全力新連載「プロになるまでの全て!」Tさん編01

女性声優 T さんをご紹介します。

女性として最初に登場してくれるのは、声優Tさんです。

彼女は元々、プロのミュージカル女優として、
活躍していた女優さんです。
常に1000名程も入る観客達を前に、
7年間もの長い間、常に主役を務めてきた人です。

色々あってミュージカル女優から声優に転身し、

今でこそ外画の吹き替えでは、ホラー映画の主演を務め、

最近では、ついに念願であった
難関の化粧品会社テレビCMナレーションをGET!するなど、
カッコイイ女性の代弁者として、目覚ましい活躍を始めています。

一方で日本語の美しさを買われ、大変にお堅い
日本政府官公庁のVPナレーションにも抜擢されています。

これも製作者側に大変好評で、こちらも、
レギュラーナレーターとして、常に指名がかかる様になりました。

また、プロの声優達の中から、さらにオーディションで選ばれる、
某大手声優事務所のキャスティング選考会に、
30名中わずか5名という難関を潜り抜け、ピックアップされています。

みなさんに、こんな風に紹介すると順風満帆の様に聞こえますが、

特にミュージカル女優から、声優に転身する間の3年間の彼女は、

それはそれは、とんでもない試練の連続だったのです。

私は、その試練の時間を共に歩みましたが、
まさに底なし沼に引きずり込まれて行く様な感覚がありました。

様々な、ワークショップ、面談、紹介、最終選考、etc・・・

彼女は不屈の魂で果敢に動き回り、様々なチャンスを作るのですが、
全てのサイクルが、後少しのところでダメになるのです。

ダメ!ダメ!ダメ!ダメ!ダメ!

丸3年間、彼女は、本当に暗い闇をさまよい続けます。

しかし、彼女はくじけませんでした。
それは、声優という仕事が、本当にやりたい事だったからです。

彼女は決してくさらず、常にターゲットを創造し、
日々の稽古に打ち込みながら、持ち前のガッツで行動し続けました。

その結果、天はついに彼女に、微笑んでくれたのです。

現在では「新しい大きな波」に乗って、生き生きと仕事を積み重ねています。

APH代表 茂 賢治

 

 

 

 

ある日、本屋さんで
「声優グランプリ」という雑誌に出会いました。
そこでは声優さんが顔を出してモデルとなり、インタビューを受けていました。

中学生の私は、まんまと感化されていきました。
外見が微妙でも声優ってアイドルみたいに何でもできるのかと。
(…大変申し訳有りません。でもここは正直に)

漠然と声の仕事いいなあと憧れを持つのと同時に
そういえば私、アニメも好きだった、歌も好きだった、舞台も好きだった、
あっ私NHKの歌のお姉さんになりたかったんだっけ・・などなど、
全部自分の容姿が理由で諦めていた夢が再度膨らんでいったのです(笑)

単純です。

当時は本気ですから(笑)必死に声優特集雑誌を読み漁りました。
お陰様でアニメではなく声優さんに詳しい隠れ声優オタクになりました。

有名な声優さん同士が対談している分厚い本には
色々厳しい事が書いてありました。

声優になれるのは1万人に1人だ、
声優は役者なんだ、
声優は本来裏方なんだ、
ブームが終われば消えていく、

そんな言葉に触れるたびに
私はどうやったら消えないで声優として居られるんだろうか、、
やっぱり劇団に入って舞台で経験積んでそれから声をやるべきなのか、、
そんな事まで考えあぐねる中学生の私でした。

高校入学後は袴に憧れて弓道部で青春を謳歌しました。
部活と勉学どちらも力を入れて取り組んでいましたが、
相変わらず、声優という夢を追いかけていて、、といいながら、
実は声優アイドルという何でもできる立ち位置を求めていました。

「アイドルになりたい」「女優になりたい」と言ったら外見の問題が出て来て、
急に自信がなくなり自分でも無理なような気がする。
でも、「声優アイドル」だったら、なんかできそうな気がする(笑)
顔じゃなくて、実力をつけたらいいんだもん!!

NHKの教育テレビの番組がやりたい、
大きい舞台に立ちたい、
歌も歌いたい、
声優としての仕事もナレーションも吹き替えもアニメも全部全部やりたい、
売れっ子になりたい、
そして、、、声優アイドルになりたい!(恥)
でも消えたくない!
だから声優としての実力をつけて、
ブームに流されない役者になるんだ、、
みたいな(笑)


高校2年の冬で弓道部を引退し
受験生としての自覚を持つようになりました。

友人達が進路を決めかねている中、
私はテコでも動かない硬くて明確な夢があり
とても珍しがられました。
周りの9割は現実的に物事を考えていて、
大学に行く事は当たり前で
その後は安定した職業に就こうとしていました。

私も本当に役者で良いのかを何度も自分に問いました。
すると急にわからなくなり不安になりました。

だから最もらしい理由を探そうとしました。
例えば感動を与える立場になりたいとか偉そうな事を見つけては、
そう思い込もうとしました。

理由がないと不安でした。

でも本当は単純に自分がやりたいだけ。
私が好きだからやる。
目立ちたい。
人気者になりたい。
ただそれだけでした。

でも認めたくなくて、
「それで良いはずがない!」
と頭の中がぐるぐるしてきて、
わからなくなって、もういいや!を繰り返していました。

とても視野が狭く、頑固。もう決めたら一直線。
周りが見えず欲望に従って行動していました。

 

 

高校三年生になり
(何にもお芝居の事がわかってない)私は
劇団四季のライオンキングを観て多大な影響を受けました。

小学六年生の時に新宿コマ劇場で心を奪われた
あの「ミュージカルシンデレラ」と重なる部分が何箇所も有り
再び心を鷲掴みにされました。

私も舞台に立ちたい。
声優という裏方ではなくて、前に出てお芝居がしたい。

コンプレックスから声優アイドルという立ち位置を見つけた私は初めて
「正々堂々と女優を志してもいいのではないか、、実力をつければ良いんだから」と
気持ちが変化していきました。

早速、親を説得して劇団ひまわりに入団しました。
高い入所金は親に出してもらい、
毎月の月謝は払える時は私のバイト代で払っていました。

劇団ひまわりを選んだ理由は、
歌とダンスとお芝居と全て出来る事と、
金銭的な問題と、
有名だから親が安心する場所だろうと思ったのと、
少しでも夢を現実のものにしたいと考えたからです。

高3の夏。
NHK連続テレビ小説の「ちゅらさん」という
その頃とても流行っていた番組のエキストラ募集がかかりました。
エキストラだし学校にはバレないだろうとタカをくくって参加すると、
運悪く(運良く笑)主役の国仲涼子さんの後ろの席に
自分の学校の制服を着たまま座らせられ、がっつりテレビに映ってしまいました。

放送日、担任から呼び出しがかかり、
「お前は何やってるんだ!」と注意されました。
進路面談で担任に
「私は役者になりたいんです」と告白すると、
沈黙が起こり、空気が凍りつきました。
しばらくしてから先生は
「お前はこの学校に何しに来たんだ」と私に告げました。

一方で、母も私には大学に行って欲しいので、
家では毎日喧嘩をしていました。

私も頑固なので、
私:自分は大学になんか行かない!
母:あんた役者なんかで食べられるわけないでしょ!
私:なんでそう決めつけるのよ!
母:わかりきった事でしょう?

こんなやり取りがずっと続き・・・・
挙句の果てに泣きわめいて反抗していました。
母とはしばらく口を聞いてもらえない日々が続きました。

 

 

「プロになるまでの全て!」Tさん編 記事一覧