企業VPの撮影に行ってきました!!

本日は某企業のVPの撮影に行ってきました!

「企業VP」とは企業毎に作成される「Video Package」の略語で、
主に企業のプロモーションやイベント、営業等で使う為に制作する映像の事です。

今回は「イベント用ムービー」という事で呼ばれてきました。

場所は都内の某駅から直結している、50階近くの超高層ビルのワンフロアで、
そこを貸し切っての撮影でした。

今回の作品は、役とセリフを決めて撮っていく「ドラマ形式」というより、
様々なビジネスマンの日常の風景や雰囲気を撮っていく「イメージビデオ」という
コンセプトでした。

撮影スケジュールをみると、午前中は大勢の人達が出ているシーンを撮り、
午後はピックアップされた4人のキャストだけで、1人~2人の少人数のシーンを
撮っていくというスケジュールで、自分は午後の枠で呼ばれていました。

控え室に到着し、スタッフの方に現場の状況を聞いてみたところ、
照明やカメラの位置のセッティング等に時間がかかっているのと、
ワンシーンワンシーンじっくり撮影をしている為、押しているという事でした。

準備を済ませ、控室で午後メンバーの4人が待っていると、
しばらくして自分の出番がきました。

待ち時間の間に色々話して親しくなった共演者のHさんと現場に入ると、
まったりとした雰囲気の中、現場はセットチェンジが行われていました。

全面ガラス張りのお洒落なビルの一角を会社の休憩室のように見立て、
Hさんを上司、自分がその部下という設定で、社員証を首からぶら下げ、
手元には小道具のコーヒーが置かれました。

「休憩室でコーヒーを飲みながら、真面目にビジネスの話をしているシーンを撮りたい。」
との事で、
「音は入らないので、それっぽく見えるようにアドリブで演じてください。
ディレクションは回しながら横からしますので、宜しくお願いします!」
と監督に言われました。

設定だけ渡されて後は役者2人に丸投げなので、少し困りました(笑)

しかし、ここで慌ててはいけません!
平静を装って「了解です、よろしくお願いします~。」と答えながらも、
その瞬間から頭の中はフル回転!!(笑)

音は入らないとの事なので
「ミュートで観た時に、如何にビジネスマン2人が真剣に話をしているように見えるか?」
が今回の大事なポイントになります。

しかし、今日初めてお会いしたHさんに、
一体どんな話を振ったら彼の気分も乗って、
2人の間に良い集中力と求められている雰囲気が出せるのか…

さっきまで話していたことを瞬時に振り返りながら、ネタを必死に探します。

そしてカメラが回り、撮影が始まりました。

上記の事を感覚的に猛スピードで考えながらも、
今回の自分のテーマである「●●」を自分の中で最大限適用していきました。
肩を始めとして、ひとつひとつ体の力を抜いていき、
■■を意識しながら、それを演じる集中力に変えていきました。

すると、身体も自然体になり、非常に落ち着いてアドリブにも対応しながら、
Hさんとお芝居をする事ができました!!

2人でお芝居をしていると、横にいる監督から小声で

「○○さん(自分の名前)、もう少しカメラ側に身体を向けてみてください。」
「もっと大きく右手でジェスチャー入れながら話してみて下さい」
「机についた肘を前に持ってきて、もう少し体を起こしてみて下さい」

等、色々なディレクションがきました。

自分はHさんとそのまま話をしながら、
出されたディレクションの動きにスーッと合わせて芝居を変えていきました。

他にも、小道具のコーヒーを使ってみたり、腕組み等の色々な仕草をしたり、
空間広く芝居をする為に▲▲を使ってみたり…と色々と細かい芝居もしてみました。

撮影中、一番大変だったのが、机に肘を付いていた態勢のせいで、
身体を動かすとスーツのジャケットの中に社員証が入ってしまい、
社員証が映らなくなってしまう事でした(笑)

監督から「社員証を写るようにしたい」という指示がありましたので、
そこも気にしながら、たまにネクタイを触るようにして、なるべく不自然にならないように、
芝居の中で社員証がカメラに見えるようにジャケットから出す事でした…

注意が分散するなかでお芝居するのは集中力が切れそうで少しきつかったです(汗)

Hさんは
「○○君、姿勢も動きも社員証も色々大変だったね(笑)」と気遣ってくれながらも、
カットがかかっても一生懸命話しかけてくれる位、
自分との話に夢中になってくれて、上手くいったようで、とても嬉しかったです!

出演シーンは短かったですが、今回もとても学ぶことが多い現場でした!!!

更に大きな現場へ行っても緊張せず、柔軟さと良い集中力をもって対応できるように、
しっかりと反省と改善をしていきながら、演技の実力は勿論のこと、
現場に対応できる「総合的な実力」も深めていきたいと思いました!

個人レッスン、現場で作り直している姿勢

今回もやってきました!!

今日はサバイバル物の準レギュラー?
いろんなモブキャラでそこそこ回数出ています。

モブキャラの役割はストーリー、シーン、
メインキャラを引き立たせること。
最近はこういった「小さな役」と思ってしまう仕事に
必要な意味を実感するようになりました。

さてモブキャラでよくあるのが死ぬことです。
まあよく死にます。
多い時は一話で10回くらい死にます。

今日は死ぬのは1回ですが、
約5分ほどのシーンの中で
敵の罠にかかり苦しみ助けを求めて叫びまくり
最後にトドメを刺されるという役です。

疲れるよ!!

長いよ!!

結構強力な罠にかかって体を串刺しにされてるのですが、
やたら力強く助けを呼んでいる。

全力で助けを叫びつつたまに助けを呼ぶので、
まあ疲れました。

5分くらい叫びっぱなしなので、
体がしっかり支えていないと音がぶれます。
吹き替える役が苦しんで色々動いているので、
思わず同じ体勢になってしまいました。

当然、良い音を出せばいいわけではないので
苦しい音を出しつつ姿勢で支えてやり通しました。

結果は、まあ上々だったのではないでしょうか。
共演者、ディレクター共に笑ってたのは少々気になりますが。

改めて、姿勢は本当に必須のものなんだと感じました。

姿勢を意識し、音に安定感を出す事ができました!!

個人レッスンを受け始めてから、
現場での自分の姿勢が少しずつ変化してきました。

その1つが、○です。

よく学校でも、
「○を□□して、良い姿勢を」
と朝礼なんかで言われました。

その意味が20年以上経ってわかり始めました。
うーん・・・凄い!!

今日はサスペンス物のレギュラー。

始めと終わりの語りもやるので大変です。

でも嬉しい!!

物語も今回を含めてあと二話。
さらに来シーズンも決まり有り難い限りです。

この現場では、自分よりも若い人が多いので
芝居の軸を取らなければいけません。
軸としての安定感を出すために
姿勢に関して、○を意識しました。

本当に音の安定感が変わります。
有難うございます。

しかし!!

○が前後上下に物凄く動く!!
意識は○を引こうとするのですが、
無意識が前に押し出す。

セリフを言うたびに○が上がる、前に出る!!
それに気付き、引いての繰り返しです。

どうしても感情を表に強く出す芝居だと○が出る。
そうした動きはある意味自然とも言えるのですが、
「音」だけを考えるとマイナスが大きい。

姿勢が崩れ、支えがなくなり、音が割れる。
音を押し出そうと力が力みになり体全体が固まる。
これらによって音が出にくくなる。

あれ?良い事がない?

悪戦苦闘しました。
しかし変化も実感する事ができました。

今、個人レッスンでは基礎を見直しています。

そこで
「とにかく力むのをやめよう。
大きな音を出そうと力むのではなく
丁寧に正しく必要な力を使う」

これを現場でも実践していこうと思います。

VPナレーション③今回はキャラクターナレーションのお仕事です!

「VPナレーション」の仕事が決まりました!

今回も同じクライアントさんからのお仕事ですが、
「キャラクターナレーション」も求められていたので、
テープオーディションが有りました。

そこに合格した上でのお仕事でしたので、とても嬉しく思いました。

内容は、会議をどのように円滑に進めたらよいかを説明していくVPで、
途中途中でキャラクターが「こうした方が良いよね!」
と先生の役割で進行します。

ずっとやりたかったキャラクターナレーション!!

要望としては、大人向けなので、子供っぽくなりすぎないキャラクター設定。

でも第一人称は僕。

いわゆる子供向けのキャラクターであれば、
私の得意技ですが、今回はそこにある程度のコントロールが必要でした。

キャラクターは「◎◎◎◎から」という講義を受けていたので、
まずはそこから取り組み、後から音のポジションを決めました。

初めに「何パターンか下さい」と言われたので、
最初は、得意なところから入り、次は逆から入り、
ポジションを変えて、◎◎◎◎を変えてみたり
とにかく変化のパターンを提示しました。

絵を見た時に、自分の中で、
「ここらへんかな~」と思うキャラクターは有ったのですが、
それに縛られてしまうと、柔軟に動けなくなるので、
いろいろ遊びながら提示しました。

なんといっても私達がやっているのは、ボディボイスですから!!

いろいろ試して、面白がりました!!

キャラクターといえども、企業物なので、
やっぱり求められるものは「無難」なもの・・・(笑)

「あっ・・・やっぱり、この辺ですよね・・・」
という所でキャラは決まりました。

その中で、一個、面白いセリフが有り、これをこう言いたい!!と思ったので、
NG覚悟で試してみました。

そしたら、クライアントさんは
「あははははははは!私はこれ好きなんですけどね・・・・!!
ごめんなさい、ちょっとやりすぎかもしれないです・・・(笑)」

「ですよね~!(笑)」というやりとりも有り、

その後は、普通のナレーションを20ページ程、録り終えました。

こちらも、以前、代表から頂いていたアドバイスを活かし、
原稿に書き込みをしていたので、
◎◎に頼ることによって、自分が生き生きしてくるのがわかりました。

とにかく、◎◎に意識を置くことで、勝手に自分が集中しています。

以前よりは、力まずに「楽」にできたかな~?なんて・・・

やっぱり、「とちらないように」という神経はずっと張りっぱなしです。

もちろん間違えなければ一番良いのですが、
大事なのは、「とちった後」の自分の態度だったり、心持ちだったり、
そのダメな感じに「やられないこと」だなと思ったりします。

これは、やっぱりAPHでは「現時点」の重要さを学んでいますので、
そんな時も、「新しい時間」で取り組めるようになってきています。

やっぱりナレーションは緊張しますが、やっぱり・・・・楽しいです!!

しかしながら今の私は技術が足りなさすぎて、
楽な所で読んでしまっている自分がいるような・・・

技術を身にまとって、徐々にレベルアップしていけるように、稽古します!!

VPナレーション②技術を徹底して稽古し本番に臨みました!

前回お世話になったクライアントさんからご指名でお仕事を頂きました。

しかも二つも!!感謝です。

一つ一つ積み上げて信頼を得る。
これは、まさに今の私の修業そのものです。
本当にこれからです。

頂いたナレーション原稿は前回同様に長文でしたが、
代表からあるアドバイスを頂き、それを徹底的にやり本番に臨みました。

これをやることにより、迷いが消えます。

一言で「安定感」が全然違います。

バラバラの注意が、ひとつに集中し、○○に意識が集まる。

タイムの縛りもそこまできつくないので、
上手く呼吸にのっていくことができました。

しかしブースには約2時間半閉じこもります。

いつのまにか、舌だったり、
首だったりが固くなってくるんですよね・・・・。

休憩時に、ブースで秘密の○○○をやり、「栄養補給」しました。

ナレーションは、団体ではなく個人なので、良くも悪くも自分次第だと。
全部そうですが、特に自分をコントロールしていく力が必要な
責任のある仕事だと改めて思います。

今、決まった長文をしっかり読めるナレーターが減っているそうです。

ここにしっかりはまれば、仕事はあります。

まだまだ修行の身では有りますが、この環境に感謝して、
APHで教わる技術を適用しながら、淡々と準備していこうと思います。

VPナレーション①現場での出来事・今後の課題

公官庁関連のVPナレーションのお仕事を頂きました。

頂いた原稿は30ページ以上にも渡り、かなりの量でした。
3日前位に原稿を頂き、ひたすらチェック。チェック・・・
その後もギリギリまで改訂版が何度も届き、完成版は前日に頂きました。

文章の改行がとても特殊でしたので、
自分が読みやすいように原稿を書き直そうと試みましたが、
10分でギブアップ。

全部書き出すのには量が有りすぎる・・・

とりあえず、初稿に変更された部分を書き込み、
自分が読みやすいように工夫をしてみました。

そして本番。

「これが原稿です」と最新版を受け取りました。

「古い原稿お持ちですね」と言われ、
「大丈夫です。これに変更点を書き込んでいますので・・」

そんなやりとりをし、その場で頂いた原稿と自分の原稿を照らし合わせた時に、
冷や汗が・・・・

なんか違う。

なんと!
変更点の見落としを見つけてしまったのです。
うそでしょ~!!

そのままブースへ・・・

その場で頂いた原稿と必死に向き合う私。
この状況下の自分が笑えてくる。

何とかこの状況で、APHの技術を入れようとするまじめな私。

その時は必死ですからね(笑)
◎◎を意識しながら必死な私(笑)

何とか無事に終了!!

「お疲れ様でしたーありがとうございました!」
とクライアントさんは笑顔!
私も笑顔でご挨拶!

・・・読むので必死だった・・・
とちらないようにするのに必死だった・・・

くやしい!!!

こんなにも何もできないなんて・・・・完全に私のミスです。

やっぱり、この仕事は準備。
代表からも稽古の仕方を教わっているので、
しっかりと普段から取り組みます。

反省が多いですが、それでも全ては「必然」!
だからこそ言えることは、今の私に必要なのは、ここから積み上げていくこと!
楽しい楽しい修業が今始まったんだということ!

現場で気付いた姿勢の「傾き」

今日の海外ドラマの収録では他の現場とかぶったため、
珍しく自分が抜き録りになっていました。

そのため相手役という要素が一つなくなり、
いつもより冷静になっていました。

収録をしていてハッとしました。

顎がマイク・映像によっている。

声優という仕事上、マイクに向かって声を出します。
舞台のように実際の動きはありませんが、
マイクを外れない範囲で動きます。

この時、
声を当てる映像・マイク・相手役
の三つの要素があるのですが、
映像の内容にあった距離感・喋り方をするために
映像に強く意識が行きます。

そしてだいたいマイクは映像の直線上にあり、
声を入れるためそのマイクを意識します。

この時、自分はマイクと映像に向かって身体が傾き
顎が出ていくのです。

自分の意識が向いている方向に向かって顎が出ていることに
気付きました。

そうなる事は今までも理解しているつもりでした。
しかし三つの要素がありテンションが上がっている状態では、
なかなかそれを直すことができません。

抜き録りで相手役がいない事で、
姿勢の傾きを普段より実感する事が出来ました。

一つ一つのセリフを喋りながら姿勢を直すと…
音が安定して前にしっかり出る!!
●●●がいつもより安定する!!

普段の収録では冷静にそこにいるつもりでしたが、
かなりヒートアップしていたようです。
姿勢が安定すると芝居の表現のコントロールできる範囲も
広がるように思います。

アクセルとブレーキがどちらもよく効くという感じです。

うーん…まだまだできない事だらけです。

子供向けアニメのお仕事。もっと感情を出せるようになりたい!!

今日は子供向け海外アニメの吹き替えです。

自分は以前から子供向けアニメが苦手でした。
観るのが、ではなく、演じるのが、です。

声優を仕事にするようになって、
昔観ていた子供向けアニメを改めて見直しました。

何だこれは!?

ストーリーが何でこうなっていくのか全くわからない。
その瞬間の思い付きで行動して訳のわからない事をする。
意味のない事でやたら盛り上がる。

なんて恐ろしいんだ。
訳がわからない。

視聴者として観ていると、微笑ましく観ていられます。
しかし自分がこれを演じると考えると!?

どうやって演じればいいんだ!?

その子供向けアニメに最近出ることがあるのです。
今日もそうでした。

この作品はストーリーが、まだ、比較的、それなりに、理解できる範囲でした。
しかし子供キャラの感情の動きは突然で起伏が激しい。

自分はその子供たちと話す大人の役です。
会話相手のある子供キャラを演じるベテランTさんのセリフに改めて驚きました。

音と感情が直結している。

喜んだら喜んだだけ。
怒ったら怒っただけ。
音が合わせて変わる。

当たり前の事です。
当たり前の事なんですが、それがハッキリと分かるのです。

アニメであれ海外ドラマであれ、
ある程度の年齢のキャラはそんなにストレートに感情を出しません。
普段の生活で大人は感情のままに動かないからです。

刑事モノでは犯人との腹の探り合いがあり、感情と音が逆だったりしますし。

子供向けアニメでは感情が真っ直ぐ出てきます。
それが難しい。
感情とピッタリ合わせた音を出す事が難しい。

Tさんと自分の芝居。
その感情の出方の差に驚いてしまいました。

これができるから抑えた芝居をした時、
より裏の感情が滲むようになるのだと思いました。

次はもっとハッキリあからさまに感情を出せるようにしたいと思います。

学んだ事を現場で使っています!!

個人レッスンを受けた後、
さっそく教わった事を現場で使っています。

さすがにそう簡単に『できる』わけはありませんが、
変化が起こっています。

今日の朝のレギュラーでは、
●●を意識しました。

■■■の安定は、去年からずっと気にしてきました。

●●のついては、それを行うまでの過程に気を付ける必要がありました。
自分はこれが抜けやすい。

自分はどうしても体の各部分を『点』で見てしまい、
そこに繋がる部分をおろそかにしていたのです。

セッションでは代表から、
「やっていくうちに気付く」
とずっと言われています。

気付く部分もありましたが、それが足りない。
ということは…
稽古も足りないと言うことです。

今日の収録では、身体の疲れ方がハッキリと変わりました。
以前より疲れなくなったのです。

疲れの原因は、無理な身体の使い方でした。
技術がないためにそうしなければ芝居ができなかった。

この『技術』を改めて稽古し始め、
『技術』を正しく効果的に使えば、無理な身体の使い方をするよりも、
もっと良い表現が楽にできる事を実感しました。

本当に身体が楽になるんですよ。

無理せず楽に。
次回も少しずつ変えていきたいと思います。

売れている人は、やっていました!!

個人レッスンで教わった●(体のある部分)の使い方。
それを現場で早速使いました。

ブレスが大きく入る!!
響きが変わる!!

が!!
ブレスがコントロールできない!!
出したら出っ放し!!

そう簡単にはできませんね…

しかし音のボリューム・響きが変わったので、
表現の仕方も変わりました。
手応えを感じていたら…

あれ?
となりに入っている売れてるSさん…
自分が個人レッスンで教わった事を
やってる!?

●を使って音を響かせている!!
今まで全く気付かなかった!!

こんなにもあからさまにやっていたとは…

どうりで、いい音を響かせているわけだ。
Sさんがどうやって、●の使い方に気付いたのかはわかりません。
無意識なのかもしれませんが、
結果だけ見るとハッキリとやっていました。

改めて、売れるにはそれだけの理由があるのだと痛感しました。