。

この後、どうするのか。
専門学校を卒業したらどこに行くのか。

行き先がわからないと不安でした。
四季に入る夢がポキッと折れた今、次の行き先を探さなくては不安でした。

ここで、出てきました。
再び。

声優。

やっぱり、私は声優だ。

単純すぎて笑えますが、そう思わないと不安でした。

役者としての夢を途切らせないように、
女優がダメなら次は声優だと表面だけで考えていました。
自分が声優だと思い込むと、かなり楽になりました。
現実に直面しなくて済むからです。

私は声優なんだ。
だから学校で最下位でも問題ないさ~!

声優の世界だって甘くないのに、
目の前の現実逃避にはモッテコイの考えでした。

でも、本当はライオンキングやりたかった。
帝国劇場で歌い上げたかった・・・???

いや、それって・・・そこまでやりたいこと??
なんか、自己満足・・??
あれ・・・本当は私何やりたいの?
親も説得したけどさ・・もしかして、それだけ??
目立ちたいだけ??
いやいや、もっとすごい理由があるはずだし・・・。

怖くてそれ以上は考えられませんでした。
そこにあるのは勢いだけでした。

結局、50名入学し卒業したのは私を含め28名でした。
私は根性で2年間の学校生活を終えました(笑)

皆の前で、「私は女優になりたい」って言えませんでした。
逆にその程度だったのかもしれません。
周りを見て、怖気付く程度だったのかもしれません。

声優ならできそうなんて、ナメてるぞ!
お前は一体、何がしたいんだ!!
何だか書きながら、叱りたくなってしまうのですが(苦笑)

でもどっかで「自分は、なれる」って根拠のない自信があったみたいです。
諦められなかったみたいです。

10代の私へ
もうちょっと本を読んだりして
人としての中身を充実させてほしかったな(苦笑)

 

 

「プロになるまでの全て!」Tさん編 記事一覧