現場でNさんとご一緒させていただきました!!

感激しました!!

自分が初めてアニメーションという物を意識した作品に出ていた
Nさんに現場でお会いしました。

現場に入って準備していると、
年配の男性がスタジオに入って来ました。
挨拶すると
「Nです。よろしく」
と気さくに挨拶を返して下さいました。

Nさん?
劇団系の方かな?
自分は誰だかわかりませんでした。

アニメでは、台本が上がった段階では
メインキャスト以外が決まっていない事がよくあります。

そのため香盤表がメインキャスト以外空欄になっていて
配役が決まった後、その台本を渡される役者の名前だけ
手書きで書かれたりしています。

そんな状態だったので誰が来るのわからなったのです。

Nという苗字もよくあるもので特に気にもしていませんでした。
そして収録が始まり、
Nさんがマイクの前に立ち喋り始めると…

震えました。

30年近く前、自分が小学生の頃
学校が終わると急いで家に帰って見ていた大好きなアニメ
その主人公の師匠だったキャラクター。

その声が、あの頃のまま、全く衰えず
聞こえて来ました。
そこで初めて気付いたのです。
「あのNさん」だと。

スタジオの長椅子、その角の席
そこに座るNさんのすぐ横に自分は座っていました。

テストが終わると、自分は改めてNさんに挨拶をしました。
話がしたくてしょうがなかった。
現場で、収録中ですが我慢できなかった。

「あの作品が大好きでした」
「お会いできて感激しています」と。

Nさんは
「そうですか」
と嬉しそうに笑って言って下さいました。

それから本番が始まるまで、
当時の収録の話、最近のアニメの話などを
とても気さくに話して下さいました。

嬉しかった。
そして緊張してきました。

このNさんの前で芝居をするのです。
下手な芝居は見せられない。

自分はNさんとの会話はないものの、
Nさんのセリフが終わってすぐ次のシーンで喋り始めます。

そのシーンの切り替わりまでのほんの数秒間、
マイクの前に並んで立つ事ができました。

嬉しかった。

自分はこのシーンに出てくる子供の父親役で
野生動物を保護した子供に自然の厳しさを説く
という役なのですが…

「ちょっと厳しすぎますね」

いかん。

非常に良い緊張感で身体の力が抜け、
音も芝居も手応えがあったのですが…
気負いすぎた。

良い所を見せたかった。
とりあえずリテイクでOKをもらいました。
悔しい。

そしてNさんの後半のシーン。

衝撃を受けました。

こんな風に攻める事ができるのか。

自分はヒーロー物作品で賑やかす役をやっていて、
セリフの言い回し、テンションの上げ下げを駆使して攻めた芝居をしていました。
していたつもりでした。

それで最終回に上手くいかず、
攻めと守りを両方適切にできないといけないと感じました。

しかしNさんは全く違う。
攻めていました。
そして同時に守ってもいました。

なにも変わった芝居はしていない。
自分には新しく聞こえる表現もないように聞こえる。
しかしただただ徹底的に丁寧でした。

語頭、語尾、抑揚、喋り始めから終わり、その間、後まで、
とにかく極限まで丁寧に演じられているように聞こえました。

極限まで丁寧に演じる事で、
シーンの筋をしっかりと支え守り
同時に攻めているように聞こえたのです。

衝撃でした。

こんな攻め方ができるのか!?
守りながら攻める事ができるのか!?

変わった事をしていないのにとてつもない存在感がありました。
ああ、APHで教わっている技術を丁寧にストレートに使うとこうなるのか。
改めて理解しました。

本番のセリフでほんの一瞬、
Nさんが言い淀んだように聞こえました。
ディレクターからOKが出たので自分の聞き間違いかな?と思ったのですが、

「もう一度やらせて下さい」

とNさんが言いました。
Nさんは全く手を抜かない。
また徹底的に丁寧にリテイクを演じられました。

ヒーロー物の来シーズン。
Nさんのように守りながら攻める事を目指したいと思います。

王道ファンタジーのCGアニメのお仕事に行ってきました!!

王道ファンタジーです!!

海外のものですが王道ファンタジーのCGアニメに行ってきました!!

子供の頃からアニメ・ゲームで親しんだ剣と魔法の世界。
原作が海外の童話だそうで基本子供向けで複雑な人間模様はありません。

悪党の悪巧みもいたってシンプル
難しいストーリーは何一つありません。
だがそれが良い!!

自分の役は村人や主人公を襲う暗殺者など。
最近思い至った足場を守る、という事をやるにはうってつけの現場でした。

脇役は世界観を作る重要な役です。
どうしてもメインキャラに目を奪われますが、
物語の輪郭を作るのは脇役なのだと思います。

その脇役の喋り方・雰囲気が、その世界の空気を作り出し
その土地の広さ・土の匂い・国の規模などといった世界観を
視聴者に感じさせるのです。

とある有名アニメがリメイクされた時、
メインキャラ以外の脇役が全て変わり
世界観が全く違うものになってしまったのを実際見たことがあります。

だから足場を守るという意味では脇役が大変重要だと思うのです。

例えば暗殺者はより暗殺者らしく。
とくに童話ベースの子供向けなのでわかりやすいというのは大切なことです。

町人と村人ではそれぞれ生活する範囲や文化が違うので、
村人はやはり田舎っぽく素朴でおおらかに。
町人はやや都会的に少しかしこまってみたり。

正直、脇役でもやれる事がこんなにあったんだなと改めて感じました。

特に今回はメインキャラを演じる役者がみんな若い。
何とかセリフを喋っている感じでした。

その人達が自由に、思い切って演じられるよう
しっかりとした足場になる事を心がけました。
手応えはあったと思います。

ここまで足場を守る事を意識した事は、
情けない事にありませんでした。

そういう意味でとても勉強になった現場でした。

VPナレーションを2本録ってきました!!

今回も、いつもご指名いただく制作会社からのお仕事で
「VPナレーション」を2本録ってきました。

一つは前回録った文章をアレンジしたものでしたので、
変更したところだけ読むといった感じです。

事前にブレスのチェックを行って、
APHで○の秘密を教わっていたので、言いにくい言葉も見事すり抜けました(笑)

ただ、私は今「U」が言いにくいという事が個人レッスンで判明したばかりだったので、
現場で「本当だ・・私Uが苦手だ・・」とUで始まる文章を読む度に実感しました。

「U」の出だしをもっと揃えて出せるように稽古したいと思いました。

もう一つは、企業がAIを導入したらどう役に立つか・・
といったような内容の文章でした。

結構お堅い感じの文章がつらつら続きます。

文章も映像に合わせて作ってあるので、一文が長く、
途中でつっかえてしまうとその一文を録りなおすので、
結構神経を使います。

ブースはとても狭いので、熱が溜まりやすいです。

なので、1時間程でドアを解放して休憩を入れ替えないと、
呼吸するのが大変なブースです(笑)

私が噛むと、「あっ休憩いれましょうか?」という流れになります。

本音を言えば、私としてはやっぱりプロとしての意地で噛みたくないのですが、
熱が溜まってくるとボーとしてくるんですよね(笑)

なので、案の定、噛みました・・・・・。

って熱さのせいにしてしまいましたが、もっともっと読み込まないといけないですね~!!

でも、その休憩はスタッフさんの休憩でもあるので
「休憩おねがいします~(笑)」と返すのです。

ずっと一緒にお仕事をしていると何となく一体感みたいなものも生まれ始めています。

また、呼んで頂けるように一回一回丁寧に取り組みたいと思います。

ヒーロー物の外画を終えて考えたこと

ヒーロー物の外画が終わって一ヶ月ほど経ちました。

最終話の収録が
上手くいかなかった。

自分も含め全体のリズムが悪く、
セリフを噛んだり、タイミングを外したりと
どうにも乗れないまま終わりました。

悔しかった。

自分はこの作品が大好きです。
メインキャラを演じているからだけでなく
子供の頃から憧れたヒーロー物だからです。

その最終話が気持ちよく収録できなかった。
悔しい。

終わってからずっと原因を考えていました。
そしてボンヤリとある考えに辿り着きました。

自分の芝居が間違っていたのではないか?

自分の役はジョークを言い、おかしな行動をとるお調子者
チームのムードメーカーです。

もう一人同じ立ち位置のキャラがいたのですが
チームの参謀キャラと一緒にストーリーから外れていなくなりました。

チームの軸になる参謀キャラとムードメーカーがいなくなり
収録の雰囲気がかなり変わりました。

参謀キャラを演じていたのは、
自分が子供の頃からアニメで主役を演じていた大ベテランMさんです。
収録中はとてもリラックスして楽しそうにしていらっしゃいました。

Mさんが居なくなって改めて、
その存在の大きさを痛感しました。

土台がごっそりなくなったような感覚でした。
とあるボイスオーバーでも同じ感覚を味わった事があります。
ナレーションを読むベテランが別の現場に行っていて遅れてきた事があり、
その人がいないだけで足場がなくなったような不安感に襲われた事がありました。

今回もそれと同じ事が起こりました。

しかし中堅のSさんが、Mさんがいらっしゃる時から
同じように軸を取っていてくれたので
Mさんがいなくなった後も同じように支えてくださり、
なんとか崩れずにいる事ができました。

そして自分と同じムードメーカーのH君
彼は劇団所属の若手です。

劇団でとても鍛えられていて、
収録中もその合間も会話の潤滑油になるなど
気配りができる真のムードメーカーでした。

自分は彼のような気配りは正直できませんでしたが、
いじられることにより違う方向から潤滑油になる事が何とかできていました。

MさんとH君の二人がいなくなった後を
Sさんと自分が引き継ぎ何とか回っていたのです。

しかし残り3話というあたりでSさんが体調を少し崩されました。
腰が悪かったようで少し元気がなかった。
芝居にははっきりわかるような影響は出ていませんでした。

その辺りで何となく収録のリズムが悪くなり、
出演者のミスが増え始めました。

空気が悪くなった事を全員が気付いていたと思います。
自分はムードメーカーとして攻める事で盛り上げていこうとしました。

上手く行くときもありましたが、
最終話はそうはいかなかった。

攻めても攻めても盛り上がらない。
自分自信、焦りと空虚感が膨らみ冷や汗が出ました。

結局そのままシーズン最終話が終わりました。

そして考えた結果、自分の芝居が間違っていたのではないか
という考えに至ったのです。

シーズンが終わって一ヶ月ほど後、
APHの演技セッションのエバリュエーションがあり
代表の話を聞いている時にその考えは確信に変わりました。

自分はあの時、守らなければいけなかった。

それまではMさんとSさんが二人でガッチリと足場を作り、
H君と自分がその上で跳ね回っていました。

それがSさん一人で足場を支え、
自分が一人で跳ね回る状態になっていところ
Sさんが体調を崩し足場が揺らいだのです。

ベテランMさんがいない状態で唯一の足場であるSさんが揺らいだ。
それを助けなければいけなかったのは立ち位置的に自分でした。

今の自分ではこの現場では、足場を守りながら攻めることができません。
攻めか守りか、どちらかしかできません。

周りが自分よりもっと格下ばかりならできなくはありません。
しかしこの現場はほぼ同格から上しかいない。
この状態では両方はできなかった。

あの時、自分は攻める事を選択しました。
それで盛り上げる事ももっと実力があれば出来たのかもしれませんが
その時点では自分にはそこまでの攻めの力はなかった。

だから、自分は守りに回らなければいけなかった。
Sさんと二人で足場になり他の役者を支えなければいけなかった。

多分、この考えは正しいと思います。
だから収録のリズムが崩れたのは自分のせいでした。

悔しい。

今までは支えられる側だった自分が
ようやく支える側になる時が来たのにできなかった。

結果的にSさん一人に押し付けてしまった。

代表から常々言われている責任という言葉が浮かびました。

あの時の自分が取るべき責任は、
足場を守る事だった。

もう一段階上に行くために。
稽古をしていきたいと思います。

今日は海外アニメの吹き替えです!!

今日は海外アニメの吹き替えでした。

海外とはいえアニメの仕事は別の意味で嬉しい!!

しかし大変でした。

海外アニメは日本アニメに比べて表現が過激で、
とてもブラックなものが多い!!

それをものすごい勢いテンションとハイスピードな喋りでいじり倒し、
笑いにしていく方法は正直、
とても好きです。

今回何が大変かというと、
スタジオが狭くマイクが少ない上に、
マイク前の移動スペースもない事でした。

だいたいスタジオにはマイクが4本あるのですが、
小さめの所だと3本しかありません。
そうなるとマイクの入れ替わりが激しくなり、
慌ただしい!!

出演者が狭いマイク前を走り回っていました。

そして自分の「イテッ」という一言。
テストの時、マイク前は大混雑しています。
自分が入る予定のマイクの前にまだ人がいる!?

ヤバイ!!
と思い、横から頭だけ突っ込みセリフを入れました!!

なんでしょうか。
思ったよりスパッと声が出ました。

かなり無理な姿勢だったのですが、
手応えは意外に良かった。
これもセッション・個人レッスンで姿勢をやっているからか…?

しかし本番は一瞬出遅れました。
…無念。

結局その後、その一言だけ取り直しになりました。

この一言、ストーリー上重要なセリフではないし本番は別でも良かっ…いや
できなかった自分がいかんのです。

なんとも慌ただしい収録でした。

ボイスオーバー。基礎の重要性を感じました!

今日は某BS局のボイスオーバーです。
内容はある国の内紛を取材したドキュメンタリーで
とても硬派でハードな内容でした。

ボイスオーバーは基本的に、
ジャーナリストや一般人の言っている事を吹き替えるため
声優側の考えや感情を入れません。

トンデモ科学などの楽しい内容の時は
それを盛り上げる自由な芝居を使う事はあります。

今回は役者の私情を入れない固い内容でした。

この場合、ディレクターからの指示は
・ドラマチックにしない
・感情的にしない
・自然に喋る
あたりがよく出ます。

取材している人の考えはあるとはいえ、
見ている人に出来るだけ事実を伝えそれぞれに考えて欲しいからです。
ここで役者が感情豊かに演じてしまうと、
極端に考えを誘導することになってしまいます。

今回もそうでした。

自分は、取材される現地の人・他国の政治家・戦っている兵士と
それぞれに違う立場の人間を吹き替えます。

淡々と丁寧に言葉と内容を喋りつつ、
その人達の立場からの感情・考えを過剰にならないように乗せました。

このさじ加減が難しく、ディレクターとのやりとりで微調整をします。
仕事としてはこの作業が、楽しい!

内容は1ミリも楽しくない凄惨な内容ですが、
ディレクターとコミュニケーションをとりながら
芝居を作るのは楽しいのです。

手応えありです。
ここで個人レッスンの成果が出ました。

マイクに向かって真っ直ぐに楽に立ち、
ポジションの移動で音の高低を付け、
個人レッスンでやっている姿勢と身体の使い方を入れました。

安定した音で、柔らかく、力強く喋ることができました。
最近の中でもボイスだけなら会心の出来でした。

しかし基礎の恐ろしさを本当に感じたのはこの後でした。

メインのジャーナリスト役の方が喋れなくなったのです。

テストではとても腕のある人に感じました。
実際に海外ドラマなどの吹き替えなら
あのままOKが出たのではないかと思います。

しかし、
「抑揚をあまり付けず、自然に」
「力まずにもっと優しく」
とディレクターに言われていくうちに、
呂律(ろれつ)が回らなくなってしまったのです。

恐ろしい光景でした。

聞いていて良いと思っていた表現を全て剥がされると、
その人の基礎の弱さが出てきてしまったのです。

ゾッとしました。

改めて基礎の重要さを痛感しました。

VPナレーションの仕事に行ってきました!!

今回もVPナレーションのお仕事です。

株式関係の固いナレーションでした。

いつものことですが、原稿枚数50ページ・・・
当日の朝に事務所から受け取りました。

今の時代、こういうパターンはよくあるみたいです。

すぐに代表から頂いたアドバイスを活かして、あるポイントをチェックし、
向かう途中は、普段言い慣れていない言葉に違和感が出ないようにするために、
わからない言葉を辞書で全部調べて・・・・・(笑)

とにかく、短い時間の中で、どれだけ原稿と直面して準備するのかが
ポイントかなと思います。

それ以外は、いざという時、普段のものが出るので、
やっぱり普段からの準備(ルーティン)が大事なんだと思います。

現場に入った後はクライアントさんとコミュニケーションをとりながら、
集中してマイクに向かいました。

原稿の最後の方をまだチェックできていなかったのですが、
途中の休憩時間でチェックしようと決め、
焦らずそこにいることができました。

以前の自分はそこに注意が残って引っ張られてしまいがちでした。
やっぱり、何をするにも現時点にいることが大事です。

無事にお仕事を終えた時、汗だくでした(笑)
普段、私、汗はかかない方なんですけどね(笑)
それくらい必死だったのかもしれません。

今回のお仕事は、いつもお世話になっているご担当の方が、
別のご担当の方に私を紹介してくださり、
このお仕事に繋がりました。

やっぱり、今できる目の前の仕事を丁寧に取り組むべきなんですね。

本当に感謝です。

外画の仕事に行ってきました!!

今日はサバイバル物の外画です。

自分は番組レギュラーという感じで、
兵士から一般市民まで細かな脇役を演じます。

今日は体のバランスに気をつけることにしました。

自分は猫背です。
そのため体の全面が縮まり
音が前に出ない、響きを殺してしまう
といった傾向が出ていました。

個人レッスンで、
姿勢に関してあるポイントを学んだのですが、
それを早速使いました。

この現場、収録の約4時間くらい
自分は立ちっぱなしです。

スタジオは狭くはありませんが、出演人数が多く
メインキャストとベテラン以外は基本立っています。
休憩中はロビーがタバコの煙で白く煙っているため
吸えない自分はシンドイのでブースの中にいます。
なので立ちっぱなしなのです。

座れないとやはり疲れます。
以前は中盤から足腰が疲労で鈍くなったりしていました。

それを立ち方のバランスをとる事で、
緩和してみようと思ったのです。

さらに個人レッスンで教わった
自分では動かないと思っていた部分を
収録中にちょこちょこと動かし緩めました。

上手くいきました。
結果的に収録が終わっても以前ほど疲れがなく
最後までエネルギーが落ちずに行けました。
これは、上手くいきました。

しかし、中盤の合いの手を入れる一言で
とちってしまいました。

姿勢を気にして自分に意識が行ってしまい、
テンポよく繋げなければいけないセリフのタイミングを
逃してしまいました。

二 回 も。

合間でディレクターに
「舐めてんの?」
と言われました。

その後、なんとか全体の収録のリズムは崩れず進みました。
失敗を引きずらず後半は立て直しました。

しかし、これはありえない失敗でした。
現場で良いリズムを造り、良いセリフを言うための技術なのに
自分の事ばかり考えたために
技術にも現場にも失礼な事をしてしまいました。

収録後にディレクターに
「申し訳ありませんでした」
と頭を下げると、ディレクターは頷いてくれました。

次回も出番があるので、この汚名を必ず返上してこようと思います。

ヒーロー物、最終回の収録です!!

ヒーロー物、最終回の収録です!!

シーズン4に続く終わりで、テンションMAXで収録に臨みました!!

数日前に個人レッスンで新たな体の使い方を教わりました。
そこで、今まで自分では動かないと思っていた部分を
自力で、大きく動かせる事を教わりました。

ビックリしました。
自分の体がこんなに動くという事を知らなかった。

当然現場で使いました。

1Rテスト
手応えありです。
教わった事を使い安定した音で大きく演じられました。

1R本番
ん?ちょっと感覚が変わったかな?
当たりが薄くなった。

2Rテスト
お?おかしいな。
なんか手応えがなくなった。

2R本番
体が…硬い!?
なんか硬いし軋み出した!?
なんで!?

その後、1Rテストでの感覚を得ることはありませんでした…
なぜだ。

驚いたのは収録が進むごとにどんどん体が硬くなっていったことです。
確かに緊張で固まる自覚はありました。

しかしここまでとは。
特に個人レッスンで新しく教わった体の部分。
ここが凄い勢いで固まっていきましした。

自分が収録でムダに疲れる原因の1つは確実にこれだと思いました。
個人レッスンでそこを動かしていた時、
どんどん血行が良くなり体が暖まって緩むのが実感できました。
うまく使えなくても、動いていれば緩んで行くはずだからです。

最終回なのに…悔しい。

後日、この事を代表にお話ししますと
「そんな簡単にできねーよ(笑)」
と言われました。

おっしゃる通りで…
現場で「使える」ようになるためには
稽古、稽古、稽古ですね!!

—————————————————————————————
(注)文中の1R、2Rの「R」は、「Roll(ロール)」の頭文字です。
声優の台本は、ロールという単位で分割されており、
収録は、そのロールで区切ってテスト・本番と進んでいきます。

外画の現場で。一言のセリフで空気が変わりました!!

今日はヒーロー物の外画です。
いつも必死に楽しく収録が進んでいくのですが、
今日は何か空気がおかしい。

なにか落ち着かないというか、不安感がある。
思わず周りをキョロキョロと見回してしまいました。

収録が始まっても熱が上がらない。
必死に自分で盛り上げるのですが、
重い布が上からかぶさっているように
すぐにまた下がってくる。

冷や汗が出ました。

当然、他の共演者も感じているらしく
セリフを噛んだり、タイミングを外したりが連発しました。

ある人は緊張感からか、マイク移動の際につまずき
自分の膝の上に倒れこんできました。
こんな事は初めてです。

自分はこの空気に引っ張られないようにするだけで精一杯でした。

ところが中盤から出番のあった先輩Sさん!!
始めのセリフから素晴らしいエネルギーに満ちた音をスパーンと出し、
途中の受けセリフのニュアンスで爆笑を取り、
場の空気を一変させました!!

凄い!!

自分はSさんとガッチリからんでコメディシーンをやっていたのですが、
そこから一気に盛り上げる事ができました。

ハイスピードなセリフで掛け合いながらも心の中で、
Sさんのセリフにシビれていました。

凄い。
言葉がほかにありません。

あの空気の中で、あの熱量を出し続けること。
周りまで盛り上げるセリフを言えること。

自分にはできなかった。

Sさんの役は自分達主人公チームの敵役ですが、
キャラの性格が少し自分と似ています。

自分はではたった一言のセリフで場の空気を変える事はできなかった。
自分が引きずられて下がらないようにするだけで精一杯でした。

後日セッションで、代表が
「アタフタしている奴がいると現場の空気が揺れる。プロはそれを嫌うんだ」
とおっしゃいました。

これを聞いて空気がおかしかった原因が、
その日初めてこの現場に来た人。
自分の膝の上に倒れこんで来た人だった事がわかりました。

以前の自分も全く同じようにアタフタしていました。
その時、周りにどれだけ迷惑をかけていたのかを
改めて痛感しました。

今度はSさんのように、
一言のセリフで場の空気を一変させられる側になりたいと、
強く感じた現場でした。