外画吹替レギュラーのお仕事!自分の役同士で会話する

兼ね役で一言喋って退場したキャラが急に復活して
ペラペラ喋り出したと思ったら、
ラスボスの横で副官みたいな事を始めました。

このキャラとは別に本役がいたのですが、
そいつもメインキャラにくっついて喋ってました。

脇役をやっているとよくある
自分の役が各勢力に存在して下手すると会話する
という状況です。

冷や汗が出ます。

実は今までこういう状況になった事がありませんでした。
兼ねてる役がすぐにいなくなったりして、
基本的に一役しかいない状況ばかりだったのです。

本役と兼ね役が交互に出てきてけっこういっぱいいっぱいです。
自分のキャラクターは今の所バリエーションがありません。
違う役を演じても基本は一色しかありません。

しかし

急に目立ってきた兼ね役がちょっと偉そうな性格で、
今セッションでやっていた「高音で喋る嫌味な人」がなんとか使えました。

前回、急に喋り出した時は過酷な環境でサバイバルしてるシーンで
偉そうな感じはそこまでではなかったのですが、
敵組織の部隊長のような立ち位置だったらしく
指示を出したり敵に嫌味を言ったりと
ちょうどセッションでやってる事を使える部分が出てきました。

良かった。
本当に良かった。

本役は穏やかなおじさんを低めの音を使って演じていたので、
兼ね役を高音で嫌味に演じる事でなんとか演じ分ける事ができました。

本役の方で
「あれ?そんな低めの声だっけ?」
と言われてしまいましたが。

正直、以前よりもうちょっと音を低めにしました…
どちらの役も見た目的に年齢もだいたい近くてヒゲ面で体格良いおじさんなんです。
これを同時にやるのは難しかった。

しかしなんとかOKが出ました。
必死に演じ分けようとしてるのはバレバレだったと思います。

本当に日曜セッションで違うキャラを作り始めていて良かった。
海外ドラマでは何役も兼ねて自分の役同士で会話してるのを見た事ありますが、
改めて凄さを実感した現場でした。

新しいキャラ作り。吹替レギュラーのお仕事!

さて今日も外画です。

番組レギュラーで入っている現場で、
兼ね役で振られていて一言セリフを喋ったキャラクターが
急に一話丸ごとメインキャラと二人で会話し始めました。

脇役を複数やっているとたまにある事で、
場合によっては自分がやってる役同士で会話し出したりします。
自分はこの経験はありませんが、
共演者が見事に演じ分けていて驚いた事がありました。

今日のキャラクターは研究所の職員で一言喋ってすぐに事故に巻き込まれ、
その場限りの役だと思っていました。

初登場の時はほとんど画面に写ってない上に何の説明もなく、
どういう人物かは見た目以外の情報がありませんでした。

今回、急に喋り出して
その研究所のトップにとても信頼されている
そこそこの地位にある人だった事がわかりました。
初登場の時はそんなふうには全く見えなかった…
いっしょに事故に巻き込まれたメインキャラと、
敵対する立場を超えて力を持って合わせて
窮地を乗り切るという内容でした。

敵対した状況から協力する内に少しずつ理解し合う。
これなら日曜セッションでやっている
高音で喋る嫌味なキャラが使えると思いました。

特に初めのお互いの主張がぶつかり言い合いになるシーン。
テストでやってみた所、そのまま本番でOKが出ました。

初登場の時は性格などが全くわからなかったので、
実質ここで初めて人となりがわかるシーンです。
嫌味な所は相手の主張を冷たく否定するセリフに上手く合っていたと感じました。

しかしこの役もともと研究熱心で誠実な人だったようで、
話が進み協力し合うようになり、
お互いに友好的に話しをするようになると、
とても穏やかで優しなベルようになるのです。

ここで初めの自分の芝居と違和感が出るのか、
テストでディレクターから修正が入るようになりました。

自分ではつながっていると思っていたのですが、
どうも性格が変わってしまって別人のようになっていたようです。

その度に修正して演じたのですが、
このバランスをとるのにかなり苦戦しました。

その苦戦は自分の筋肉にも表れました。
やたら力む。
セリフの合間でリセットしようと力を抜くのですが、
どんどん硬くなり緩められなくなっていきました。

なんとか最後までやりましたが、
とても上手くいったとは言えない感覚でした。
悔しい。

自分が作っている新しいキャラクターがまだ部分的で雑な事を痛感した現場でした。

外画吹替のお仕事!求められるキャラクターと広げたい幅

この前、初めて行った制作会社からまた一本仕事をもらえました。

新しい所での仕事がつながるのは嬉しいです。
今回も良い仕事をしてさらにつなげたい所です。

ディレクターさんは前の事務所からお世話になっている方です。
だいたい被害者など立場が弱く困っている役を振られて自分の役のイメージが、
固まって幅が狭くなっているように感じます。

今、日曜セッションで何とか作ろうとしています。
なので何とか違う面も見せたい。

今回も生活に困りお金を盗んでしまった父親という
今までと同じイメージの役でした。
警察が家に来て尋問されて答えるシーンで、
日曜セッションで出てきた高音の嫌味なところを入れてみました。

セッションで強く感じましたが、
台本と違うキャラクターを入れるのは難しいです。
稽古では役の性格が変わってしまっても、
切り取られたシーン内でならなんとかできます。

しかし現場では役の性格を変えていまってはただのNGです。
それが変わらない範囲で何とか少しでも入れられれば、と考えました。

必死に警官に言い訳をするシーンで、
少しだけ入れてみました。

ダメでした。

「ここでは素直に罪をみとめて誠実に答えて下さい」
と言われました。
ディレクターの言う通り、
このシーンで自分の役は止むに止まれずお金を盗んでしまったけど
罪を全面的に認めて返そうとしていました。

何とか違う面を出そうと強引に入れてしまい上手くいきませんでした。
これはやはり無理があったようです。
再度のテストで修正しました。

修正した方向で本番OKが出ました。
今回はこれがベストだったと思います。
しかし難しい。

ベテランの声優は、
どんなに誠実な役をやっててもどこか胡散臭かったり
嫌味な役をやっててもなぜが憎めなかったり
役としてちゃんと合った芝居をしていても、
何か違う雰囲気を出している事があります。

そういう人はその滲み出ている部分を
そのまま使ったハマり役を持っている事がすごく多い。
当たり障りのないセリフを喋っただけで
イメージが表れているというのは本当に凄い。

次は少しでも新しいキャラクターを入れられるようにしたい所です。

会社案内、研修ナレーションのお仕事で大事にしたいこと!

「企業案内」「Eラーニング」のナレーションを筆頭に、
立て続けにお仕事を頂いています。

とても有難いことに、今年の春から、仕事数が増えました。

その要因の一つとして、コロナの影響で、映像撮影が難しい分、
モーションコミックだったり、スライドだったりに切り替えて
動画制作を行うところが増えていることが考えられます。

それこそ、ナレーションはブースに一人ですし、
密を避けられるという点で需要が切れることはなさそうです。

あとは、APHで「技術」を教わっていること、これが一番大きい要因です。

固いナレーションに関しては、個人レッスンで教わっているあるポイント、
「真面目で誠実に聞こえる=●●●●」を意識して、
ある技術を使うようにしています。

会社案内、企業研修等、淡々と説明するだけの固い文章だからこそ、
●●●●っていう事が、大事だと思います。

見ている方達が苦痛になるようでは、いけませんしね。

代表からは、「教えている技術はほんの一部分で、
まだ全体の2%くらいしか伝えてないぞ」と言われていますが、
その2%の技術が、とても奥深いのです。

この学んでいる「技術」を丁寧に現場に置いてくることによって、
仕事が確実に増えています。

だから、稽古が楽しいのです(笑)

だって稽古すればするほど、仕事が増えるので(笑)

この世の中に、正しい稽古方法はあります。

それは、対面かズームかなんて関係ない、本質に触れる稽古です。

こうして誰も教えてくれない技術を学べる環境に身を置けるのは、
とても有難いなと思います。

と言っても、私が、このように書くと、回し者のように感じると思うので(笑)

そうではないことを仕事をしながら、ここで証明していきますね(笑)

今、誰にでもチャンスが訪れる時代だからこそ、生き残れる術を身に着けたいと思います。

吹替レギュラーのお仕事!音にならない…

先日の現場で感じた鳩尾周りの力み。

力んだまま固めて喋り疲弊してしまい、
キープできなくなりブレスが漏れる。

これに気付いてから
外画レギュラーの最終回でも同じ事が起こっていた事に気付きました。

その日はシーズン最終回。
ストーリーでは仲間との別れが描かれて良いシーンがたくさんありました。

自分の役も恋人との別れがありしっかり準備した上で現場に臨みました。
楽しみでした。

序盤から中盤までアクションやコメディシーンが続き
自分でもノリノリでやれている感覚がありました。

しかし最後の最後、
恋人との別れのシーン。
低温で囁くように言葉を交わすのですが

音にならない。

全部、息声になってしまう。

あれ?
家では出ていたし、さっきまでのシーンでは出ていた。
なんでここで出ないのか!?

どうやっても音になりませんでした。

こうなったのは鳩尾周りを固めてポジションをキープして、
それを抜けないので疲弊してしまったからだと思います。

家では気分的に楽なので意識しなくても力が抜けるし、
固まっても意識すれば抜く事ができました。
しかし現場の緊張でそれに気付けないし、
意識しても力みを抜けなくなっていた。

この時はそれがわからなかったので結局息声でやるしかありませんでした。

前回の現場で気付いて思い返して、
ようやく自分がどうなっていたのかわかりました。
大きく出すことはまだできるのですが、
小さく出すとコントロールが難しくなり、
疲弊してなければできる事が全くできなくなっていました。

この時は単に体力的な疲弊かと思っていましたが、
実際は部分的に力んだままになっていて動かせなかったのです。

この時気付ければ…悔しいです。

改めて無駄な力みを意識して抜ける事の大切さを感じました。

吹替レギュラーのお仕事!ずっと力んでいた…

今日も外画です。

ずっと姿勢を気にしてやっています。
自分はどうしても偏った立ち方になる。
家では気楽にできるせいか自分の真ん中で立ってるような時もあるのですが、
現場ではハッキリ偏ってるのを実感します。

以前よりだいぶリラックスして体の力みも抜けてきましたが、
まだまだ自覚できていない力みがあるようです。

今日、特に感じたのは鳩尾から背中にかけての筋肉。

セリフを言った後にこの辺りが力んで固まったままになっている。
家ではスコンと力が抜けるので全く自覚がありませんでした。

しかし現場で、意識的に緩めようとした時に
緩まない。
おかしい。
家では勝手に力が抜けるのに。
現場では固まったまま緩まない。

固まっているのでポジションが上がるし、
ブレスが入る量は減るし大変です。
今日まで気づかなかった。
なんか胴回りが疲れると思ってはいましたが、
低いポジションを維持する時に力んでるのかと思ってました。

そんな一時的な事ではなくずっと力んで固まってました。
そりゃ疲れる。

意識的に力を抜きました。
最近それをセッションでも教わっているためなんとか力みは抜けました。

しかし
次に喋る時に今度は腑抜けた状態で必要な力を入れるのに遅れる。
こんな事になってるとは思いませんでした。

自分の思った以上に緊張して力んでいました。

少人数でセリフのタイミングが多少ズレても、
後のセリフの人がいないのでNGにはなりませんがリズムには乗れない。

立て直せずセリフが大きく遅れるようになってしまいさすがにNGが出ました。
これはまずい。
仕方なく今までのやり方に戻しました。

自分はずっと筋肉を緊張させてすぐに喋る準備をしていたのです。
そうでないとできなかった。
それに今日初めて気づきました。

これが長く続くとどんどん疲弊してキープできなくなって、
ブレスが漏れる、喉を締めると悪循環になっていたようです。

気づくと固まってるのがハッキリ分かるのですが、
これに今まで気づかなかった事に驚いた現場でした。

ガヤの大切さ!吹替レギュラーのお仕事!

今日も外画です。
番組レギュラーで出ているこの作品はラストシーズンです。

物語がどう終わるのか楽しみです。

さて番組レギュラーでの自分の課題は、
まず毎回振られるその他大勢の役をどう演じるかです。
メインキャラではないので大筋には関わらない。
しかし同じ世界にいてある程度会話をする。

特に今の少人数での収録だと台本上の自分のセリフはすぐに終わってしまい、
ほとんどがガヤと呼ばれるシーンの裏で流れる喧騒や話し声がメインになります。

状況をちゃんと把握していないとできません。
以前あるアニメを見た時、
一言だけ喋る村人でその世界の雰囲気が伝わる事を実感しました。
その他大勢がしっかりしていないと物語の雰囲気が崩れるのです。

この作品のディレクターであるFさんも、
「ガヤが上手くないとメインキャラはできない」
と言っています。
たぶんちゃんと作品を理解していないとできないという意味なのだと思います。

自分はここまでのストーリーの中から単語を拾ってきたり、
シーンの中で起きている事について触れたり、
いくつかセリフをつくり現場でそれを組み合わせて演じます。

特に作品独自の設定や専門用語があると、
用意せずその場でとはいきません。
コロナの影響で少人数での収録になり、
掛け合いでのガヤがし辛くなったのもあります。

この状況でガヤを収録していると、
作品やシーンの事をどれくらい理解しているかが良くわかりました。

会話だと相手に合わせていればある程度成立していたのが、
あまり考えず一人で喋っているとすぐにネタがなくなってしまうからです。
ガヤの上手い人は入念に準備をしている人なんだと思います。

このガヤのセリフを考える事が、
最近面白くなってきました。
正直、何年か前ははその他大勢の役やガヤは嫌でした。
やはりメインキャラを演じて物語に深く関わりたい。
そう考えていたからメインキャラがなかなかできなかったのかも知れません。

今日の収録では街を巡回する兵士、
そこに囚われている市民、
酒を飲んでいたり喧嘩していたりといろいろやりました。
進んでガヤに参加するベテランが、
「ガヤは楽しい」
と言っていたのを思い出します。

その気持ちがようやく分かるようになりました。
これをもっと膨らませていきたいと思います。

キャラクターナレーションのお仕事!

今回はいつもお世話になっている制作会社さんからご指名を頂き、
介助士関連動画のキャラクターナレーションを務めました。

実は、これはサンプル品で、使用されるかどうかは、
サンプルの出来に掛かっているとのことでした。

今回任されたキャラクターは、メインの案内役でして、
後輩に介助の説明を丁寧に行う先輩としての立ち位置でした。

まずは、立ち上がりの語頭に意識を向け、
今やっている「◎母音」を何とか技術で使おうとしました。

もちろん、違和感があってはいけないので、自然に聞こえる範疇でトライしました。

すると、とても響きが前に出て、スパーンと前に明るさが出たのがわかりました。

ディレクターからも「あ、その感じでお願いしたいのですが、
こういうパターンもいくつか下さい」と言われたので、
変化を付けていくつか掲示しました。

ただ結局、一番最初の明るく前に響きが出たものを好まれたようでしたので、

一番最初のパターンで響きを決めて、後はそこに想いを込めていきました。

最後は制作会社さんからも、
「ありがとうございます。とても良かったです。」という言葉を頂きました。

このサンプル動画が採用されると、その教材全ての動画制作を任されるそうです。

その時はまたお手伝いできたらいいなと思います。

地上波再現ドラマのお仕事!

地上波のバラエティ番組の再現ドラマのお仕事に行ってきました。

これまでに何度かお仕事をさせていただいている制作会社ですが、
監督をはじめ制作チームは初めてご一緒する方々。
過去のお仕事の映像を観て、採用を決めていただいたそうです。
芝居を観た上で呼んで頂けるというのは、やはり嬉しいことです。

前日の夜に台本をいただき、早朝からの撮影。
短い準備時間なので、色々と作り込んでいくことはできません。

何があっても対応できるよう、物理的なものは多めに準備し、
あとは現場でいかに監督やスタッフの方々と良いコミュニケーションをとって、
柔軟に対応できるか、というところになってきます。
もちろん、日頃の準備が大事なのは言うまでもありませんが。

今回は主役で、全シーン出ずっぱり、
撮影は待ち時間なし(「役者は待つのが仕事」という言葉があるくらい、
現場によっては7時間待ちなどザラにあるのですが)どころか
休憩時間もほぼない状態(笑)で、2日間、ひたすらひたすら撮りました。

動物との共演だったので、なかなか思う様にいかない場面もあり、
撮影時間は押していましたが、芝居に関しては監督から繊細で明確な指示をいただき、
何度かニュアンスを微調整しながら取り組みました。

初めてご一緒する監督でも、こうして芝居の話を気持ちよく出来、
その場で一緒に探りながら創り上げていく感覚は、本当に楽しいものです。

私自身は、今APHでの稽古の中で取り組んでいる課題があり、
自分の長年やってきたクセから脱却し、
別の方向からのアプローチをしようとしているのですが、
まだまだ上手くいく時と、いかない時があります。
足りていないところはやはり足りていない。
埋まっていない時に、安易にクセが出てします。
そこを越えて、深めていくのが今後の課題です。

撮影終了後にご挨拶した際には、
初日の朝よりも明らかに表情が柔らかくなっている監督がそこにいらっしゃいました。
「きっと、またご一緒できる」直感的にそう思えた瞬間でした。

自分を越えて行くしかない。

面白がっていく!VPナレーションのお仕事!

防衛庁関連のナレーションでした。

具体的には艦艇装備に関しての動画でして、
重厚感のある音楽を用いて、艦艇研究所を案内していきます。
原稿は前もって用意されていたので、チェックは済ませていましたが、当日変更有り。
また、映像は前もって渡されていません。
ここまでは、当たり前かなと・・。

さあ、クライアントさんもいる中で、いざ本番。

初めて見る映像に、その場でナレーションを当てていきます。
ブロックごとに収録をしていくのですが、
1ページ目を読み終わった際、途中に出てくる看板の文字、
また最後に出てきた映像の文字とのタイミングを合わせてほしいという指摘を頂きました。

その場で初めて見る映像に、文字を合わせるとなると、
原稿にタイムを書いて頂くか、キューランプで指示を出して頂けると思っていたのですが、
ここの現場はそうではなさそうです。

とりあえず、自分の体感で、タイムを感じて、スピードを変えて読むしかありません。

できれば、一度、映像を流して頂き、自分でポイントとなるところに
タイムを書きこむことを提案できればそうしたいのですが、

時間も限られているので、そうもいきません。

結局、リテイクを繰り返し、4回目でOKを頂きました。

3回リテイクすることで、3回映像を見られるので、それで合わせられたのです。

そして次のページも同様に、
文字とタイミングを合わせてほしいというディレクションが、何か所もありました。

私からすると、初めて見る映像なので、タイミングを予測するしかありません。

さすがに、予測しながらナレーションするのは、至難の業だと思ったので、

正直に、
「すみません。初めて見る映像なので、ポイントとなるところに
キューランプを頂けないでしょうか?」と提案しました。

しかし、「いや~そうなるとあまりにも数が多くなるから・・・」
とDから断られてしまいました・・。

心の中ではイライラしてしまいましたが、代表からはセッションで
「こっちがイライラしたら終わりだ。面白がれ!」と、教わったこともあり、
「面白がろう!」と決めました。

そして、意図的に間違えて映像を2回流してもらい、
「3回目でOK」を出そうと決めました。

かなりリスクはあると思いましたが、
映像文字のタイミングを予測しながらナレーションをするよりは良いと思いました。

最終的に、時間内に収録は終わりました。

クライアントさんも喜んでいました。

結局、終わりよければすべてよしだと思うのですが・・・。

なかなかの現場でした。

何が起きても起因に立つこと、
また、現場がどうしたら円滑に進むか判断することも
ナレーターのお仕事だと勉強になりました。