海外アニメ吹替のお仕事!演技の選択肢が増えた

今日は海外アニメの吹き替えです。

先々週のセッションで自分の中の固定観念に気付きました。
現場に出れば要求に応えるためにやれる事は全部や流。
自分のやりたい事をやるためにやれる事を全部やってみる。

ある昔のアニメを見ていると一人の役者が何役も兼ねて演じていました。
キャラを演じ分けるために声色を変え、テンポを変え、抑揚を変えてとても自由で独創的だと感じました。

今までどこかでそう言った事を止めていたじふがいました。
今回の現場ではそれをやろうと思いました。

まず家での稽古が前より楽しくなりました。
これをやってみたらどうだろう?
原音はこうだけどここはこうだったら?
ランクが付いてからちゃんとやらなければと、
自分のやれる事の幅を狭めていたように思います。
いや、もっと前から固まっていたように思います。

現場でやってみました。

なんかやりやすかった。

今まで壁があったような気がします。
それが一枚取れて広くなったような感覚。

やった事自体は何も新しいものではなかったと思います。
でも今まで選ばなかった選択肢が増えていました。

ダメ出しも「それでお願いします」と言われただけです。
やり過ぎにはほど遠かったでしょうが、
スムーズにOKが出ました。

ああ
やって良かったんだ

とずいぶん前にも思った事を思い出しました。
壁を作っていたのは自分でした。

ここから自分自身の表現を生み出せるよう次回につなぎたいと思います。

やっと剥がれてきた固定観念!外画吹替のお仕事

今日も外画です。

個人レッスンで習った事とセッションでようやく少しだけ見えてきた
新しいポイント。
これを試しました。

まず
とても楽しかった。

ステップランクになってから、
ちゃんとやらなければ
という意識が強くなっていました。

ディレクターの要求、作品に求められている物
それを理解して応える。
もちろん必要な事なのですが、
自分がどう解釈してどう演じたいか
そういった部分が薄くなっていたように思います。

セッションで自分の固定観念で固まって全く上手くいかなかった部分。
「このままではできない」
と別のやり方にした時、
それが代表からずっと言われていた
違うポジションに向かっていると自分で全く気付きませんでした。

今までのやり方ではできず、諦めて「別のやり方」に自分でしているのに。
本当に固定観念というのは強力でした。

ようやく固定観念が剥がれ出した事で、
現場での芝居も変化してきました。

この日は原音に縛られず大きく芝居をする事ができました。
ディレクターからは何も言われずOKが出ました。

やって良かったんです。

ただ自分が勝手に縮こまっていただけでした。
個人レッスンで教わった立ち方は当然全然できる段階ではありません。
しかし、それでも効果はありました。

まだ身体が揺れて安定しませんが、
上手くいく瞬間がある。
やろうとするだけでも変化があるのです。

今日の現場は、自分にとって意義のあるものになりました。
次につなげたいと思います。

吹替レギュラーのお仕事!立ち方のバランスが関係すること

今日もレギュラー収録です。

個人レッスンで教わった事を試してみました。

不安定でした。

自分の立ち方はとてもバランスが偏っていました。
もともと前傾姿勢で足を踏ん張って左右どちらかに力が偏った立ち方でした。

さらに腰を痛め、それを庇うように下半身や背中に力が入りまたバランスが崩れていたように思います。

腰の緩め方を教わり、マットレスを変えて
腰はかなり良くなりました。
そこから自分なりに立ち方のバランスを調整していたのですが、
個人レッスンでその立ち方ではさらに腰を痛める可能性があると指摘されました。

今の立ち方では上に行くには厳しいと。

現場で見るベテランの方々も腰や肩の痛みに苦しんでいる人がたくさんいました。
立ち方の重要性は側から見ても理解できます。

個人レッスンで、バランスを整えもっと上手く音を出すための立ち方と稽古法を教わりました。
それを現場で試してみたのです。

上手く行く、時がある。

教わった立ち方を実践すると、今の自分だと安定しません。
重心が動く中でたまに良い位置に来る。
それをずっと繰り返していました。

今までは意識的に動いていましたが、
教わった立ち方自体に慣れていないため、
動いてしまいコントロールできないのです。

それをなんとか安定させようと力みが出てしまう。
やはり付け焼き刃では上手く行きません。

ただ一つ大きな違いがありました。

今まで意識できなかった部分を意識しましたので、
無駄に力が入る事が感じられるようになったのです。

この感覚、何か新しい稽古を始めるといつも出てきます。
改めて自分の身体を感じられていないのを痛感しました。

今日は特に腰。

痛めた事でそれを庇うために力みで固めて庇う癖が付いているのです。
何もしていない時にもすぐに力むのがよくわかりました。

この身体のクセを何としても直して、
楽な姿勢で立てるように調整していきたいと思います。

相手を目立たせる芝居をする。声優のお仕事!

新年2回目の現場です。

今日の現場は子供達が主人公の中世ファンタジー物です。

楽しかった。

自分の役は主人公達を追い詰める悪大臣のマヌケな補佐官です。
大臣役の方はよく一緒になる仲の良い人で、
掛け合いをしていてとても楽しかった。

去年、代表から頂いた

目立たずに良い芝居を

これを何とかやろうとしました。

どう喋れば大臣が目立つか。
どういうテンションで行けば盛り上がるか。
それを目立たずにやる。

テストが終わった後、
さらに細かく芝居を変えて本番に挑みました。
手応えはあった、と思います。

しかし自分がやろうと思った通りにはいかなかったかな?
セッションのレベルが上がるにつれて、
自分の芝居が大雑把な事がわかる事が増えてきました。
コントロールが荒いと感じました。

それが分かっていてもできない。

自分の基礎的な部分での足りなさを感じた現場でした。

新年1回目のレギュラーの冒頭ナレーションで

新年1回目の現場です。

去年から続いているレギュラーの収録が開始されました。

この作品はもう4年目になり、
共演者もスタッフさんも長い付き合いです。
しかし、新年1回目だからかとても緊張しました。

いつもある冒頭のナレーションで手が震えました。

今年は年が明けてから数日実家に帰りました。
自分の実家は田舎で時間の流れがとてもゆっくりと感じられるのどかな所です。
そこでゆっくりと年始を過ごし、
また現場に出るために東京に戻ってきました。

この日の収録で改めて、
自分がもの凄いスピードで進む戦いの場に帰ってきた事を体感しました。

この日の収録で去年と大きく変わったのが、
腰の調子です。

ここ数年、慢性的な腰の痛みに悩まされていましたが
APHで教わった方法とマットレスを変えた事で劇的に良くなったのです。

以前は腰を庇ってバランスが崩れていた所が、
安定して力点を置けるようになりました。

もの凄く嬉しい!!

腰の負担がない事がこんなにも楽だと忘れていました。
本当に芝居がしやすい。

腰の痛みを庇うためについてしまった癖もあり、
まだまだ直すところが沢山あります。

この日も立っている時の重心を置く位置や姿勢がしっくり来ませんでした。
どうにも首が前に出て前傾姿勢になってしまう。

もともと上半身が力みがちだった上に腰を痛め、
さらに下半身に繋がらなくなっていたように思います。

今年はなんとしても余計な癖を直して、
身体の使い方を改善していきたいと思います。

レベル4になり、さらに上を目指したい。
そう思った新年1回目の現場でした。

企業VPナレーションのお仕事!信頼を得る事

毎回、ご指名頂いているクライアントさんから、

某コーヒーショップのVPナレーションのお仕事を頂きました。

原稿は、6ページしかなく、
しかも、1ページに書かれてある文字数も少ない。

これまでのと比較すると、明らかに、簡単そうに見える。

だからこそ・・・

ナメたら終わり。

そう思って、しっかりとできる準備をして、現場に行くと、
案の定、クライアントさんも立ち会うことが判明。

間違ってなかった・・。

文字が少ないからこそ、ごまかせない。

ブースに入る前に軽く打ち合わせをして、いざ収録!

テストでは少し、落ち着いた感じでしゃべると、
「もう少し、明るい感じでいくとどうですか?」と言われ、
角度を変えて、変化を見せると、「その中間でお願いします!」と。

よっしゃ~!この中間ね!と心の中で思って、
始めると、そのままスムーズに収録は進み、

ほぼ一発OKでした。

おそらく、30分もかからなかったと思います。

収録後、「今年も大変お世話になりました」と挨拶をすると、
「いや~、〇〇さんにお願いすると間違いないんですよ」と言われ、
とても有難いなと思いました。

これからも期待に応えられるよう、どんどん実力をつけて、
今できることに集中して、
自分を良い意味で目立たせていこうと思います。

外画吹替のお仕事!バランスを取る

今日も外画です。

最近、バランスの取り方を考えます。

今回の役は横暴な大臣についている気弱な秘書官の役。
大臣と共にややコミカルなキャラクターです。

今まではとにかくハッキリとコミカルしていましたが、
今日は大臣のキャラクターに合わせて
どう演じればより良いシーンになるのかずっと探していました。

大臣と競り合うのか?
より前に出るのか?抑えるのか?

テストでいろいろ試してみました。
お互いに引き立つような芝居はこの場合どこが良いのか?
ずっとそればかり考えていました。

セッションで新たな領域に入り、
以前より相手のセリフを物凄く注意して聴くようになりました。
相手がどのセリフを立てているか?
リズムは?調子は?
以前は全く気付かなかった事を少し聴けるようになった気がします。

スタジオでも笑いが起き手応えがあったと思えました。
しかし収録後の飲み会で共演者から
「あそこは逃げずにもっとぶつかって行かないと」
と言われました。
なるほど「逃げている」と見えたのか。

ディレクターからは特になにも言われていないため、
OKの範囲ではあったと思います。

しかし見る人によってはこうも感じられたという事は、
まだまだ上手くいかない事ばかりなんだと思います。

これが難しい。

今日の現場は自分では試行錯誤して楽しめました。
これが共演者、スタッフ、
そして視聴者に面白いと感じてもらえるかはわかりません。

自分の手数を少しでも増やすため、
この意見も参考にしつつ少しずつ挑戦していきたいと思います。

イベントの司会のお仕事に行ってきました!アクシデントは…

司会のお仕事でした。

高校生対象に行われる映画関係のイベントの進行を務めます。

最近は、色々ハイテクなので、
この模様が生放送でyoutubeやケーブルTVで配信されます。

それなのに、リハーサルはありません。

ぶっつけ本番です。

だからこそ、突如としてアクシデントは起こるもんだと腹をくくり、
何かきても、驚かないし、柔軟に対応すると決めていました。

案の定、台本になかった海外にいる演出家とのスカイプ対応や、
当日渡された、大使館からのお手紙の代読や、

表彰される学校がまだ来ていない!ので、
進行の入れ替え対応や、

表彰される学校が、私が聞いていた学校じゃない!とか、
(これは、もう!!顔には出さないけど、ヒヤヒヤしました)

もういろんなことが起こりました(笑)

台本なんてあってないようなものです(笑)

しかし、このお仕事はもう4年目?くらいになるのですが、
一番楽しんで務めることができました。

何が来ても、「あ、変更ね!OK!」みたいな感じで、
固くならずに柔軟に対応していたのです。

前と比べて何が変わったのか・・それは、
うまくやろう!というのをやめて
余計な力が入らなかったところが大きいなと。

今回、私は余計なことはせずに、現時点にいて、
でも必要な時は主張して・・・
といった、そのバランスをいい具合にとれた気がします。

自分の役割を前よりも理解して仕事ができたんじゃないかと。

念入りに準備もしたし、シュミレーションもしたので、
それが良い結果につながったのだと思います。

APHのセッションでも、
よく代表から「固い」と言われ続けているのですが、
今回学んだことを活かして、
柔軟にしなやかに立ち回れる自分に変われるような・・・

そんな希望が見えた現場でした。

吹替のお仕事!ベテランAさんとのシーンで

今日も外画レギュラーです。

今日は自分の中で楽しみな事があります。

子供の頃からテレビで聞いていたベテランAさんとのシーンがあるのです。

Aさんは自分の役の祖父役です。
とある事情で一度もあった事がなく、
今回初めて対面するというシーンです。

物語でも重要なシーンのため今日の自分のセリフはほとんどがAさんとのシーン。
Aさんとは何度かご一緒していますが、
こんなにたくさん、しかも関係の深いセリフ内容は初めてです。

とても楽しみで緊張しました。

とにかく聴きました。
Aさんのセリフに神経を集中しました。
Aさんのセリフから少しでも何かの切っ掛けを見つけたかった。

APHのセッションでも言われますが
「相手のセリフをよく聴く」
これは基本です。
今までもやっていたつもりですが、
ここ最近のセッションや講義でさらにその重要性を知りました。

するとAさんとの会話で自分に変化が出ました。
まず距離感が変わりました。

屋外で扉の前での初対面のシーン。
部屋に入り少し離れて立つシーン。
椅子に座り話し込むシーン。

微妙な距離の変化。
空間の変化。
会話内容の変化。

今までより細かく変わっていったような気がします。
会話内容の変化によってセリフの入りの音が変わり、
空間や距離の違いで、声の大きさや圧が変わりました。

本当に基本中の基本なのですが、
こんなにも変わるものなのかと自分で驚きました。
最近感じるのは、
自分はずいぶん大雑把に芝居をしていたんだという事です。

これをもっと繊細に変化していけるよう、
まずは相手のセリフをしっかり聴いていこうと思います。

原稿70ページ。企業VPナレーションのお仕事!

70ページもある原稿を頂きました。

いや・・もう・・・驚かない(笑)

内容は、とある企業の経営方針に関するVPです。

さすがに、集中力との勝負でした。

今、APHで大事なところをやっていて、
それを意識して、やろうとすればするほど、
本当に集中力がいるのです。

途中30ページくらいのところで、ぐったりしてしまいました。

終わりが見えない・・

けれど、途中から、めちゃめちゃ乗ってきたのです。

それはあることをやったら、自分の角度が見えて、
リズムができてきたのです。

あ、のってきた と思ったら、「この辺でお昼に・・」と言われ、
せっかく乗ってきたのに・・と思いつつ、
再開後は、そのラインをもう一度、新しい時間で取り組みました。

あ、いける・・そう思ったら早かったです。

とてもスムーズに「はい、OKです」の連発でした。

ただ本当に、集中しないといけない。日本語に。

お腹の具合とか、いろいろな生理現象が起こる中で、
目の前のことに集中する。

それは、日本語に集中することにつながりました。

内容もとても好きな内容で、語りやすいのですが、
さすがにね・・疲れました。

70ページ目の最後にあった、
「お疲れさまでした」・・という締めの言葉は、
その幅の中で、かなり実感がこもっていたと思います。

でも今回、やりながらではありますが、
自分の角度を見つけることができたので、ここをまず安定させて、
仕事につなげようと思いました。