外画吹替のお仕事!ディレクターによって違うこと

今日も外画です。

最近やっている「舞台芝居としてエッジをつける」を
今回もやってきました。

もっと普段喋ってるようにやって
とかなり厳しくダメ出しをされました。

今日のディレクターさんはもともと大袈裟にしたり、
吹き替え元より大きな芝居を好まない人でした。
たぶんいろいろ言われるだろうなとは思っていました。
しかし

「そういう吹き替えの中にしかいないような
芝居は撲滅しないとダメだ」

とまで言われるとは思いませんでした。

本役では映像より少し大きく芝居をつけてみました。
やはりそれを指摘されたしたがすぐに抑えめにしてOKが出ました。

問題はガヤの部分です。
街の住人の会話で思いっきり大きくやってみた所、
どうも逆鱗に触れたようです。

そんな喋り方の人はいない、普段通り喋ってと言われた後、
そんな芝居をなくしていかないと吹き替えに未来はないと、
5分くらい興奮してダメ出しされました。。

その後、やっていた事を全てやめて普通に喋った所
「それで良いんだよ」
とOKが出ました。

確かに自分の作り方もクオリティが高いとは言えなかったのですが、
まさかここまで言われるとは予想外でした。

しかし以前は「もうちょっと押さえて」「もうちょっと大きく」と、
「もうちょっと」しか言われなかったのが
完全にNGが出るくらい大きくエッジをつける事が
できたのは良かったと思います。

「なんとなく」「これくらい」というあやふやな基準ではなく、
「ここまで」というハッキリとした
線引きができたのはとても大きかったと思います。

自分はこうしたい、こうだ、これが良いと思う
というハッキリした形を提示する事を
現場で見てきた先輩方はやっていたように思います。
以前、飲み会で
「今のうちに自分の立ち位置を作っておけ」
と言ってくれた先輩がいました。

その方も現場で自分を明確に提示して
そこから立ち位置を作ってきたのではないかと思います。

だいぶ遅くなりましたが、
自分も自分の立ち位置を作れるように
現場で挑戦していきたいと思います。

TVCMのお仕事!キャラの濃いかぶりものでの出演でした

TV CMの撮影に行ってまいりました!

シリーズ化されている、ある企業CMで、
今回は、アクションも盛り込まれた
とても大掛かりな撮影でした。

私は、派手なアクションでの戦いを
後ろの方で見て、リアクションをとっている人物の役です。

この役は「かぶりもの(カツラ)」をする役でした。

かぶりものをして、メイクもして、
かなり、キャラとしては濃いです(笑)

1日目は、リハーサルでしたが、
主演の役者さん以外で撮影できるシーンは
どんどん撮影していきました。

2日目に、主演の役者さんが入られ、
撮影が行われていきました。

アクション専門の役者さんも入られて、
とても大掛かりなアクションのシーンが続きました。

私は、アクションの演技はせず
ところどころで、それに対して
リアクションをとる人物の役でした。

メインはアクションですが、
後ろでリアクションをとっている人物も、
CMの世界観で大事な要素です。
エネルギーをしっかり出しつつ、丁寧に演技をしました。

今回の主演の役者さんは、ベテランの方でしたが、
1回のテイクで決して満足されることなく、
何回もテイクを重ねて演技をされていたことが
とても印象的でした。

私も、1つの表現で満足するのではなく
常により良い表現を目指して、工夫を重ねないといけない、
と改めて感じました。

今回「かぶりもの」での、お仕事をさせていただきました。

自分の方向性に合ったお仕事をさせていただくことが
できるようになってきていることは
とてもありがたいことだと思います。

この流れに乗って、引き続き、良い仕事をしていきたいです!!

企業VPキャラクターナレーションのお仕事!

本日、某家具店のキャラクターナレーション収録でした!

こちらは、おかげさまでボイスサンプルオーディションで決まったお仕事です。

現場ではクライアント様から
「とにかく元気に!」というとてもシンプルなオーダーを頂き、
とても嬉しく有難い気持ちになりました。

というのも、
今ちょうどAPHで稽古させて頂いている
「明るさ」がそのまま使えるからです。

自分の中心から湧き出るエネルギーをセリフに乗せる。
そして、その呼吸から生まれるキャラクターのリズムを感じる。
もちろん、ボディボイスで◎◎に響かせる。
この点を意識して臨みました。

内容は少し堅苦しい説明で、
普通に読んだら堅実なナレーションで終わってしまうのですが、
キャラクターを通して句読点の位置を呼吸で変えてみたり、
少し世話落ちにしたり等、
自分なりに工夫することで、自由度が高くなり、
伸び伸びと収録することができました。

いつも、お堅い文章ばかり読んでいるので、
今回は思い切り弾けて遊んできました(笑)

APHで稽古していることがそのまま現場で使えるので、
本当に有難いです。
これからもどんどんキャラクターナレーションのお仕事を
していきたいなと思います!

外画吹替のお仕事!企みを持っていく

今日も外画です。

今回はゲストで主人公の行動によって人生を狂わされた男の役です。

今、日曜セッションで演技の基本とも言える
舞台役者としてハッキリとした芝居をやっています。
いろいろ勘違いしていて時間がかかりましたが、
ようやく方向が見えてきました。

今回の現場でもこれを実践しました。

「あ、なるべく舞台芝居っぽくしないで」

今回の現場では合いませんでした‼︎

内容は結構激しいシーンもあって
舞台芝居でメリハリつけると行けると思ったのですが、
他のシーンではメインキャストが基本的に自然風で静かな台詞回しでした。

そっちに合わせるべきだったか。

という訳で芝居を切り替えて無事に終わりました。

やる事がハッキリしていると、
それをやらない事も分かりやすくできました。
今日のディレクターに呼ばれた時は、
結構リテイクがあり時間をかけてしまう事が多かったのですが
今日は舞台芝居をやめる事以外何も言われずスムーズに終わりました。

リテイクを出さない事が全て正しい訳ではないですが、
今回は脇役として必要な事をキッチリできたので
リテイクなしにスムーズに終わったのではないかと思います。

柔軟に素早く対応する能力というのは、
どこで何をどうするのかを具体的に意識的にやっていて、
それをいつでも出し入れできる事なのか
と感じました。

特に具体的に意識的にというのがないと、
コントロールできません。

養成所でお世話になったDさんが
現場には必ず一つは企みを持って行け
と言っていたのはこの事で、
セッションで言われている武器という言葉と
繋がっていたのだと今頃気付きました。

時間がかかり過ぎましたが、
次の現場でも企み、武器を持って行きたいと思います。

ナレーションのお仕事!決め台詞で盛り上がる

東京都オリンピック・パラリンピック関連のナレーション収録に行って参りました。

3分程度の動画、2本録りです。

当日はクライアント様が6名立ち会いされ、賑やかな現場でした。

オーダーとして、「明るくさわやかに」お願いします。とのことでしたので、
テストで、APHで稽古している◎◎◎を使って音を響かせていきました。

おかげさまで「つかみはOK」となり、そのままブロックごとに収録していくことになりました。

一番最後に「決め台詞」があり、
ディレクターからも「明るくお願いします!」と指示が有ったので、
迷わず、楽しい気分で決めたところブースの外で拍手が起こりました。

とても気に入って下さったようで、
もう一方の原稿にはその決め台詞はなかったのですが、
「そっちにも決め台詞いれましょう!」とその場で原稿が書き換えられました。

今、APHの芝居で「明るさ」を追求して稽古しているので、
こういった一言のセリフに適用することができて良かったと思いました。

さらに私がブースから出ると、
クライアント様達が拍手で迎えて下さり、すごく有難い気持ちになりました。

今、宅録の方でも多くの依頼を受けておりますが、
1回1回を丁寧に取り組むことでリピートにつながることを実感しています。

自分の課題として、助詞の納め方や音の安定性を
もっと稽古したいっっと思っておりますが、
沢山の案件を依頼頂き、今時間がありません。。

だからこそ、1回1回の現場で、
より集中し、バシッと決めていきたいと思います。

外画吹替レギュラーのお仕事!ナレーションの新しいラインへの挑戦

今週も外画です。
今回で最終回。
コロナの影響でスケジュールがズレにずれて
いろいろ大変でしたがなんとか最終回まで来ました。

ここ最近セッションで習った上のポジションによって、
怒涛の説明ナレーションをテンポ良くやっていました。

最後も説明が多くて上のポジションでやって行こうとしたのですが、
途中で違うラインになってしまいました。

ストーリーとしては全てハッピーエンド、
とは行かないまでも問題が解決して
なんとか日常を取り戻したといった内容です。

それを軽快なリズムで説明するのですが、
役として、演じている人間として、
いろいろな感情が乗ってラインがずれたのです。

ずれた先は今まで使っていた自分にとっての下のポジションでした。
家での稽古ではこのラインになる事はありませんでした。
しかし現場でやっているとラストのナレーションになって
急激にそこに向かってラインが変わってしまいました。

焦りました。

何とか上に戻そうとするのですが、
テストから本番になっても全く戻りませんでした。
OKは出てのですが、
やろうとしたラインから完全にズレたので良かったのか自分ではなんとも言えません。
最終回の最後の最後のセリフなのでいろいろ想いは乗ると思うのですが、
そこでいつものラインになってしまうのはクセになっているからなのかと思います。

悪くはない、と思うのですが
ここから新しく使おうとするポジションでもう一つ得意なラインを作りたい所です。

外画吹替レギュラーのお仕事!ドラマ内のナレーションも声のポジションを意識して

今日も外画レギュラーです。

シーズンも大詰めになりました。
この作品、たまに重要な展開もナレーションで説明して
先に進めてしまう事があるのですが
前回に続いて今回もそれがたくさんありました。

その説明をするナレーションの担当は自分です。

いろいろ詰め込み過ぎているせいか、
ナレーションのテンポが速い。
最近のドラマの展開の速さもあって一つ一つじっくり説明されません。

もともと早口なのもあり感情的なセリフならそこまで苦労はしないのですが、
あくまで説明といった感じの内容です。
稽古でちゃんと内容を伝えながらテンポよく進めるのに苦戦しました。

ここで力になったのはやはり姿勢でした。
真っ直ぐに立ち、無駄な力を抜き、
自分がよく使う低めの音とブレスのポジションではこのテンポに乗りづらいので、
最近セッションで教わった上のポジションを使います。

深く膝を曲げて大きくジャンプしようとするのが普段の自分ですが、
このポジションは小さくテンポ良く連続してジャンプする感じでしょうか。

音も低めから自分にしては高めでハッキリした音になります。
そのポジションでスピーディーに流れるセリフに乗って喋りました。

自分がAPHに来る前に喋っていたポジションに近いのかもしれません。
当時は喉の負担で声が出なくなったり声量が圧倒的に小さかったのですが。

このポジション、言葉の一文字ごとに音階や踏ん張る力加減などが
普段よりハッキリ感じられる気がします。
自分は基本的にブレスを大きく使って抜いているので、
ここまで一文字ずつコントロールができていなかったように思います。

全体の流れで緩やかな波のように喋るのが好きだったので
意識的にやっていましたが、
最近の稽古ではそれがクセになり一文字ごとに
繊細なコントロールができなくなっているとも感じていました。

このポジションで自分が今までやっていた事との違いを感じる事で、
弱点がよりハッキリ感じられたように思いました。

テンポ良くナレーションを進めていくと、
所々に文章量が少なく急激にペースがゆっくりになる所がありました。
原音は特に芝居も変えていないし、
英語ではビッシリといろいろ喋っていました。
翻訳の都合か???と思いつつ、
ここは普段の自分のポジションを使いゆったりと進めました。

ポジションを変えると自分でも分かりやすくペースを変えられて驚きました。
次の収録でもこのポジションを上手く使っていきたいと思います。

外画吹替レギュラーのお仕事!自分同士での会話

今回も外画レギュラーです。

今日は自分の持ち役以外に二役あり、
自分同士で会話するシーンばかりでした。

それぞれの演じ分けに加えて言い争いばかりだったのでテンポも早く、
さらに吹き替え元の映像もテンポを上げるため
役者の息継ぎなど細かいところをカットしてありました。

早い。

割と早口なのは得意なのですが、
それにしても早い。

その早いセリフの中で繊細にハッキリと感情の変化を見せていかないと。
今まで自分なりに姿勢をやってきて本当に良かったと感じました。

最近教わっている部分を使って、
少し高めの音でブレスを上の方でキープして支え、
早いテンポの間に細かく息継ぎをしていきました。
少し間が空く所は深く低くブレスを入れて音も低く変化を付けます。

意識的にやってはいましたが、
今の自分ではこうしないとメリハリや息継ぎが上手くいかなかった、
と言うのが近い気がします。

少し前の自分ならたぶん酸欠でクラクラしていたと思いますが、
今日の自分は体力の消耗は激しかったのですが、
息苦しさは全くありませんでした。

そして大きく変わった部分は肩首周りの筋肉がほとんど凝らなかった事です。

セリフの量と肩首周りの凝りは直結していたのですが、
それがほぼなかったのです。
これは自分の中ではとても大きな変化でした。
今日の姿勢はスタンスはかなり狭めで、
頭まで真っ直ぐになるよう気をつけました。

前や後ろに傾くと単純に肩首が凝るからです。
その真っ直ぐな姿勢を中心に動いてはいたのですが、
首だけでなど部分で動かず出来るだけ全身で動くようにしました。
この感覚、今後も上手く使っていけるようにしたいです。

しかし帰り。
何か背中や鳩尾周りに少し筋肉痛が…
まだまだ鍛え方が足りない事も痛感しました。

外画吹替レギュラーのお仕事!他のキャラを真似る

今日も外画レギュラーです。

今日はなんか姿勢がスッとハマった感じがしました。

いつもは朝からいろいろ調整して、
本番中もズレた感覚を気にしたり修正したりしています。

しかし今日はあまり考えずスッと立ち、
固まらず芯が通ったように真っ直ぐ安定して立てました。
あまりの暑さに思考力が低下したのでしょうか…

今回は持ち役に死んでいた他のキャラクターが乗り移って喋る、
という特殊なシーンがありました。
その他のキャラクターには当然声を当てていた他の方がいるので
真似をしなければなりませんでした。
今回はそこにかなり集中していたのもあり、
余計な雑念が飛んだのもあるのかもしれません。

普段から現場では集中しているつもりですが、
周りの役者、マイクの位置、そして姿勢。
必要な事なのですがまだまだ意識が散漫で集中できていないのかもしれません。

家での準備を現場では意識しなくてもできるくらいに、
身体に染み込ませて行きたいと思います。

WEBCM動画ナレーションのお仕事!音に乗せる

某保育施設のWebCM動画ナレーション収録に行って参りました。

こちらは指定のボイスサンプルを
お送りしてオーディションで受かった案件です。

この施設では、海外の教育方針を取り入れており、
幼少期から英語も学べるように外国人講師と触れ合う機会を設けています。

頂いた動画を見る限り、とてもおしゃれな印象を受けました。

なので子供っぽさを強調するよりも、お母様に親しみを感じてもらえるような
ナレーションにしたいと思い取り組みました。

ディレクターからも「感じ良くお願いします」というオーダーでしたので、
母音を膨らませていくのと同時に、
暖かさを意識して姿勢を整えて収録に臨みました。

また映像から伝わる雰囲気を女優として捉えて、気分を上げていきました。

姿勢は今、セッションで教わっている●の技術を使うようにしましたが、
まだまだです。

ただ以前よりも重心が感じられるようになっているのがわかりました。

私の好きな子供向けのジャンルではあるので、
その楽しい気分が音に乗っかったのではないかな?とは思います。

しかしさらに上に行くためには、●を信じて、●に当てていくことが必要です。

得意なジャンルの原稿でのびのびと収録はできましたが、技術不足を感じます。

クライアント様からはとても喜ばれ、一つ置いてこれたとは思いますが、
さらに想いを音に乗せていくために稽古して参ります。