「プロになるまでの全て!」Yさん編14

 

 

 

 
後日、代表にその事を報告しました。
すると、

「まだ完全に拒絶されたわけではない。
土下座してでももう一度お願いしてこい!!」

精神的に死にそうでした。

やんわりとは言え、社長のあの言葉は事実上の拒否だと思いました。
しかし、確かに
「もう事務所に来るな」
とは言われていない。

自分はこういう時、必ず諦めてきました。
なんとなく結果は出ていると思っていたからです。
これ以上すがりついても
自分が惨めでカッコ悪くて無駄に苦しい思いをして傷つきたくなかったからです。
それよりは物分かりのいいふりをして、そこでやめていました。

本気でトコトンやり切る事ができなかった。

代表は普段、APHメンバーに何かを強要する事はありません。
強く推奨する事はあっても無理強いはしないのです。
本人がどうしてもやりたくなければ、必ず別の方法を一緒に考え、
提示してくれます。

しかしこの時は、とても強く、
「行け!!」と言いました。

物事は全てやり切らなければ次につながりません。
中途半端に終わらせると、別の何かを始めてもまた中途半端に終わります。
どんな事でも追求していくと必ず誰かとぶつかり合う事があります。
それが深くなればなるほどぶつかり合いも強く激しいものになります。

自分は、そのぶつかり合いを全て避けて逃げてきました。
だから何かを良いところまでやっても
それ以上にはなれなかった。

まあまあ、ほどほど、ぼちぼち、でした。
どれも悪くない、けど良くもない。

それを
自分の意思で
完全に決着が着くまでやり切る。

それが必要だったのです。

今はなんとか仕事をしていますが、
ここに至るまで、お百度詣りの時以上に判断に迷い、相手と意見がぶつかり、
それでも自分の意思をハッキリと伝えなければいけない状況がありました。

代表がずっと強く強く言い続けてくれて、
この後ようやく最後までやれた事で自分は変わりました。
本当に有難うございます。

結果が「ほぼ」見えている所を、
「完全に」ハッキリさせるため
もう一度、社長にお願いしに行く事にしました。

しかし行きたくない。
本当に行きたくない。
心の底から行きたくない。

もう結果はわかってる。
社長は自分を傷つけないように優しく言ってくれたのだと思います。
それなのにまた強引にすがりついてくる。
迷惑以外の何者でもないと思います。

でも、ハッキリさせなければいけない。
今までなんとなくでやって来た事に決着をつけなければいけない。

自分は事務所に向かいました。

が、

やっぱり入れない。

また事務所ビルの区画から隣の区画まで終業時間まで歩き回りました。

夜になり辺りが暗くなったなかで、
街灯とビルの窓の明かりを見上げる景色をよく覚えています。
事務所の入っている階をビルと反対側の道の電柱の陰から見上げていました。

ビル入り口から誰かが出てくるたびに電柱に隠れて見つからないようにしていました。
社長にもう一度必死にお願いする姿を見られるのが嫌だったのです。
自分の情けない姿を見られるのが怖かった。
恥をかきたくなかった。

そうやって事務所に入れずにいるうちに、
社長が出てきました。
隣には以前事務所で自分に話しかけてくれた先輩がいました。

もう他にタイミングはないと思いました。
電柱の陰から飛び出して社長を追いかけました。

 

 

 

 
後ろから呼び止めると社長は物凄くビックリしていました。
それはそうです。
暗がりで後ろから突然大声で呼びかけられたのです。
この時の自分は変質者かストーカーです。

「もう一度、事務所に入れて下さい」

自分がどんな風にこう言ったのかよく覚えていません。
とにかく必死でした。
大きな声で言おうとしても声が出なかったように思います。
目を見開いてこちらを見る社長と、
頭を下げている自分と社長を交互に見て戸惑っている先輩の姿が記憶に残っています。

社長は自分を見ながらも足を止めませんでした。
自分はそれを追いかけながら何度も頭を下げてお願いしました。

社長が足を止めず、それを追いながらだったので土下座はできませんでした。

その時、初めて社長の怒鳴り声を聞きました。

「いい加減にしてくれ!!営業妨害だよ!!もう来ないでくれ!!」

大声でこう言われ、自分は何も言えなくなりました。
社長はそれ以降は振り返らずに遠ざかっていきました。
先輩は何度も自分の方を振り返りながら社長の後を歩いていきました。

そこから駅までどうやって歩いたのか全く記憶がありません。
気付いたら駅前でした。

そして代表に報告しなければと思い電話をかけました。

「ダメでした。頭が真っ白です。」

本当に真っ白でした。
あんなに必死に何かをしたのは人生で初めてだったと思います。
そしてあんなに強烈に拒否をされたのも初めてでした。

「大丈夫だ!!次がある!!次に行こう!!」

代表はとても明るい口調で笑いながらそう言って下さいました。
この時の自分には先の事は何も考えられませんでした。
ただ強烈な重しがなくなった開放感と、唯一の拠り所がなくなった空虚感で
本当にすっからからかんという感じでした。

代表にAPHという団体に支えてもらいながら
始めて
最後の最後までやりきった
このおかげで自分は変わったのです。

この変化は大きかった。
それが次につながって行くのです。
 

「プロになるまでの全て!」Yさん編 記事一覧