諦めず、目の前にあるできることをやって

某事務所の体験レッスンに行ってまいりました。
以前、事務所に所属した時期もありましたが、なかなか仕事に恵まれず、現場に出たくても出られない日々が続いていました。
もちろん、目の前の現象 は自分で作り出しているので自分の責任です。
しかし、APHで教わる「本質に繋がる稽古」や「技術」を試す現場がないというのは本当に悔しいことです。
「仕事がしたい!」そんな想いを抱きながら、今目の前にある事に集中しました。

まず、事務所に入り、「楽」にそこにいられる、APHで学んだ「TR」をインしました。
これは、もう考えなくても、身についていますね(笑)
早速、洋画の吹き替えの台本を頂き、初見で「はい、やって~」と言われまして(笑)
「きた~~~~~!」とワクワクする私。
久しぶりのマイク前にさらにワクワクしながら「姿勢」をインしました。
この「姿勢」は(詳細は省きますが)APHでし か学べない大事な要素です。
「お産のシーン」を演じるのですが、下半身の○○を意識し、上半身の○○を意識し、身体でセリフを回していきました。
まさにボディーボイスです!!
役を練りこむ時間はこれっぽっちもありません。
映像を一度見て、役、物語、シーンの意図、雰囲気、呼吸、まあ全部ですね(笑)全てを捉えます。
そこで、ポイントとなるのが、APH講義で学んだ「中心」です。
オーディションでも現場でも「ここ」が大きなポイントです。
今、自分はここに何をしにきてるのか、
それはまさに自分の魅力という欠片を置いてくることです。
どうしたら、それができるのか・・・
APHでは具体的な方法が有 ります。
ここがわかっているだけで、全く意識が違います。
ここは秘密だらけなので、詳しくは触れませんが、本当に一生ものです。

私はこの瞬間、溜まっているエネルギーをどーんとその役者の情動に焦点を絞って、爆発させました。
結果、講師の方から沢山人数がいる中で私だけに「うん、及第点には達してるね」というお言葉を頂きました。
やはり、「APH」の技術は、現場で使うためにあるのです。
「あ~~~楽しい!!現場に出たい!!」強く強く思いました。

レッスン直後、その様子を隣で見ていらっしゃったマネージャーと社長からお声をかけていただき、
「うちに来てほしい」と言われまし た。
それは、「いきなり所属は厳しいけれど、どんどん現場に出すから結果を出してね」という意図でした。
私も、そこの事務所の方針を聞き、素直に「いいな」と感じたので、まずはそこに行ってみる事に決めました。
まだまだこれからですが、ようやくスタートできる環境を持つことができました。
本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
APHで学ぶ「技術」を適用し、どんどん現場で爆発させていきたいと思います!!

これは必ず繋がる。未来に繋げる!

現在、私は某事務所の準所属としてレッスンを受けるのと並行し
映像●●●アカデミアにも通っています。

週替わりで講師の方が変わる中、今回はドロンジョ様、初代のび太君役で 有名な
小原乃梨子さんにみていただくことができました。

題材は、夏目漱石の「夢十夜」。その第三夜の朗読です。

初見原稿なので、まずざっと目を通しますが
現代の仮名遣いと違って読みにくいものが多々でてくる。
内容も簡単ではありません。

レッスンの最初に小原さんが
「ここは自分が思ったことをやる場。それに関しては、良いも悪いもないのよ」
と仰ったことを思い出します。

その時、私は思いました。
「今、個人レッスンで稽古していることをやろう!」と。

今のところ、代表に教えていただいたことの「0.1」も出来て いない。
それは自分の日々の稽古で嫌と言うぐらい分かっている。
でも、やってみよう、やってみたい!試したい!
だって、ここは私にとって仕事なんだからと思ったんです。

収まりきらない●●を、出来ないなりにも丁寧に着陸させる!!
ここは●●●だ!
テンポも●●●●●●読みにならないように情動に合わせて…と読み進める中で
必死だけど楽しい瞬間が何度もありました。

正直、どんな風に伝わったのかドキドキしました。

終わったあとに小原さんが
「素晴らしい朗読だったわ。テンポも間も文句なしでした。ね?良かったよね?
みんなも○○さんを お手本にして読んでみてね。拍手!!」と絶賛してくださりました。

小原さんを含めクラスメイト全員からもらった拍手は、絶対忘れないし
絶対に今後の自信につながると思います。

そしてAPHで稽古していることが、やっぱり本物だった!と実感すると同時に、
今ならっている技術を使いたいのなら中途半端は許されないんだとも思いました。

やりたかったこと、知りたかったことの答えが、APHにはあるんです!
あとは自分次第。

今回、小原さんが仰っていたことで心に刺さった言葉が
昔はみんなで作品の意図を考えて相談しながら創れていたけれど
今は時代が違う。それより、それなりのものを早く出さないといけないのよね。
だから、上手い新人さんがたくさん増えたんだと思う。
でも、昔を知っている私たちにしたら、この流れは淋しい。ということでした。

そのお言葉を聴いたとき、
一時代を築いてこられた大先輩に、こんな風に思わせてしまったことに
申し訳ない気持ちになりました。

だからこそ、王道を突き進むと決めた私は
APHで稽古している明確な技術をもって、ひとつでも多く仕事をして
大先輩たちが大切にしてこられたものを、バトンとして受け取りたいと思います。無くさせません、絶対に。

私がどうしていきたいと思っている 方向にいらっしゃる大先輩に認めていただいたことを、しっかり噛みしめて
でも浮かれるでなく、しっかり次の現場に向けて稽古したいと思います。

あの時、手紙を送っていて本当に良かった

今の事務所は、自分にとって三つ目の所属事務所です。

前の事務所は考え方の違いで退所しました。
その前、自分にとって初めての事務所は
自分のバカな失敗で迷惑をかけ首になりました。

先日、一つのレギュラーが終わりました。
共演者には、自分が首になった事務所の方もいました。
現在はそこのマネージャーさんとも普通に話すことができ、季節の挨拶なども送っています。

この作品で自分はかなりいい役で参加させてもらっていましたが、
会ったこともないディレクターMさんの仕事になぜ自分がこんな良い役でキャスティングされたのか?
全くわかりませんでした。
それが最終回直前にそのディレクターMさんと飲んでいる時、知る事ができました。

自分にとって初めての事務所、
自分が首になった事務所のマネージャーSさんが
「面白いヤツがいる」
と、自分を推薦してくれたからでした。

この作品のキャスティングをしていた時期は、
自分が首になってから十年以上経ち、
今の事務所にいた頃だと思います。

APHに入ってからは8年目くらいでしょうか。

この二つ目の事務所に入る際、
APH代表に相談させて頂きながら
最初の事務所に手紙を送りました。

「これは業界に戻るために絶対に外してはいけない筋だ」
と代表に言われ、ビビりながら必死になって書きました。
かなり不安定な精神状態で、
今思い出すと恥ずかしい限りです。

この事の重要性を自分は全く理解していませんでした。
今もまだそうだと思います。

しかしキャスティングの事をディレクターから聞いた時、
あの時の手紙がなかったら首になった時の悪い関係性を引きずったままだったろうと思います。

まさか首になった事務所のマネージャーが自分を推薦してくれるとは、
夢にも思っていませんでした。
正直あり得ない。

最終回後の打ち上げで、自分を推薦してくれたマネージャーSさんに話しかけ
感謝を伝え、なぜ自分を推してくれたのか、思い切って聞いてみました。

「良いと思ったから」
と、拍子抜けするくらいあっさり言われました。
自分は頭を下げてお礼を言う事しかできませんでした。
その後Sさんは明日が早いとさっさと帰って行きました。

あの時、手紙を送った後、
その事務所の方々との関係性がとても良くなって行きました。

現場で会って挨拶をすれば、自分を知っているその事務所の先輩は
「久しぶり」
と、ニヤリと笑いながら当時と同じように話してくださいました。

自分を知らない方も、自分について何かを言われた様子もなく普通に話ができました。

そしてあのマネージャーSさんとも気軽に挨拶して世間話ができるようになっていました。

本当に、文字通り、有難い事でした。
感謝しかありませんでした。

二つ目の事務所に入る時、
今の事務所に入る時、
そしてこの作品のキャスティング。

自分の人生の重要なポイントでいつも、
APHで教わった技術と代表のアドバイスがありました。
結果、奇跡のような事が起こり良い方向に変化する事ができました。

有難うございます。

APHという団体に入れた事を改めて、有難いと思いました。
ここに誘ってくれたTさんに感謝。
そして改めて代表に感謝です。
本当に有難うございます。