オーディオブックのお仕事!300ページ越えを読む

今日は珍しい現場です。

書籍を音読するオーディオブックというものでした。
ページ数は300ページ越え。
人生初です。
自分は今までナレーションだけでこれだけ喋った事はありません。
ナレーションだけなら長くて3分、
しかも所々喋ってるだけだったので実質2分ないくらいでした。

家で原稿をチェックしている時はなんのプレッシャーもないので、
割とスルスルとやれると感じました。
手応えはあったんです。

しかし当日、家ではなかった問題点がたくさん出てきました。

まず照明。
ライトスタンドが暖色系の照明だったのですが、
本を拡大コピーして文字が薄くなった原稿を照らすと
なぜか文字が光と混ざってもの凄く見辛い。

家の白色のLEDスタンドで照らしいている時は、
角度も自由だったしでこんな事が起こるとは思っても見ませんでした。

どうやってもこれが改善できない。

そして椅子の高さが合わない。
しかも高さ調節のできない割とゴツい椅子。
安定感は抜群だったので座るだけなら良かったのですが、
テーブルとの高さのバランスが自分と合わないのが辛かった。

文字が見辛い上に高さが合わないので、
原稿に顔を近づけてかなりの猫背になってそれを肘で支えてやりました。

肩が痛い。
どんどん筋肉が硬くなって軋み出す。
背筋にも負担がかかり全身に無理な姿勢のダメージが行き渡りました。
休憩のたびに必死にストレッチをしました。
こんな形でセッションで教わった運動をやる事になるとは思いませんでした。
とても助かりました。
有難うございます。

姿勢の調整がなんとか落ち着くまで、
めちゃくちゃ噛みました。
こんなに喋っていて噛んだ事はありませんでした。
落ち着いてからはリズムに乗って挽回しましたが、
スタートが酷かった。

終わった後の挨拶で謝った所ディレクターは
「いやかなりスムーズな方ですよ」
と言っていました。

本当か…???
お世辞にしても言い方がそうでもなかったし、
もし本当だったらどんなレベルの人がやってたんだ?

まだまだ本の序盤で今日の収録は終わりました。
次はなんとか改善したい所です。

韓国ドラマのトレーラーナレーションのお仕事!

本日、赤坂のスタジオで、韓国ドラマのトレーラーナレーションをして参りました。
これは、番組宣伝のような役割を持ったナレーションで、
決まった時からとても楽しみにしていました。
いわゆるバラエティ要素が求められ、語尾の!や?をどう表現するかだったり、
・・・の余韻をどれだけ感じられるかだったり・・
とにかく企業vpの等圧等速とは全然違うのです!!

稽古しながら自分なりに、「ボコボコ」盛り上げていったり、
ここは強調したいなというところを見つけたり、
そのバリエーションがどれだけあるかな?と探ったりもしました。
また個人レッスンで、このトレーラーに必要な基本的な根本部分も
代表から教わったので、その意識をもって本番に臨みました。

ブースからディレクターの様子が見えるのですが、
すごく良い反応をされていて、「そう!これこれ!」という感じで言って下さり、
最初からテンポよく、のりのりで収録することができました。
最後全体を聞き直した際に、「ここ、タイムに余裕があるので、
もうちょっとやっちゃって大丈夫です!」と言われたので、
思いっきりやったら、ディレクターが満足そうに「はい!いただきました!」と
のりのりで返事を下さいました(笑)

こういう明るい原稿、しかもバラエティ要素があって
どんどん振り切ってやっていいトレーラーナレーションは、
まさに今APHのお芝居のセッションで直面している「明るさ」と結びつき、
そのまま取り入れることができました。
「弾ける」「ポップ」等、明度のバリエーション、そして語尾のバリエーションを増やして、
お芝居もナレーションもどんどん楽しんで仕事したいと思います!

某牛乳の店頭VPナレーションのお仕事!ずっと温めていたキャラクターボイスで即OK!

某牛乳の店頭VPナレーションのお仕事に行って参りました!

今回は、牛さんのキャラクターナレーションでして、ものすごく楽しみにしていました。

オーディションの段階で、私がいつも得意としているキャラクターがあるのですが、
それをぎゅっとボイスサンプルに詰め込んだところ無事に合格することができました。

収録当日は、事前に頂いていた仮ナレーションのおかげで体感でタイムを感じることができ、
キューランプがなくても映像に声を入れていくことができました。

ディレクターから、ここの形容詞を膨らましてほしいという要望があったところは、
とことんなりきって楽しんで応えたところ、即OK!

コロナ禍ということで、クライアントさんはZOOMでの参加でしたが、おかげさまで無事に満足して頂けたようでした。

このキャラクターはAPHに通い始めてから稽古をして何年も何年も温めて育ててきた大事なものだったので、
やっと公の場所で披露することができてとても嬉しく思います。

さらに磨きをかけてどんどんメジャーで仕事をしていきます!

外画吹替レギュラーのお仕事!開発に苦戦中…

今日もレギュラーです。

この作品、収録から配信までかなり時間がないので
自分の芝居をすぐに確認できるのは有難いところでもあります。
前回の反省から今まで通り力で圧かける所も使うようにしました。
今回も苦戦しました。

切り替えが上手くできない。

抜いた所から圧をかけると思ったポジションから音が出ない。
かなり浅く軽くなりました。
やってる時から違和感がありまくりで抑えが効かない。

配信を確認するのが恐ろしくなりました。

シーンが切り替わって一度リセットできれば変えられましたが、
途中からができない。
新しいやり方はまだ全く使えていない事を痛感しました。

行ったり来たりをしていると感覚が混乱して来て大変です。
この時の安定するポジションで途中から喋っていましたが、
違和感は取れません。
何とも言えない感触の現場でした。

企業VPナレーションのお仕事!増える宅録でオーディションからスタジオで収録!

新しい時代・・・事務所に所属をしながらも宅録環境を整え、
個人で仕事を受注し始めています。
(もちろん、社長の許可を得ています。)
外部のスタジオと自分のスタジオの両方で仕事をするので、
いろんなことが同時進行で進みます。
そのため、スケジュールも計画的に練り、
一目で今日のスケジュールがわかるように工夫したりしています。
バランスを取りながら・・いやバランスはとってないのかもしれない・・(笑)
もう目の前のことに集中しているだけです。
お陰様で正しく導いて下さる代表がいる・・
だから私は迷わずに「今」にいることができています。
もし、正しく学べる場所がなかったらきっとこの新しい時代、
一人で慌てふためいていると思います。
本当に感謝です。

このお仕事日記を書かなかった間、おかげさまでたくさんの仕事をさせて頂きました。
今回は、その中の一つになるのですが、
「全部が繋がってるな」と実感したお話しをさせて頂けたらと思います。

まず、宅録の方でオーディションがありました。
内容は、「数字」で始まる会社案内のナレーション原稿です。
とても、おめでたい内容で、これからも発展していきます!といった感じです。
何も考えずに、いつものVPだと思っていた私は、まんまと落ちました。

その原稿を、個人で代表に見て頂いたのですが、
「それやったら落ちる」とストレートに言って頂きました。
そして、あるポイントを教えて頂き、稽古をつけて頂きました。
ただ、これは奥が深くて、哲学まで絡んでくるので一朝一夕というわけにはいきません。
次、こういう内容のオーディションが来たら、この技術を使おう!と思い、
書き出しをしていました。
すると、事務所から、「来週仕事が決まりました!」と連絡があり、
まさに、見て頂いた内容そのまんまの原稿でした。
これは、自分のスタジオと外部スタジオとの好循環ができているなと実感した瞬間でした。

当日はクライアントさんも立ち会い、外部のスタジオで収録したのですが、
初めにディレクターから「明るい感じで、なるべく感情入れて!」という指示を受けまして、
その瞬間、心の中で「よっしゃ~!頂いた技術がまんま使える!!」と
心躍りながらブースに入りました。
テスト1回、そして、本番といった流れで収録しました。
緊張もありましたが、もう楽しくて仕方ありませんでした。
おかげさまで、一発OKを頂き、クライアントさんもディレクターも
満足して頂けた現場となりました。

しかし、頂いた技術はものすごく深く、決して自分の中で満足はしていません。
呼吸が少し焦ってしまい0.1秒早かったな・・
でも逆にその勢いが良い方向に行ったのかもしれない?どうだろうか?と思ったり、
語頭の出だしも、もっと明るくてよかったな・・と反省したり、
あと一回頂けたら、また変わっていたかもしれない・・
そんな風に思ったりしてしまいます。
ただ、今のベストを置いてくることしかできないので、
引き続き、目の前のことに一生懸命取り組みたいと思っています。
全部をとにかく全力でやれば、その回転力で、仕事が決まる!
有難いことに、この感覚が生まれ始めているので、今は全部やるのみです(笑)

外画吹替レギュラーのお仕事!吹替の音の出し方

今日はずっと続いているレギュラーです。

作品内の時間が一気に進み登場人物が歳をとりました。
高校生から二十代半ばの社会人に。
人物の関係も変わっています。

ここの区切りをキッカケに喋り方を変えてみようとしました。
自分の音の出し方は圧をかけて息と一緒に力を使って押し出していました。

この力を抜こうと思ったのです。

どうしても頭で加速して最後で流すパターンが変えられなかったので、
加速をなくしてみました。

コントロールが難しい。
音がよれる。
力を入れて加速すれば進行方向がしっかりつくので、
それを動かすのは自分としては慣れていて自由にできました。

しかしこの方向が作れない。
初めからどこに行くかわからないような状態で、
しゃべり始めてからヨロヨロとふらつくのを何とかバランスを取るので必死でした。

この回、初めから最後まで自分が不安定で本当に苦労しました。
正直、大失敗だと思いました。

配信を見てみると出だしは、
役の落ちぶれた状況のせいでふらついてるのが合わなくはない状態でした。

そこからストーリー進行のナレーションに入るのですがこれは合わない。
安定感が無さすぎてダメでした。

中盤の仕事をしているシーン。
意外に雰囲気が出ていたのが一つ収穫でした。
ここは使えそうです。
そこから後半にかけて悪くはなかったのですが、
現場では全く気づかなかった事がありました。

自分1人だけ音が口の奥から出しているのです。
こもって聞こえる。
もともとそう言う喋りでしたが力を抜いた事でそのクセがもの凄く強く出ていました。

力で圧をかけて押し出すと多少音もハッキリ出るので今までここまでこもった事はありませんでした。
特に目立ってそう聞こえた理由が、
他の人達が基本的に口の前に音を出す人ばかりだったからです。

自分だけ浮いて聞こえました。
しかし自分は吹き替える役の身体から声が出ているようにしたいとずっと思っています。
外画の吹き替えでの基本的な音の使い方は自分には後から上に貼り付けているような違和感になる事があります。

それを役の身体から出てるようにしたいのです。
しかし周りと違いすぎて1人だけ音が引っ込んで小さく聞こえる。
悪目立ちかもしれません。

音が奥から出ていてもバランスを崩さずやっている先輩たちもいるので、
何とかそうできないかと感じた現場でした。

ナレーションのお仕事!満足してもらえること

本日もご指名を頂き、コンプライアンス系のナレーションの現場に行って参りました。

約52ページ、だいたい10000文字くらい?の原稿で、かなりハードでした。

ただ、お陰様で、だいぶ場数を踏んできたのでもう動じません(笑)

個人レッスンで教えて頂いた、句読点の技術を徹底的にチェックして、稽古する。

これだけで、本番で呼吸が安定しているのがわかりました。

今の文章は、一文が長いものが多く、形容詞や副詞だらけで、どこを立てるの?と思うことが多いです。

でもそんな時も、APHで頂く技術で乗り越えることができています。

また、そこに「大丈夫だ」という確信を持てるからこそ、本番も集中して取り組むことができています。

とても有難いです。

今回も、サクサク進んで、1時間半くらいで収録を終えることができました。

ディレクターからも「ストレスフリーだわ」というお言葉を頂き、満足して頂けました。

実力さえあれば、また呼んで頂けると思うので、しっかり稽古していきたいと思います。

大手電機メーカーのお仕事!即日対応案件が増えている!

今、大変ありがたいことに、
週3~4回のペースでナレーションのお仕事を頂いています。

本当に内容は様々ですが、即日対応が当たり前になっていて、
現場が二日前に決まり、原稿は前日もしくは当日に頂くことが多いです。

そんな中、短時間でいかにクオリティの良いものを提供できるかが勝負です。

つい最近は、大手電機メーカー関連のお仕事を頂き、
赤坂のスタジオに行って参りました。

こちらも、原稿は前日に頂き、映像は現場で初めて見ることができます。

準備の段階で手掛かりとなるのは原稿とタイム。

どんなスピード感で、どんな雰囲気で語るか、
自分で判断し、自分の感性で感じた世界観をまずテストで試します。

やはりディレクターの求めているところに、ビシッと決まり、
テストでOKを頂くと、その後の進行がスムーズです。

今回は体言止めが多く、テンポも速かったので、
APHで頂いた技術を駆使して、ポップに弾ける感じで楽しくノリノリで楽しみました。

さらにマイクの感度も良く、自分の骨を意識して、
前に前に気持ちよく伸びる感じで語れたのも、とても良かったと思います。

途中「ここ、もう少し明るくしてみて」とディレクターから言われ、
それに応え、「はい!頂きました~」というやり取りも、
おかげさまで楽しむことができました。

今後も、即時対応でも「ビシッ」と決めていけるように、
APHで頂く技術を稽古したいと思います。

某大手食品会社のCM撮影のお仕事!テイクが重なっていく事は?

某大手食品会社のCMの撮影に行って参りました。
30秒・60秒のTVCMと、70秒のWEB CMです。

今回は、オーディションの段階から、
絵コンテと併せて参考資料として各役の衣装イメージの
写真も事前に送られてきていていました。
更に、オーディションに受かってお仕事が決まった段階で、
役の細かい設定(名前、年齢、住んでいる場所、家族構成、仕事、現況など)が、
監督から送られてきました。
CMのお仕事で、ここまできっちりと
事前にイメージが送られてくるのは、あまり無いことです。
そしてこれは、役者にとってはとても有難いことです。
監督の作品への想いが伝わってきます。

CMの撮影は、ドラマの撮影に比べるとかなり<繊細>です。
数十秒という短い時間に、一つの世界を創りこんでいくのですから、
それはそれは繊細な作業になるのです。
商品の見え方も勿論ですが、画に映りこむ時の人の見え方や、
台詞のタッチやニュアンス、細かい表情などなど・・・
本当に本当に繊細に作っていきます。その繊細さはミリ単位以下です。

なので、1テイクでOKとはなかなかなりません。
何度も何度も撮っていきます。
そして、本当に微妙で絶妙な加減で、「はいOK!」となるのです。
逆に言うと、その繊細なところまで監督はしっかりと見抜いて、
判断をしているということ。
だからその監督を信じて、焦らず、腐らず、あきらめず、
立ち向かい続けるのです。

以前の私は、テイクが重なっていくにつれて固くなったり、
自分を責めたり、萎縮してしまったりして、どんどんダメになっていました。
でも今は、「姿勢」を決めて「正しい位置や角度」になるように
イメージングをして、あとはもう肚を決めて、そこにいてただコミュニケート。
ずっと起因で立ち向かっていれば、場の空気が悪くなることはなくて、
むしろ、味方が増えてきて、全体で一点に向かって良い集中になっていきます。

これはAPHで稽古をしながら現場を重ねていって、
段々と出来るようになってきたことです。
「繊細に大胆に。」・・・APHの代表から頂いたこの言葉は、
現場でのあり方そのものです。
そしてそうするためには「覚悟」が必要です。

毎回毎回覚悟を決めて、これからも現場に臨んでいきたいと思います。

ダメ出しに対する考え方って?PR動画のナレーションのお仕事!

某PR動画ナレーションの収録に行ってまいりました。

2分弱の動画でテンポは、かなり速めです。

最初の方だけ、テストをし、
特に問題がないということで、そのまま本番に臨みました。

途中で止めることなく、一気に流して収録でしたので、
自分でリズムを作って、代表から教えて頂いているある技術を使って、
メリハリをきかせました。

お陰様でそのまま、「はい!OKです」と一発OKを頂きました。

ないものねだりではありますが、「もっとこうしてほしい」等、
言ってもらえた方がやりがいがあったりするのですが(笑)

「ナレーターにお任せします」といった要望が今のところ多いので、
一回一回、技術を入れながら、ベストを尽くすことが大事だと思います。

昔は、ダメ出しが怖くて、一発で決めなきゃ!という想いが強く、
余計な力が入っていることが多かったのですが、
考えてみたらダメ出しはあって当たり前だなと・・。

APHに通い続けてようやく、そう思えるようになりました。

それから、すごく楽になり、ダメ出しに感謝できるようになりましたね。

これは大きな成長だなと思います。

有難いです。